ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:6分

嵐のあとに 4

「ない……ですね」  集中を解いたマリーが言葉を発する。静かに見守っていた周囲も、大きく息をつく。  あれからマスターを呼びに行き、ついでに(さい)も回収しつつミーティングルームへと戻ってきた。しかし、改めて確認したところ、肝心(かんじん)の違和感の元がすっかり消え失せてしまっていたのだ。 「すみません、確かにあったと思うのですが……」 「あたしも思います! というか、あたしが言い出しっぺなので、ごめんなさい」 「いやいや、二人とも謝らなくていい」  申し訳なさそうにするマリーと理沙(りさ)に言って、マスターも、もう一度部屋を見回した。それから、小さくうなずく。 「祥太郎(しょうたろう)君、そうだな……第2会議室は分かるね?」 「あ、はい」 「では、そこへ頼む」 「了解!」  返事が終わる事には、すでに周囲の景色は変わっていた。細長いテーブルの周りにパイプ椅子が置いてあるだけの、シンプルな部屋だ。  会議室と名はついているが、打ち合わせはそれぞれの仕事場やミーティングルームで済んでしまうため、普段使われることはほとんどない。 「マリー君」  少しあたりの様子をうかがった後、マスターはマリーへと声をかける。 「情報遮断(じょうほうしゃだん)の結界を」 「かしこまりまして」  彼女はうなずき、ゆるやかに扇を振った。部屋全体が淡い光に包まれ、やがてしみ込むように見えなくなっていく。 「ありがとう。――さて、どう話したものか」  皆が見守る中、マスターはあごに手を当てて考え、再び口を開いた。 「まず、マリー君が見たものは、いわゆる盗聴器のようなものではないかと思われる。源二には立場上、敵も多いからね」 「いるんだよなー、嫌がらせしてくるヒマなヤツとか。俺も巻き添え食ったことあるし!」  嫌なことを思い出したのか、才が口をとがらせ、いきなり話の腰を折る。 「――まあ、それで、今はそういう(やから)にとって、チャンスでもあるわけだね。何かを仕掛けてくるのではないかと、予測はしていた」 「じゃあ、あたしたち、作戦の邪魔をしちゃったってことになりません……?」  不安げに口を挟む理沙へと、マスターは首を振る。 「いや、そうではないんだ。私は君たちが気づいたことに気づけなかったし、源二にもその様子はなかった」 「そんなことあります? わたしやリサの勘違いだったという方が、筋が通ると思うのですけれど……」 「結界だって、対象の特性をよく理解したり、指向性(しこうせい)を高めれば強力になるだろう?」 「……つまり、審議官とマスターだけを想定して仕掛けたってことでしょうか?」 「恐らく。そうすれば(あざむ)ける自信があったんだろうね」 「それって、わたしたちなんか最初から眼中(がんちゅう)になかったってことですわね」 「だが、それが向こうの誤算(ごさん)だ。お手柄(てがら)だよ、二人とも」 「えへへ、ほめられちゃいました!」  素直に喜ぶ理沙とは対照的に、マリーの表情は晴れない。 「でも仕掛けられたのが仮に盗聴器だったとして、それが失くなったという事は――」 「犯人が解除していったんだろうね。わざわざ魔力の範囲を絞って忍ばせたくらいだから、遠隔で行ったとは考えづらい。君たちが私のところへ来たわずかな間に取り除いたのだろう。そうであれば犯人は、まだこの管轄区(かんかつく)から外へ出ていないはずだ」 「だけど、僕みたいな転移能力者なら、簡単に出られるんじゃないですか?」 「では祥太郎君、ちょっと管轄区外に出てみてくれるかな?」 「……? はい、了解です」  首をかしげながらも、マスターの指示に従う祥太郎。 「ぶふぁっ!」  が、消えたはずの姿が一瞬にして戻り、床へと叩きつけられた。 「このように、現在管轄区外へは容易に転移できないよう、結界の設定を変えてある。アパート内であれば二重(にじゅう)の制約だ」 「だから口で言ってくださいよ……!」 「あー、あれかー。自動修復の術を発動させる時にやったのか。抜け目ねぇなぁ」  才は言いながら、どこか遠くを見ている。 「――んで、俺様も怪しいヤツ発見! しちまったかも。ほら、祥太郎は寝太郎してねーで起きろよ」 「人遣(ひとづか)いが荒いなぁ。僕はタクシーじゃないんだぞ」 「まーまー、手柄立てれば後でマスターが何か(おご)ってくれるって。多分」 「才君、何が『()えた』んだ?」 「んーと、影だけしか視えなかったんすけど、倉庫のあたりかな。什器(じゅうき)置きっぱになってるトコの角を、すげースピードで曲がってって」 「確かにそれは怪しいな。他になければ、そこへ行ってみよう。祥太郎君、悪いが、頼む」 「了解です。才、どこらへんだっけ?」 「んー……じゃ、書庫のあたりでいいや。そっから歩きで」 「何かほんとにタクシーに乗るみたいな会話ですねー」  理沙がのんびりとツッコんだところで、周囲の景色が溶け、再構築される。 「よし、着いたな」  才はあたりを軽く見まわしてから、皆を誘導しようと歩き出す。 「あらー、皆さんおそろいで。どないしはったん?」  その時、背後からおっとりとした声がかかった。 「あなたは……江上秘書官」  そこには、以前、源二が連れてきた秘書官の一人、江上友里亜(えがみゆりあ)が立っていた。今日はレトロなボタニカル柄の着物を着ている。彼女はぴょこん、とお辞儀をすると、にこにこと皆の顔を眺めた。 「皆さんご無沙汰してますー。ゆりあっちって呼んでもろてもええよ。マスターさんは、ちょっと見いひん間に、えらい男前になりはって」 「ゆりあっち! 久しぶり! 相変わらずめっちゃキレイやでぇー!」 「ありがとうー。才ちゃんも、やっぱ孫だけあって、源ちゃんに似たとこあるわー。かわいいかわいい」  颯爽(さっそう)と前に出ていったはいいものの、謎の敗北感により静かになる才。 「それより秘書官、どうしてこのような所に?」  あくまで態度を崩さないマスターに、少し面白くなさそうな顔をしてから、友里亜は話し始める。 「あんなー。源ちゃんと一緒に来たんやけど、用事あるから勝手にぶらぶらしててもええて言われてぶらぶらしてたら、迷うてしもて。ほんで源ちゃんに連絡したら、忙しいから適当に帰ってって……ひどない?」 「うんうん、人の気持ちも分からない、ひどいジジイだよねー」 「才ちゃん、自分のじいちゃんにそういうこと言うんは、良くないと思うよ」 「江上秘書官!」  才が二度目の撃沈を迎えた頃。また別の方向から声がした。 「こんなところに居たんですか。探しましたよ」 「あっ、桜木(さくらぎ)ちゃん。うちのこと心配して探してくれるなんて、ええとこあるなぁ」 「審議官の指示で仕方なくです」  以前にアパートを訪れた時と同じ、黒のパンツスーツに身を包んだ桜木秘書官は、事務的な口調でそう答えると、友里亜の腕をがっしりと(つか)む。 「さ、帰りますよ。皆様、ご面倒をおかけしました」 「嫌やー! せっかくやし、みんなでお茶でもしよ?」 「しません」 「もうー! 桜木ちゃんアタマ固い! そんなやから、男の一人もできへんのやで」 「それ今関係ないですよね!」 「まーまーまーお姉さん。何だったら俺が――」 「あーっ!」  そこで突然、理沙が大きな声を上げた。 「な、なんだよ理沙ちゃん!」 「今、あっちの通路に影みたいなのが通りましたよ!」 「そういえば、すっかり忘れてた……ちょっと待ってろ。もう一度予知するから」  (あき)れる皆の前で、才はまた集中を始める。 「……任務中でしたか。申し訳ありません」 「いやいや、気になさらずに」  恐縮し、深々と頭を下げる桜木に、マスターは首を振った。  友里亜も少し責任を感じたのか、しおらしくしていたが、急に顔を輝かせると、桜木のスーツを引っ張る。 「なら桜木ちゃん、手伝うてあげたら? 追跡、得意やろ?」 「いえ、得意というほどでは……かえって邪魔をしてしまったら申し訳ないですし」 「でも、俺の予知も以下略なんで、手伝ってもらえるならその方が助かるな」 「以下略、とは?」 「いえいえ、そちらもお気になさらずに」  首をかしげた桜木に手を振り、マスターは話を本筋へと戻す。 「どうでしょう桜木さん、三剣(みつるぎ)審議官にもかかわってくる事ですし、お力をお貸し願えないでしょうか?」  しばらく悩んでいた彼女だったが、断り切れないと感じたのか、やがて小さく息を()いた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • 【NEW】イラストの初心者がお絵かきします🎨このノベルアップでっ!

    🍏<果たして絵は上達するのか⁉︎

    796,773


    2021年6月23日更新

    🍎<絵が上手になりたいな〜と思って絵を描くっ。 好きなところから見てください。どこからでもするするっとページをめくれて、僕のイラストっぽい作品の進捗を観察できますw

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む