ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

布石 4

 ◇ 「もう、無理……!」  マリーは、機材の陰でうずくまる。聞こえてくる歓声も拍手も、パフォーマンスを始めた当初とは比べ物にならないくらい大きい。 「マリーちゃん、お客さんたちが待ってるよ! あと残り5曲、半分まで来たんだからすごいよ!」 「確かに下手とはいえ、我ながらこの短期間でよく10曲も覚えたと思うわ。でも、そもそも何故こんなことしてるのかしらって我に返っちゃうと、もう無理なの……!」 「きっと、どんなお仕事でもそういう時ってあるものなんだよ。だけどお客さんもいつの間にかあんなに集まってくれてるし、頑張ろう? マリーちゃんの歌だってダンスだって、すごくかわいいって喜んでもらえて、みんなを笑顔にしてるんだよ!」 「リサのその順応力の高さ、素直にすごいと思うわ……」  本職のアイドルさながらの笑顔で励ましてくる理沙(りさ)に、(おそ)れにも似た感情を抱くマリー。戸惑いながら会場に目を向けた時、違和感をおぼえた。そういう気配には二人とも敏感だ。示し合わずともいつの間にか同じ方向を見ている。 「マリーちゃん、あれ何だろう?」  観客の中に、明らかに妙なモノが混じっていた。子供の背丈ほどもある半透明の物体。それが会場の熱気とともにゆらゆらと揺れている。 「クラゲのオバケ? それとも、てるてるぼうずのオバケかな?」 「オバ……そんなのじゃなくて恐らく、『ブロット』だわ。わたしも資料でしか見たことはないけれど、ここ最近増えてるってママも言ってたから」  マリーは軽く身震いしつつ答える。『ブロット(染み)』と名づけられたそれは、『ゲート』を通過して来るのではなく、隙間鬼(すきまおに)のように『隙間』からやってくる存在。その中の一部が引き起こす騒動は心霊現象と呼ばれることもあるため、理沙の言葉もあながち間違いではなかったりする。 「今は特に害のある動きはしていなさそうだけれど……何にしても、対処しないと」 「……マリーちゃん、ライブ続けよう」 「リサ、何を言い出すの?」  マリーが驚いて振り返ると、そこには決意に満ちたまなざしが。 「ライブよりも、まずはマスターに報告をしないと」 「それはした」 「そんな――え? もうしたの?」 「だからすぐに助けを送ってくれるはず。あたしたちの役目は、それまでの間、お客さんたちの安全を確保することだと思う。向こうに目立った動きがないんなら、パニックを防ぐためにも出来るだけ『普通に』してることが大事なんじゃないかな?」 「確かに、それも一理あるけれど……」 「それにね、マリーちゃん。お客さんたち帰らずに、あたしたちのステージを楽しみに待ってくれてるんだよ。その気持ち、裏切れない!」  言うが早いか、理沙はステージの中央へと飛び出していく。  湧く観客たち。『ブロット』も何故かノっているようだ。気づいていないのか、それとも奇妙な演出だと思っているのか、人々の中に動揺は見られなかった。 「みんなー! お待たせー! 次は『BANG♪ BANG♪ ハート』を歌いまーす!」  よく分からないまま拍手をする多数の中、会場の一部だけが盛り上がる。今回の曲のラインナップは、ドクターの趣味で市原あまなの持ち歌の中でも特に知名度が低いものばかりなのだから仕方がない。 『あなたのハートを打ち抜くために、チャンスを待って弾をこめるの♪ 傷ついたってかまわない♪』  曲がスタートする。理沙は歌いながら『ブロット』の位置を確認した。一体、二体――三体。まだステージ脇に控えているマリーに、指を三本立てて合図する。 『ちょっぴり怖いわ、だってあなたも名手よ♪ 一歩間違えちゃったら共倒れー♪』  そこで、それまでじっとしていたマリーがステージの中央まで躍り出た。歓声がさらに大きくなる。当然、ただ待機していたわけではない。高速詠唱を終え、『綻びの言葉(ヒドゥン・スレッド )』を放つ準備は整った。 『BANG♪ BANG♪ 「臆病な弾丸(クレイヴン・バレット)」♪ BANG♪ BANG♪』  二人はマイクを持っていない方の手をつなぎ、『ブロット』のいる場所を指差していく。理沙の力によって増幅された結界は、見えない弾丸となって異形へと降り注ぎ、その姿を隠した。熱狂する観客たちは、自分のすぐ隣に見ることも触れることも出来ない領域が生まれたことにも気づかない。 「おおお! 歌詞をアレンジしたのか! なんとかバレット? カッコいいな!」 「相変わらずダッセェ歌だな。俺はアイドルなんて興味ねーし」 「そう言うなってー」 「だがな。――この二人は推せるぞ」  次の曲へと移れば、会場はさらに沸き立った。遠目に見ていた通行人たちも興味には抗えず、次々と集まってくる。 「『ブロット』の件は何事もなく終えられたようだね。処理班も到着したようだ」  その流れには乗らず、少し離れた場所から拍手する人影があった。その黒い服に溶け込むようにして、小さな影も動く。 「助けてあげればよかったのにっピ」 「もちろん、危なかったらそうしていたよ。だけど二人は見事に乗り越えてみせた」 「センセイやるのも大変だっピねー」 「まあね。しかし、生徒の成長を見たときはこの上ない喜びを味わえるんだよ。きみも二人の素晴らしいパフォーマンスを見てそう思わないかい? 発展途上の技術を補って余るほどの魅力だ」 「たしかにー、だっピ。ボクもセンセイができて良かったっピ!」 「――さて。名残惜しいが、そろそろもう一人の生徒のところにも行かなければ」 「二人のハレブタイを最後まで見て行かないっピ?」 「そうしたいのは山々なんだが、ショウタロウくんの方は恐らくピンチだからね」 「ホントだっピ? タイヘンなんだっピ!」 「私も事態を甘く見過ぎていたようだ。先ほどからショウタロウくんと通信がつながらない」 「どっか、イセカイにいっちゃったってことっピ?」  棒人間の問いに、エレナは首を振る。 「万が一暴走することがあればこちらで察知できるように、彼の『コンダクター』は特別仕様になっていたんだ。異世界や通信が遮断されるような亜空間に引き込まれたのであれば、その仕組みが発動したはずだ。となると――トリックホーンの類か」 「トリックホーンってなんだっピ?」 「『いたずら角(トリック・ホーン)』。特殊な異空間を展開して勝負を挑んでくる異世界の住人さ。他にも隙間鬼とか、レッドアイズとも呼ばれたりするね。――そうだ! ボウニンゲンくんなら、どうにかあちらの領域に割り込めないだろうか?」 「ううん……」  すると珍しく、棒人間が難色を示した。 「たぶんダメだっピ。そのトリックホーンっていうのが、ボクと似たカンジのソンザイだからっピ。ボクとみんなのチカラはぶつからないけど、ボクとトリックホーンとかいうののチカラはぶつかるヨカンだっピ。ヒキコモリエネルギーが少ないボクだと勝てないかもしれないだけじゃなくて、ヘタしたらチカラとチカラがケンカして、タイヘンなことになるっピ」 「成る程」 「ごめんなさいっピ……」 「いやいや、非常に参考になる話だった。ドクターにはそのことをまだ話していないだろう? お土産が出来たよ。では、素敵なアイドルたちの応援は君に任せよう」 「どうやってトリックホーンを見つけるっピ?」 「『いたずら角(トリック・ホーン)』が現れているなら、それを追っていたチームがいるはずだ。マスターに問い合わせてみるよ」  ◇ 「キャッキャキャッ! キャッキャキャッ!」  耳障りな笑い声が店内にこだまする。あれから10分。戦いは膠着していた。 「ほんま腹立つわー。いい気になりおってからに」 「くそっ……!」  『隙間鬼』は二人に睨みつけられ、かえって大喜びで跳ねまわる。祥太郎は屈むようにして立ち、息を整えていた。その場から動いていないとはいえ、捕まらないターゲットを相手に能力を使い続けるのは、全力疾走を繰り返すようなものだ。 「友里亜さん、元々『隙間鬼』と戦う予定だったんですよね? 何か策はないんですか?」 「あるにはあるんやけど、今は使われへん。祥太郎ちゃんがもうちょっと動けたらなぁ、助かるんやけど」 「す、すいません……」 「ごめんごめん、マジへこみせんといて。きっと祥太郎ちゃんとやなくても苦戦したはず。『スピードスター』向けの準備やなかったからな」  友里亜はバッグの中を物色しつつ、ため息をついた。 「対策室の予知では『ヘヴィーアタッカー』いうてな、攻撃は強いけど、そのぶんトロいヤツが出てくるはずやったんよ。そやけど予知の時刻と場所では何も起こらへんかったし、この有様や」 「何でそんなことに? ……まぁ才の予知もアレだし、予知ってそういうものなのかもしれないですけど」 「きみ意外と辛口やな。確かに予知は絶対やないけど、複数の能力者の意見すり合わせてるし、今まで大きく外すことはなかったんやけどな。ここんとこ隙間鬼が出てくること自体増えてるし、もしかしたら『大干渉』の影響もあるんかもしれへん」  会話をしている間にも時間は過ぎていく。止まない隙間鬼の嘲笑や、宙に浮かぶ無数の時計の針の動きにも、じりじりと気力を削られた。 「祥太郎ちゃん。今は敵を観察しながら体力回復や。焦って動いたらあかんで」 「はい。わかって――」  うなずきかけた祥太郎の心臓がどくんと大きく跳ねる。一瞬、体の輪郭がずれるような感覚がし、耳に届く音が遠くなった。  まずい。――そう思った時には、友里亜の近くにあったテーブルが消し飛んでいた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 骸鬼王と、幸福の花嫁たち【第5部、毎週月水土更新】

    巨大く!硬く!超火力! 怪獣こそ最強!

    35,750

    111


    2021年6月21日更新

    『主よ。弐妃の攻略がつかえているので、今夜にでも壱姫であるエルナを抱いてくれんか?』 「…………は?」 『エルナと同等の魂力を持つ才女を、最低でも七人は娶らねばならんということだ』 「…………は?」 ──これは、決して、ハーレム系ラブコメではない。 これは、かつて《千怪万妖骸鬼ノ王》と呼ばれた久遠真刃の物語。 どんな美しい才女が目の前に現れようとも、真刃の求める魂は、遠き日にある。 だが、素性を隠しつつ、今代で引導師として生きるための必須条件として、七人の嫁が要るという。 これは、遠き時代より訪れた久遠真刃の引導師としての硬派な物語。 ──決して、ハーレム系ラブコメではない。 一応、王道を意識した作品ですので楽しんでいただければ幸いです。 1部ごとでライトノベル一冊分ほどになります。第1部だけでもお付き合いしていただければ嬉しいです。m(__)m ただ、モブのみですが、寝取り描写がありますので、苦手な方はご注意お願いいたします。 □『マグネットマクロリンク』さま『小説家になろう』さま『ノベルアップ+』さま『アルファポリス』さまでも公開中です。 □2019/12/7に改題しました。 □2020/2/1に第1部にエピローグ0を追記しました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21時間10分

    この作品を読む

  • 妖怪警察

    これは、「幸福」を巡る少女の妖怪奇譚

    26,480

    50


    2021年6月21日更新

    これは私の『幸福』のお話。 交通事故で死んだ私は……座敷わらしになりました。 そうして私は妖怪の世界、妖世界で暮らすことになったけど……。 初対面の男の子に「警察で働いてください!」って土下座されてから私の人生……いや妖怪生が変わっちゃいました。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 鬼喰いの浄鬼師~くらえ俺の消臭剤!妖怪・怨霊シュパッと討伐!イマドキの陰陽師が青春と呪術に全力投球!!~

    イマドキの陰陽寮での青春学園ファンタジー

    1,100

    0


    2021年6月20日更新

    平安時代の夜空に浮かぶ消臭スプレー。 そんな異質な一文から始まるこの物語。 レーザーポインターの結界、対魔のLEDライト。鬼を追跡するドローン。 現代アイテムと陰陽道を組み合わせた術を使うのは令和に生きる青年たち。 時には、悪霊や鬼に取り憑かれた罪もない人々に、憑侵除霊(ダイブ)する事で精神世界に侵入。 重力も秩序も無いその混沌とした世界で、制限時間内に取り憑く邪鬼を打ち払え!! 現代に生きる阿形 桃眞(あがた とおま)は、偶然目覚めさせてしまった"黒い鬼"によって両親や友達を殺されてしまう。 間一髪、陰陽師達に救われた桃眞は、令和の時代にも存在する陰陽寮へと連れられる。 一般社会とは隔絶されたその世界で、桃眞は、復讐と大切な人々を守る為に陰陽師となるべく寮生活を始めるのだった。 個性の強い仲間達との寮生活、青春、恋愛。笑いと涙……。 桃眞達は、令和時代と平安時代を行き来しながら真実を追い求め、成長してゆく。 今までに見た事もない、新しい陰陽師物語が君を待っている。 そう……これは、令和時代の陰陽師達の物語だ。 本格的! イマドキな陰陽師の卵がワクワクドキドキの寮生活を送る。 青春ダークバトルファンタジー!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間40分

    この作品を読む

  • 総応援ポイント1,600,000,&PV180,000達成感謝!!! 【最高成績】 総合月間1位 ジャンル月間1位 総合年間3位 ジャンル年間1位 総合累計9位 ジャンル累計6位 ちょっとエッチなハーレムもの! どんどん増えていくヒロイン達は最新話現在では全63人! 推しヒロインをコメントに書いて、貴方の推しを絵でも見よう!好きなヒロインがいれば遠慮なくコメントしてください! 戦乱の世が続く異世界にて、各国は戦争に勝利する為に一人ずつ異世界から勇者を召喚するが、職業と転生特典はガチャで決まる!? 最弱の職業と転生特典を引いた勇者は、努力とチート嫁達の力で成り上がる! ポイントは無くて良いので既読感覚でコメント/スタンプ/ビビッとしてくれると嬉しいです。更新通知が飛ぶのでブックマークはお忘れなく! 作:氏家 慷 絵(キャラ別) アル、メイ、マオ、アイリス、カルラ、ミース、パンドラ、クール、クレア、リぜ、リーナ、ロキ担当:Masamune マーリン、カスミ担当: 紅白法師 エリザベート担当: のーとん シロ、レン、サク担当:ドブロッキィ ロゴ、表紙制作 イラスト専門ライトアーツ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:70時間21分

    この作品を読む