ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:10分

嵐のあとに 5

「承知いたしました。……ただ、本当にお力になれる自信はありません。最善は尽くしますが」 「ありがとうございます。我々の中には追跡を得意とする者もおりませんし、アパートのシステムも復旧途中なので、大変助かります」 「では、先ほど影が目撃された場所へと向かってみましょう」 「こっちです!」  すでにそちらへと近づいていた理沙(りさ)が、手招きをする。足は自然と速まり、すぐに目的地に到着した。長い廊下が一度途切れ、左右に道が伸びている、ちょうどTの字の中心部分だった。 「影は、どちらに走っていきましたか?」 「あっちから見た時は、右から左だったから、こっちですね。すごく速かったです」  桜木(さくらぎ)は理沙が指差した方を見て、少し考えるように沈黙する。そして腰に付けた小さなバッグから、先の尖った金属製の道具を取り出した。 「ペンデュラムね」 「ええ。これで侵入者の痕跡を追います」  興味深げにのぞき込むマリーへとうなずくと、彼女はペンデュラムを握りしめて何事かをつぶやく。それから鎖の部分を持ち、三角錐(さんかくすい)のおもりを、床近くへと垂らした。おもりは自然と揺れ、回転をし始める。  やがて、見えない力に強く引かれるように、真っすぐ通路の先を指し示した。 「こちらで間違いないようですね。参りましょう」  呼吸を忘れて見守っていた周囲も、きびきびと歩き出す桜木の後へと続く。しばらく無言で歩いている間にもアパートは何度か揺れたが、気にせず進んだ。  そしていくつかの扉の前を通りすぎ、大きな窓がある場所を通った時のことだった。 「あっ」  小さく声をあげたのは理沙。視線の先には、桜木の持つペンデュラムがある。それは魚が引く釣り針のように、勢いよく窓へと向いている。  薄暗い窓の外を確認すれば、庭の木々の隙間に――影が走った。 「見つけた! ――はっ!」  理沙が壁へと素早く手をつく。壁を挟んだ向こう側の空気が振動し、影を絡めとろうとしたが、それは難なくかわされた。 「『怠け者の蔦(スラッガード・アイヴィー)』!」    続いて展開されるマリーの結界。先回りをするように半透明のツタが伸びる。少しでもかすれば動きを遅くすることが可能なはずだが、影は跳躍し、その全てから逃げ切った。 「ちょっと何なの、あれ?」  新たな結界を張ろうかとも思ったが、考えている間に見失ってしまいそうだ。距離があるために正確なことは分からないものの、人にしては小さい。 「祥太郎君、追ってくれ。お二人は才君とここで待機を。才君、何かあったら連絡を頼む」 「ラジャー!」  才の返事に見送られ、四人は外へと転移する。 「はぁっ!」  着地と同時。マスターは膝を沈め、気合ともに地面へ掌を叩きつけた。そこから光が漏れ出し、蜘蛛の巣のような模様を描きながら周囲へと一気に拡散する。  自分たちの足下も謎の光に囲まれ、誰も身動きできずにいる中、マスターはひとり長い息を吐いた。 「……逃げられたようだ」  それから、才たちの方を見る。外よりも明るい窓の中、才は大きく首を横に振った。隣に立つ桜木も、今の光景に驚いたのか、緊張した面持ちでこちらを見ている。彼女のペンデュラムも、もう反応を見せてはいないようだった。 「もう、管轄区にもいないってことですか?」  祥太郎の問いに、マスターは視線を横へと移す。 「マリー君と理沙君はどう思うかな?」  二人は顔を見合わせた。少し考えた後、理沙が自信のなさそうな表情で言う。 「管轄区内のことは分からないんですけど、この近辺にはもう居ないと思います。ただ……手ごたえみたいなのが、なかったんですよね」 「確かになかったかも。手ごたえ」  それを聞き、マリーもうなずいた。 「もしかしたら、魔法で作った幻のようなものだったとか? 何だか、やけに小さかった気がしますし」 「ああ。先ほどのは陽動目的で、実際の犯人はその間に逃げてしまったのかもしれないね」 「それだと、マズくないですか? 源二さんや、マスターの立場も危うくなるんじゃ?」  声を潜めた祥太郎へ、優しいまなざしが返ってくる。 「そうなったらなったで、仕方ないことだよ。私たちは間違った事をしたとは思っていないしね。何とか乗り切るさ」 「でも――」 「ちょっと失礼」  マスターは唐突に言って、ポケットに手を入れた。そこから銀色の懐中時計を取り出し、何やら確認を始める。 「……なるほど、源二には何か考えがあるようだ」 「それ、時計じゃないんですか?」 「時計だよ。少し変わってるけどね」  そう笑って、マスターは蓋を閉じた。 「あとは、あいつに任せるとしよう」    ◇ 「……お役に立てず、申し訳ありませんでした」 「ええやないの。元々うちらの仕事やないんやし。手伝うてあげただけでもマシやって」 「江上秘書官!」 「いえいえ、本当に、手伝っていただいただけで十分です。ありがとうございました」  マスターに頭を下げられ、桜木は口から出かかった言葉をぐっと飲みこんでから、頭を下げ返す。 「ほな、うちらはこれで帰りますー。またお会いした時は仲良うしてくださいね。ほら桜木ちゃん。あんまお邪魔してても悪いし、帰ろ」 「貴女という人は、本当に自分勝手ですね! ――では、これで失礼いたします」  彼女はもう一度深々とお辞儀をしてから、歩き出した友里亜の後を追った。 「ゆりあっちと桜木さん、またなー!」  小さくなっていく二人へと手を振る才の後ろで、マリーは大きくため息をつく。 「マリーちゃん、疲れた?」  気遣った理沙へと曖昧にうなずいてから、彼女はつぶやくように言った。 「……それもあるけど、切り替えがずいぶん早いんだと思って」  それから、ちらりと才の背中を見る。 「トーコが居なくなったばかりなのに、美人秘書官相手に、あんなにはしゃいで」 「遠子君とは、今生の別れという訳じゃない。また会えるさ。エレナ君とも、きっとね」 「それは……わたしもそう信じてますけど。このお仕事をしていれば、少なくない出来事だっていうのも理解してるつもりですし」 「それに」  マスターも同じ方向へ視線を向け、言葉を続けた。 「私には、才君が何か別のことを考えているように見える」 「わたしにはいつもと同じに見えますけれど……そろそろ、居住棟も大丈夫ですよね? 今日はもう休ませていただこうかと思います」 「ああ、お疲れ様。ゆっくり休んで欲しい」  マリーは軽く一礼すると(きびす)を返し、長い廊下を戻っていく。 「送ってやれば良かったかな」 「一人で歩きながら考えたい時もあるさ」  角を曲がり、その後姿が見えなくなった時、祥太郎の中でずっと引っかかっていた疑問が口から出ていた。 「……エレナさんって、誰なんです? 遠子さんも似たようなこと言ってたんで」 「マリー君の母君(ははぎみ)だよ。前任の転移能力者でね。異界派遣の際、行方不明になった。……もう、一年になるかな」 「そう、なんですか……」 「彼女も才能と実力を備えた能力者であるし、『心配しないで』というメッセージを現場に残していた。何らかの意図を持っての行動だと、そう信じている」  穏やかな表情で言うマスターに、何も言葉を返せなかった。どこか漠然と考えていた『異世界』との隔たりは、こんなに大きなものなのだと、改めて感じさせられる。 「……もう修復は終わったようだね」  少しの沈黙の後、マスターは話題を変えた。確かにアパートの揺れは、いつの間にかおさまっている。 「皆も今日は休んでくれ。お疲れ様」 「はい。お疲れ様です」 「マスターも皆さんも、お疲れ様でした!」 「お疲れっす! ――あれっ? マリーちゃんも、もう帰ったん?」 「気づくの遅いなー」  三人が話している間にも、マスターは歩き始めていた。ポケットから出てきた手には、銀色に光る物が握られていた。  ◇ 「なぁ、あそこ自販機とベンチある! 桜木ちゃん、ちょっと休まへん?」 「もうですか? 大して歩いてないでしょう」  アパートからの帰り道、友里亜がそんなことを言い出したかと思うと、さっさと自販機の方へと行ってしまう。桜木は渋々といった態度を隠さずについていった。 「だってもう夜なのに、暑いんやもん。熱中症、こわいんやで。――何だかんだで付きおうてくれるし、優しいとこあるよな。桜木ちゃん」 「だから審議官に貴女を連れ戻すように言われてるから、仕方なくです!」 「はい。アイスコーヒーでええ?」  語気を強めても屈託のない笑顔で缶を渡される。桜木はため息をつきながらも、それを受け取った。 「……いただきます」  それからベンチに並んで座り、しばらく無言で飲み物を飲む。  オレンジがかった街頭の下、二人以外はあたりに誰もいなかった。 「でもなぁ。良かったよなぁ、上手く行って」  ぽつりと言った友里亜に、桜木は怪訝な顔をする。 「何がですか? 結局、曲者(くせもの)は発見できませんでした。私の力も及ばず」 「せやねぇ。桜木ちゃん、別に追跡が得意なわけやないしなぁ」 「だから私は最初からそう言ったのに……江上秘書官があんなことを言うからですよ」 「せやねぇ」  ため息をつく彼女へ微笑みが返ってくる。友里亜はそれからバッグをごそごそとやり、中から花柄の煙管(きせる)を取り出すと、火をつけた。 「ちょっと、管轄区内は禁煙ですよ!」 「もぅ、桜木ちゃんは相変わらずお堅いなぁ。大丈夫。これ、タバコやないし。ええ匂いがするんやもん」 「またそういう屁理屈を……」  今日何度目になるか分からないため息の隣で、白い煙がふぅ、と吹かれる。確かにそれは、よく知る煙草とは異なる、不思議な香りではあった。 「……桜木ちゃんが得意なんは、追跡やなくて、隠す方よな」 「おっしゃってる意味を理解しかねます」  桜木は表情を崩さないまま、缶コーヒーを静かに傾ける。友里亜はもう一度、煙をゆっくりと吐き出した。 「あの場で一番気ぃつけなあかんのは、マスターや。他には、そういうのに(さと)い理沙ちゃん、マリーちゃん。才ちゃんの予知は……どうやろう」 「だから何を――」 「どんくさい同僚の秘書官なんか、最初から眼中にないやんなぁ?」  一瞬の沈黙。  桜木が反応するよりも早く、友里亜が煙を吹きかける。咄嗟(とっさ)に息を止めたが、無駄だった。体がしびれるような感覚がし、思うように動かせなくなっていく。 「これは――」  今だけのせいではない。煙管に火をつけた時から、毒は徐々に浸透していたのだ。桜木は、思い切り友里亜を(にら)みつけた。 「おお、こわいこわい。だから言うたやろ? タバコやないて」 「最初からこのつもりだったんですね。審議官の命令ですか?」 「ちゃうよ。桜木ちゃんって怪しいなぁって、前から思うとったけど」 「なっ――」 「桜木ちゃん、うちのことアホやと思うとったやろ? そういうの、油断につながるんやで。あの『影』をこっそり走らせたの、あかんかったよな。先に仕掛けとったのかもしらんけど、みんなの気ぃは()らせても、うちからは、余計に怪しまれた」  友里亜は怒りに震える桜木を見下ろし、言葉を続ける。 「うちな、源ちゃんのこと気に入っとるんよ。だから、源ちゃんが好きなアパートも人も、守ってあげたいて思う」  そしてまた煙管を咥え、煙を勢いよく吐き出す。今度は避けることもかなわず、桜木は大きくせき込んだ。 「桜木ちゃん。うちの()()()、聞いてくれるな?」  次に顔をあげた時、彼女の目は、まるで泥酔でもしたかのように()わっていた。 「……はい、勿論(もちろん)です」 「今度の件は、『ゲートの暴発によりストームが発生。ゲートキーパー1名が巻き込まれ異世界へと転移、生死不明』。こんなとこでええんとちゃう?」 「はい、おっしゃる通りだと思います」 「ほな、ちゃんと、あんたの()()()()に、報告しといてな?」 「かしこまりました」 「よし、ほなこれで、()()()()! ――帰ろか」  目の前で手が叩かれると、一瞬にして桜木の表情は元に戻り、それから急激に歪められる。 「けほっ――煙たい! 吸いすぎですよ! いい加減にしてください、江上秘書官!」 「ごめんな、つい調子に乗ってもうて」 「もういいですから、さっさと帰りましょう。行きますよ」 「ちょ、待ってー、桜木ちゃん! 歩くの速いー!」  友里亜は少しだけアパートの方を振り向き、微笑んでから、早足で遠ざかる背中を急いで追いかけた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る