ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

迷宮ショッピング 2

「見えてきましたよ!」  理沙(りさ)がうきうきとした声で言う。  新宿(しんじゅく)駅から徒歩15分ほど。緑が少し多くなってきた場所に、その白い箱のような建物はあった。  若干(じゃっかん)分かりにくい場所にはあったが、人の流れについていけば迷うこともない。箱の周辺にも人だかりができていた。 「さすがバブーンの作品だけあって、見た目がシンプルね」 「遠子(とおこ)さん、バブーンって誰ですか?」 「祥太郎(しょうたろう)くんもTVとかで見たことない? 有名な亜空間建築家(あくうかんけんちくか)だけどプロフィールは一切謎、関わったプロジェクトは秘密裏(ひみつり)に進められるっていう」 「ああー……何となーく知ってるかも」 「バブーンが手掛けてるならジョルジュ・ディーが出店するのも、直前まで全く情報が漏れなかったのも納得だわ。――それよりもこの服、やっぱり地味だし、変じゃない?」  マリーの手には相変わらずカエルのぬいぐるみ。しかし服は白のTシャツにベージュのスカートという組み合わせに変わっていた。 「それは、私のコーディネートが変って言いたいのかしら?」 「そうじゃなくて、わたしには似合わないんじゃないかって言ってるの!」 「マリーちゃんは何着てもすっごくかわいいよ! でも、いつもみたいなドレスだと目立っちゃって、気をつけないとエスエヌエス? に上げられちゃうって(さい)さんが言ってたから。いつもは才さんの予知で上手くそういうの避けられてるけど」  理沙は言って、相変わらず身動きすらしない才を見る。 「それにしても遠子さん、才さんはいつ元に戻るんですか?」 「さぁ……いつかしら」 「遠子さんにも分からないんですか? 遠子さんの魔力って、消えちゃったってわけじゃないんですよね?」 「ええ。それは理沙ちゃんの言うとおりなんだけど……ほんとはね、あのとき才くんをカエルにするつもりだったの。だけど魔力が歪んだのを感じて、これはマズいかしらって思ったら、ぬいぐるみになっちゃって。そのせいか、いつもの方法じゃ上手く行かないのよね。ほっとけばそのうち戻るんじゃないかと思うわ」 「また無責任な……じゃあ、それまでずっとわたしがサイを持ってなきゃならないの?」  マリーが口を尖らせて仲間を見ると、無言で目をそらされる。 「ちょっと、トーコまで目をそらさないでよ! あなたのせいなんだから!」 「でも私には棒人間(ぼうにんげん)ちゃんがいるし……」 「ボクはゼンゼンかまわないっピよ! せっかくなら、ししょーとくっついてお買い物を楽しむんだっピ! デュフフ」  甲高い声は、遠子の胸元から発せられた。まるでTシャツに最初から描かれたデザインのように、棒人間が溶け込んでいる。 「ダメでしょ(しゃべ)っちゃ。今、棒人間ちゃんはTシャツなんだから」 「あ、そうだったっピ。ごめんなさいっピ」 「マジで大丈夫かなこれ」  祥太郎がぼやいた時には、目的の場所がすぐそばに迫っていた。  ◇ 「わー! おもしろーい!」 「洞窟(どうくつ)みたいになってるのね!」  中へと入ると、箱のような外見とは全く違い、岩にしか見えない壁に囲まれたドーム状の空間が広がっていた。  うがたれたいくつもの横穴には店舗が入っていて、呼び込みや接客の声が聞こえる。 「見て見て! マリーちゃん! 二階――三階? 上の方にもお店があるみたい!」 「この階にも奥に行けそうな道がいくつもあるわ……まさにダンジョンって感じなのね」 「どうしたんですか? 遠子さん」  はしゃぐ二人から少し離れた場所で一人、遠子は周囲を眺めていた。  祥太郎が声をかけると振り向き、微笑みを浮かべる。   「人がたくさんいるなって思って」 「まー、新規オープンですしね。でも思ったより混雑してないから、この中、相当広いんでしょうね」 「……私、本当は特別ここに来たかったってわけじゃないの」 「え?」 「でも、新規オープンのお店の方が、みんなも楽しめるかと思って。たまたまチラシを目にして面白そうだなって思ってたし、マリーちゃんのお気に入りのブランドも出店してたから」 「なるほど」 「新宿の駅も、TVで見たのと雰囲気が違ってたわ。今って、ネットで出来るじゃない? 景色を見られるやつ。やり方を教えてもらって、色んな街を歩いたの。新宿も何度も歩いたことがある。だけど、やっぱり本当に歩いたら、全然違うの。嬉しかった……今も嬉しい」 「それなら、今度は転移じゃなく、電車で来るのも面白いんじゃ?」 「いいわね! 電車にも乗ってみたい。少し遠くに行くのも楽しそうね。温泉とか、海外も」 「遠子さんが昔好きだった場所に行ってみるのは? 教えてくれれば、大体大丈夫だと思うんで」 「そうね……」 「遠子さん! 祥太郎さん!」  その時、大きな声が二人を呼んだ。行きかう人の隙間(すきま)から、理沙が手を振っているのが見える。  人を避けながらそちらへと向かうと、茶色く変色した紙が目の前を覆った。そこには黒のインクを使ったような文字と、シンプルな絵が描かれている。 「へぇ、アイスのお店? 美味しそう」 「さっき宣伝で配ってたのをもらったんです。それで、マリーちゃんと食べに行きたいねって話になって」 「いいわね! 祥太郎くんもいい?」 「あ、はい」 「じゃあ決まりね! それで、どうやって行けばいいのかしら」  遠子は渡されたチラシを眺める。かすれたインクも、変色した紙も、わざとそういうデザインになっているようだった。 「トーコ、裏を見てみて。地図があるから」 「……あら、ほんと。でもずいぶんと大雑把な地図ね」 「そうなのよ。それを見ると北の方のエリアにあるみたいなのだけれど、実際の方角をそのまま当てはめてしまって良いのかどうか悩んでて。そもそも方角もわからないし」 「そういえば、入口からここまでの道もなんか変だったよなぁ。何回も曲がらされて」 「方向に関しては、大丈夫よ。――上を見て」  皆が指先につられて天井を見上げると、ごつごつとした岩肌の中、少し周囲よりも色が濃くなっている部分がある。 「N、S――ほんとだ! 方角が描いてありますね! 遠子さんすごーい!」 「ふふ、さっき色々眺めてて見つけたの。北のエリアだから、あっちの道ね。さぁ、アイス食べに行きましょうか」  言ってすぐに歩き出す遠子の背中を、三人も追いかける。  ――そして歩くこと10分。 「ねぇトーコ、また雲行きが怪しくなってきたんじゃない?」 「この地図って全然に役に立たないのねぇ。雑だし」  一行はまだアイスの店にたどり着けずにいた。 「地図はシンプルなのに、道は複雑ですよね。あっ! お店発見です! ――また激辛ラーメンだ」 「あの店に遭遇(そうぐう)するの何回目よ……結局ぐるぐる回ってるってことよね。せめてカフェとかならよかったのに」 「なんか飲み物くらいあるんじゃないか? 適当に注文して水もらうとかさ」 「それもちょっと……わたしたちが目指してるのは美味しいアイスクリームショップなわけだから」 「ダンジョンを名乗ってるのはダテじゃなかったかぁ。もう、ちょちょっと転移しちゃう?」 「ショータローは、あんな曖昧(あいまい)な地図で場所イメージできるの?」 「そこは……アイスの店を強くイメージするとかで何とか」 「なるにしても、やめておいた方がいいわ。能力の使用はご遠慮くださいって書いてあるもの」  マリーが指差した壁には、アイスクリームショップのチラシと同様、古びた加工がされた紙が貼りつけられている。 「そんなに強いものじゃないけれど、分かりやすく結界も張ってある。注意されるだけならまだしも、問答無用でつまみ出されるかもしれないわ」 「せっかくのダンジョンなんだから、頑張ってクリアしましょうよ! あたし、燃えてきました!」 「そうね。理沙ちゃんの言うように楽しまないと。もし難しかったら脱出口から出ればいいんだし」  迷路の各所には、岩肌と同じ色の小さなドアが用意されていた。祥太郎もつられるようにそちらを見ると、小さくため息をつく。 「了解です。……しかしこのコンセプトで店はやってけるのかなぁ」  こうして歩いていても人にほとんど出会わない。入口での混雑が嘘のようだった。 「そこのあたりはちゃんと考えてるんじゃないかしら。ジョルジュ・ディーだって――」  マリーの言葉が途中で止まる。皆同じように押し黙り、聞き耳を立てた。  再び、遠くからそれは聞こえる。――悲鳴だった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む