ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

悪夢を招く者 9

「いいか棒人間(ぼうにんげん)。次は――」 「言わなくてもわかるっピ。師匠の思いは伝わってくるっピ! 『イシンデンシン』ってやつなんだっピ。あと、師匠も今は『棒人間』なんだっピ」 「そんなん言わなくても分かるっピ――分かるんだから言うなクソッ。ああ調子狂うな」  しかし、(さい)の頭の中は今までになくクリアだった。『音楽』の影響を受けていないからだろう。聞こえないというわけではないが、力を奪われるような感覚はなく、ただのBGMとしか感じられない。  仮眠室を出てから、特に誰とも会わず、問題も起こってはいなかった。棒人間の体は軽く、歩幅が小さいのを除けば移動もスムーズだ。音を立てることもなく、廊下を影のように進んでいく。 「そんなら――」 「予知能力は無理なんだっピ。他の影響も受けない代わりに、師匠の能力も使えないんだっピ」 「いちいち思考を読むんじゃねぇって!」 「誤解っピ! 読んでないっピよ! 師匠が口で言う前に、思念を飛ばしてきてるんだっピ!」  棒人間二人のひそひそ話は、そこでピタリとやむ。誰かが来るのを察知したからだ。急いで、近くにあった観葉植物の背後へと隠れる。 「もう少し出力を上げられないかしら?」 「いや、無理ですって。あまり強くすると、どんな副作用が出るか分かりませんし」  明るい女と、低めの男の声だった。話し声は、足音と共にこちらへと近づいてくる。 「だからちょっと。もうちょっとだけよ。みんなの為だもの。ね、お願い!」 「はぁ。そ、そこまで言われちゃ――善処(ぜんしょ)します」 「良かったぁ、タキさん、だーいすき」 「ちょ、レーナさん、あんまりくっついちゃ」 「ふふ、ちょっとだけ、ね。つい嬉しくて」  才は静かに、その様子を鉢の陰からのぞき込む。思わず声をあげそうになり、あわてて顔を引っ込めた。 「タキさん、ステキだもの。女の子がほっとかないでしょ?」 「いやいや、そんなことは……」  声が近づいてくる。あるはずのない心臓がバクバクと脈打っている気がした。  足音が耳元で聞こえたかのように思えた一瞬。そして同じスピードで遠ざかっていく。あたりが再びしんとすると、才は大きく息をついた。  隣に居る棒人間は、ずっと押し黙っている。意思がすぐに伝わってしまうのは心地の良いものではないが、こういう時には便利だった。  タキと呼ばれた男は知っている。ベテランのエンジニアで、増報装置(アンプリファイア・システム)は、主に彼の担当だ。  そして、レーナと呼ばれた女――いや、女と呼んで良いものか。それは白く立ち上る煙のような、実体のない()()だった。声には確かに聞き覚えがあったから、それは間違いなく自分の知る()()と同じ存在なのだろう。 (了解だっピ!)  口を開く前に、棒人間の声が直接頭に響く。 (ボクは、遠子(とおこ)さんさんを探し続けるっピ。師匠は、アンプなんとかを頑張ってくるっピ!)  先ほどの話の内容からして、増報装置(アンプリファイア・システム)の出力を上げられてしまう可能性は濃厚だ。それはどうにかして阻止(そし)したい。  才は黙ったまま頷き、レーナたちの後を静かに追った。  ◇ 「二手に分かれたっピ」  仮眠室。  『通信役』となった棒人間が発した言葉に、皆ピクリと反応した。 「二手に分かれたって? 何かあったのか?」 「えっと、タキってヒトと、レーナに会ったんだっピ。もちろん隠れたから見つかってないっピ。アンプなんとかの出力を上げるって話をしてて、それはヤバイから、師匠が追いかけて、もう一人のボクは遠子さんさんを引き続き探してるっピ」 「大丈夫かなー。僕たちも行かなくていいんだろうか」 「でも、今あたしたちが下手に動いてもいいことないですしね」  何だか要領を得ない報告だが、大変そうではある。腕組みをしてうなった祥太郎(しょうたろう)の背後から、理沙(りさ)は冷静に言った。 「あと、師匠から伝言なんだっピ。『レーナには肉体がないみてぇだ。たぶん、他の奴らもそうなんだろう。あの音楽で、人の形をしてるように見せかけてるだけだ』。だっピ。今は師匠もボクになってるから、音楽の影響を受けてないんだっピ」 「凄いじゃんか! じゃあ僕たちも棒人間になれば――」 「それは無理なんだっピ。今のボクの限界を超えてるし、みんなの能力も使えなくなっちゃうっピ。それからマリーちゃんさんは、ロコツにイヤな顔をしないで欲しいっピ」 「まあまあマリーちゃん、もしもの話だからね。……とにかく、やっぱりこの音楽を先に何とかしないとってことですよね。才さんの予知や祥太郎さんの転移もそうだったけど、力に干渉されちゃうから」 「そうなんだっピ。だから今ボクたちが頑張ってるっピ!」 「ボーニンゲン。レーナの肉体がないって、どんな感じかしら?」  それまで黙っていたマリーが、唐突(とうとつ)に問いを投げかける。棒人間は少し嬉しそうに、手をパタパタとさせながら答えた。 「えっと、白いケムリみたいな感じなんだっピ!」 「煙……ね。もしかしたら、その形態もあって、侵入を簡単に許してしまったのかも」 「ま、それもあるがな。とにかく俺たちの技術力あってのことだ」 「へぇ。――って!?」  目の前には、いつの間にか男がいた。名前も、会ったことがあるのかどうかすらも思い出せない。ただ、敵だということだけは、はっきりと理解できた。  マリーは咄嗟(とっさ)に結界を張り、理沙は()を操って敵をかく乱し、祥太郎は即座(そくざ)に仲間を連れて、空間を飛ぶ。――はずだった。しかしそれよりも早く()かれた何かによって意識が揺らぎ、力は歪められる。 「――うぐっ」  床に叩きつけられ、腹から声が押し出された。祥太郎は急いで横へと転がる。体は棚へとぶつかったけれど、それ以上の衝撃はやってこない。  恐る恐る体を起こすと、そこは薄暗い部屋だった。今までいた仮眠室ではない。近くに仲間たちの姿はなかった。  自分だけ転移してしまったのだということに思い当たり、すぐに戻ろうと意識を研ぎ澄ませた時、部屋の中で何か音がしたことに気づく。  身構えたところにかかったのは、意外な声だった。 「……祥太郎くん?」 「遠子さん!?」  そちらを見れば、大きな棚に寄り添うようにして座っているのは、確かに遠子だった。驚く祥太郎の顔を見て、彼女はほっとしたように微笑む。 「祥太郎くん。良かった、会えて」 「はい、あのっ」  戸惑う祥太郎の目に、遠子の姿勢が不自然に映った。彼女が後ろ手に縛られているということを知り、急いで近寄る。 「大丈夫ですか?」  すぐに拘束(こうそく)を解くと、彼女は痛そうに手首をさすった。 「ありがとう。助かった」 「でも、みんなが……多分、捕まって」  祥太郎は今までのことを簡潔に話す。遠子は少し考えてから、言葉を発した。 「きっと大丈夫。今のところは。あの人たちは、利用することしかできないから」 「利用するって?」 「彼ら――仮に『悪夢(ファントム)』としましょうか。このアパートに侵入した後、まずは増報装置(アンプリファイア・システム)をおさえた。私を捕らえたのは、対能力者用に作られたロープ。倉庫にあったものよ」  彼女は解かれたロープを持ち上げてみせる。 「さっきここに、『悪夢(ファントム)』の一人が来たの。私の心を(のぞ)けるようなフリをしてたけど、嘘。そんなこと出来るならさっさとやった方が早いもの。情報を得るにしても洗脳をして、自発的に話してもらうことが必要なのよ。だからもし皆が捕まったとしても、『協力者』として利用しようとするはず」 「そっか――なら」 「でも、安心はしてられないわよね」  ホッと表情を緩めた祥太郎に釘をさすように、遠子は言葉を続けた。 「増報装置(アンプリファイア・システム)の出力を上げるって言ってたんでしょう? それに、『悪夢(ファントム)』たちは私たちと友好を深めに来たわけじゃない」  祥太郎は大きくうなずき、少し考えてから言う。 「どうします? 遠子さんが増報装置(アンプリファイア・システム)のある場所を知ってたら、転移できるかも」 「いえ、私の説明だけじゃ、上手くイメージできないでしょ? ここはコントロールルームの一室だから、目的地までは近い。まずは部屋が見えるところまで移動しましょう」 「心外だわ。私達は仲良くしたいと思ってるのに。ほんとよ」  今度は動揺しなかった。想定の範囲内だったからだ。祥太郎は振り向きもせず、遠子の腕をつかみ、以前訪れたことのある『VIPルーム』を強く思い描く。  ――だが。 「――ぐあっっ!?」  足に鋭い痛みが走った。それは先ほどまで遠子を縛っていたのと同じ、対能力者用のロープだった。隣では、同じく体を(から)めとられた遠子が苦悶(くもん)の表情を浮かべている。  痛みをこらえ、見上げた目には、レーナの不敵(ふてき)な笑みが映る。 「!?」  覚えたのはまず、違和感だった。その髪は照明の光を受けて金色に輝き、長いまつ毛に囲まれた大きな瞳は薄い茶。白い肌は少し上気して赤みが差し、(つや)やかでふっくらとした唇からは熱い吐息が漏れる。 「私たちね、ここに来た時、力をたくさん使っちゃったの。だから、姿を維持するのも中々大変で……でも、とっても()()()()見つけちゃった」  ()()の嬉しそうな微笑みは美しく、そして、これ以上なく不気味に見えた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • 前野結衣子には感謝している

    中学生の恋愛短編小説です。

    33,000

    2,620


    2021年5月26日更新

    ■はじめに 中学生の恋愛短編小説です。 男子中学生の会話と主人公の心情吐露をお楽しみください。 ■あらすじ 中学三年の修学旅行、最後の夜。 もっとワイワイ楽しみたい! まだ寝たくない! そんなクラスメイト全員(男子)の願いは、思わぬ形で叶うことになる。 先生の見回りが終わった消灯後、クラスイチの不良である盛岡から出た衝撃の提案。 それは「好きな子の名前を言い合う」暴露大会だった! 正直に好きな子の名前を言うのは恥ずかしい。そんな勇気が出ない。 そんなことを考える僕――秋元(アッキー)だったが、クラスメイトの気持ちを知るにつれて、少しずつ心境に変化が現れる。 □◇□◇□◇ 勇気が出なくて言いたいことが言えなかった。行動できなかった。 そんな経験をされた方にぜひ読んでいただきたいです。 写真はクラスメイト(男子)たちが集まっている様子をイメージして撮影しました。 公園で松ぼっくり拾いを頑張りました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む