ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

第十七章 再会

再会 1

「エレナさん!? なんだってこんなトコに――」 「あれれ? ホンモノのエレナさんですよね? えーと……とにかく、おかえりなさい!」 「ただいま。長らく留守にしてしまって申し訳なかった」  訳が分からないという顔をしている(さい)たちに軽く頭を下げ、エレナは遠子(とおこ)、それから再びマリーへと目を向けた。 「ただいま、わが姫君(ひめぎみ)。いつもの華やかなドレスも素敵だが、そういった素朴な装いも、君という素材の良さを際立させてくれるのだね」 「……そ、そうかしら?」  しばらくぼんやりしていた彼女はそう言ったあと、我に返ったかのように首を振る。 「じゃなくて! 何故ママがこんなところにいるの? 突然いなくなったりして、今までどこに行ってたの!? 一年も待ってたのよ……ずっと、心配してたのに……!」 「ああマリー、我が姫君。どうか泣かないでおくれ……私もずっと会いたかったよ。君のことを思い出さない日はなかった」  次第に震えていく声に、エレナはあわてて娘へと近寄り抱きしめた。  マリーはその体に顔をうずめるようにしながらも、強い口調で言い返す。 「な――泣いてなんかないわ! わたしはもう子供じゃないし、ママがいない間だって、ちゃんとお仕事もしてたんだから。大体、そんなに会いたいのなら、さっさと帰ってくれば良かったのに!」 「ふふ、強くなったんだね、マリー。それに美しくなった。少し、背も伸びたかな」 「一年の間、色んなことがあったんだから……!」  抱き合う二人を、優しいまなざしが静かに見守る。  他の皆にとってもエレナはマリーの母というだけではなく、仲間だ。無事な姿を見られたことは素直に嬉しかった。  しかしそこに、大きなため息がひとつ。 「感動のご対面に水を差すようで心苦しいのですが。戻ってきたのならば、早く報告を済ませて欲しいのです」  マリーは急いで体を離し、声の主と母を見比べる。 「報告……って、まさかママ、無垢(むく)の魔女に何かさせられていたの?」 「『調()()()()()』が仕事を依頼するのに、何か問題でもあるのです?」  被せるような言葉には迫力があった。エレナは肩をすくめ、少し顔をこわばらせた娘に笑ってみせる。 「ま、そういうことだね。私は彼女から依頼を受けて動いていた。極秘だったから、皆にも事情を言えなかったんだ。あの時は時間もなかったし、簡単なメッセージを残すので精一杯だった。――ここで報告をしても?」 「かまわないのです。いずれ知らなければならないでしょうから」 「では、結論から言おうか。あちらにも『兆候』があった」  無垢の魔女はそれを聞き、再び長い息を吐いた。 「あなたが旅立った後、こちらでも大きな兆候があったのです。――『大干渉(だいかんしょう)』が起こるのは、間違いないようですね」 「大干渉だって!? 冗談だろ!?」 「残念ながら才くん、冗談ではないのだ。それも恐らくとても近く――下手をすると一年も経たないうちかもしれない」 「マジか……いや、って言われてもあんまピンと来なくて。でもマジなのか……」 「あのー……ダイカンショウって、何なんですか? 何か大変なことが起きるっていうのは分かったんですけど」  そこで、理沙(りさ)が申し訳なさそうに手をあげた。  エレナはうなずくと、両の手で拳を作り、体の前でゆらゆらと動かし始める。 「君たちもよく知っているように、この世界とは異なる世界というものが、数多く存在している。それらは例えるなら宇宙(そら)の星々のように漂っている。異世界同士は『ゲート』などを通じて繋がることはあっても、基本的に交わることはないと言っていいだろう」 「もしかして――!?」 「察しがいいね、さすが我が姫君」  彼女はマリーに向かって左手の指先をパチンと鳴らし、まだ握ったままの右手へと勢いよくぶつけた。 「だが稀に、異世界同士が直接『衝突』してしまうことがある。それが『大干渉』だ」 「こんなの、当たって褒められても嬉しくないわ……とんでもないことじゃない!」 「その通りだ。だから、私達で回避しなければならない」 「そんなこと出来んのかよ!?」 「出来る――はずだ。そのために私は駆けずり回っていたのだからね」 「『大干渉』が起こった例というのは、過去にもあるのです」  無垢の魔女が、ぽつりと言う。 「と言っても、それなりに長い生をすごしているわたくしからしても、伝説みたいなものなのです。『大干渉』が起こった結果、両方の世界はめちゃくちゃになり、ほとんどの生物は息絶えてしまったのです。その際に向こうの世界から渡ってきた人々が、どうやら魔女の祖先のようなのです」 「それは私も初耳だわ」  それまで黙っていた遠子が声をあげた。小さな魔女は珍しくさみしげな顔をする。 「実はわたくしも、最近になって知ることとなったのです。ふとしたことから『原初(げんしょ)の魔女』が記したものを発見したのですが、そこにあった『大干渉』が起こるまでの記録と、近年急に増えた現象とが符合することに気づいたのです」 「急に増えた現象ってのは何なんだ?」 「あなたがたも身に覚えがあるはずです。――『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』なのです」 「身に覚えがあるってまさか、大きな兆候――『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』に遭遇したのは君たちなのかい?」 「そうなんですよ! そのせいで『アパート』はめちゃくちゃになっちゃうし、遠子さんはいなくなっちゃうしで、あたしたちも大変だったんです!」 「……ママの本もほとんど燃えてしまったの。守れなくてごめんなさい」 「ははっ、何を言ってるんだ。本なんかより愛しの姫君の方がずっと大事だよ。無事で良かった」  しゅんとするマリーの頭をぽんぽんと叩きながらエレナは笑った。それから少し表情を引き締め、遠子の方を見る。 「トオコ、君がいなくなったというのは、どこかへ飛ばされたということなのかい?」 「ええ。ちょっと私とこの棒人間(ぼうにんげん)ちゃんだけ、異世界に行くことになってしまったの。みんなのおかげで、こうして帰ってこられたけど」 「マリーちゃんさんのママさん、はじめましてだっピ! ボクは棒人間なんだっピ! よろしくお願いしますっピ!」 「おやこれは不思議なご友人、ご丁寧にどうも。こちらこそよろしく」  ずっと話に入れずにいじけていた棒人間が、ここぞとばかりに飛び出てきて、ぴょこんとお辞儀をした。  エレナも軽く頭を下げてから、すぐ本筋に戻る。 「それで、トオコが行ったという異世界は、『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』の来た世界かい?」 「いいえ。その人たちは『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』がきっかけで、こっちに渡ってきたみたいなのだけれど……それから自分たちの世界へと『ゲート』を開いてしまって、私もそれに巻き込まれたような形になったの」 「やはりか!」  彼女は急に声を大きくし、手を叩いた。 「私もずっと調べていたんだ。ロシアやブラジル、オーストラリア――小規模なものではあったが、稀な現象であるはずの『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』が、様々な場所で観測されていた。そのかすかな痕跡を追う中で、ついに別の世界の『ゲート』を経由し、その世界へとたどりつくことが出来た」 「エレナさんちょっと待ってくれ、じゃあ『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』は全部、同じ世界から来てるってことか?」 「サイ君、良いところに目をつけたね。私が調査に向かったものに関してはそうだ。恐らく、君たちが出会った存在もね。現代の地球人と同じような姿ではなかったかな?」 「はい、そこら辺の男の子って感じでした!」  理沙の答えに、確信を深めたうなずきが返ってくる。 「いいね。――そして向こうの世界にも、同じように地球から『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』がやって来ていた。私たちお気に入りのデザイナー、ジョルジュ・ディーの服を着た者もいたんだよ。でもね、お互いの世界にこれだけ密なかかわりがありながら、どこか(いびつ)だ。通常ならば登場してもおかしくないはずのものが欠けている」 「……もしかして、『ゲート』ってこと?」 「その通りだ姫君。これだけの条件が揃っていながら、『ゲート』が開かれない。まるで会いたくても会えない、愛し合いながらも引き裂かれた者同士の渇望のようではないかい? もしその二人が合うための手引きが出来れば――『ゲート』を開くことが出来たのなら、『大干渉』は回避される可能性が高いと私は踏んでいる。そこで話を少し戻そうか」  エレナは興奮をしずめるようにひとつ呼吸をし、今度は無垢の魔女の方を向いた。 「分かるだろう? 計画には優秀な転移能力者が必要だ。ショウタロウ君と言ったかな? その身柄、この私が引き受けよう」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    286,600

    560


    2021年6月23日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む