ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

第十五章 迷宮ショッピング

迷宮ショッピング 1

「でー、遠子(とおこ)さんさんがキッって見て、手をサッってやると、みーんなカエルになっちゃうんだっピ。ケムリ人間はいっぱい、いーっぱいいたケド、遠子さんさんは、あっという間に全部をカエルにしちゃったんだっピ! スゴイっピ。強いっピよー!」  棒人間(ぼうにんげん)は、細い手足をぶるんぶるん振り回しながら、熱く語った。 「あっという間に全員カエルになっちゃって、そのあとはどうしたんですか? 遠子さんと棒人間さんが戻ってくるまで、ひと月くらいありましたよね?」 「理沙(りさ)ちゃんさん、それはえーと……ノンビリしてたっピ」 「はい?」 「遠子さんさんのアットウテキなチカラにひれ伏したケムリ人間たちはー、ココロを入れ替えて、ボクたちにも優しくなったっピ。それからイタレリツクセリのおもてなし生活だったっピ」 「彼らは肉体を得た時のためにずっと準備をしていたから、すぐに私たちが滞在する家を建てて、お料理も作ってくれたりして。カエルの身体も慣れれば悪くないらしくて、肉体を持てたことに感謝されちゃった。そのうち頑張って人型に進化するって意気込んでたわ」  飲み物を運んできた遠子もにこやかに口を挟む。マリーは盛大なため息をついた。 「わたしたちの悩みと苦労はなんだったのかしら……」 「あら、だからちゃんと生き残る自信はあるって言ったじゃない。それにこんなに早く戻れるとは思わなかったから、とっても助かったわ。棒人間ちゃんのおかげもあるわね」 「デュフフ、遠子さんさんに褒められちゃったっピ!」 「私と棒人間ちゃんも仲良くなれたものね。レーナさんたちとも和解はしたけど、やっぱり一人じゃないのは心強かったもの。――はい、あーん」  彼女の最後の言葉は、棒人間に対して発せられたものではなかった。 「どう? 今日は桃のムースを作ってみたの」 「……ああ、とっても美味しいよ。腕を上げたね」 「嬉しい! 早苗(さなえ)さんに特訓してもらったのよ。もう一口どう?」 「いや、しかし……やっぱりもらおうかな」 「ふふ。じゃあ、あーん」 「――おい、誰かあのバカップル何とかしろよ」  すっかり二人の世界に入っている遠子とマスターの方は見ず、(さい)はぼそりと言う。 「職場でイチャイチャイチャイチャと。色々バレたのをいいことに開き直りやがって」 「まあまあ才さん、仲がいいのはいいことじゃないですか」 「よし、じゃあ理沙ちゃん。俺たちもイチャイチャするか」 「えー」 「いや、そうやってマジな感じで引かれると……」 「ししょー! ボクがイチャイチャしてあげるっピよ? はい、あーん――って、ケーキ全部取らないで欲しいっピ!」 「だいたいな、あの二人見た目は若いけど」 「誰がBBA(ばばあ)ですって?」 「ぶっ!」 「ぎゃー! きたないっピ!」  いつの間にか近くにいた遠子に驚き、噴き出されたムースは棒人間に直撃した。  じたばたして周囲に残骸をまき散らしそうになったため、マリーの結界により素早く封印される。 「いやいやいや遠子さん、俺はそこまで言ってねーし」 「口は災いのもとよね。――えいっ」  遠子が指をぱちんと鳴らすと、才の姿は一瞬にしてカエルのぬいぐるみへと変わってしまう。  それを見た彼女の顔から、いつもの微笑みが消えた。 「やっぱり。……申し訳ないんだけど、ティータイムが終わったら、みんなに付き合って欲しい所があるの」 ◇ 「トーコが来たかったのって、本当にここなの?」 「ええ」  マリーはぬいぐるみになった才を抱えたまま、もう一度そちらを見て首をかしげる。その先には道がある。管轄区と外をつなぐ道だ。 「(しん)ちゃん。まだここには対魔女用結界が張ってあるのよね?」 「ああ。ここに関しては一応、以前の設定が保たれているよ」 「ここに来ると思い出しちゃいますね……色々。あれからものすごく時間が経ったみたいな気がします」  理沙が珍しくしんみりと言う。  突如現れた『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』。彼が呼び出した『千の顔を持つ貴婦人(レディ・サウザンド)』が消滅したのは、この場所だ。その時には居なかったマスターと棒人間も、黙って結界の方を眺める。 「それで? わたしたちをここへ連れてきて、トーコはどうしたいのよ?」 「それはね。――こうするの」  意外すぎる行動に、誰も動けなかった。  彼女はいきなり走り出したかと思うと、結界へと突っ込んだのだ。 「と――」  誰かが意味のある言葉を口から出す前に、遠子(とおこ)の体は結界をすり抜けていた。勢い余ってごろんと地面へ転がり、尻もちをつく。  少し痛そうにしかめられた顔は、自分でも信じられないというような表情へと変わった。 「ね、見た? 私、ここを通れるようになったのよ! つまり――()()()()()()()()()ってこと!」  そんな彼女の様子を見て、マスターは長い息を漏らす。 「いきなり何をするかと思えば……肝を冷やしたよ。そういうことを試したいなら相談してくれ。君の悪い癖だ」 「そうよ。トーコってすぐ一人で決めて、勝手にやってしまうんだから」 「ごめんなさい。つい」 「まあ、遠子さんらしいといえばらしいのかも!」 「リサ、そのフォローって雑すぎない?」  しかし自然と笑いが起こり、そのおかげで場の緊張はほぐれた。 「でもトーコ、魔女じゃなくなったっていうのは本当のことなの? 結界が確かに反応を見せなかったとはいえ、にわかには信じがたいのだけれど……」 「ちょっとごめん。そもそも魔女だっていうのはどうやって決まってんの? 魔力がとてつもなく強い人ってことじゃなく?」 「祥太郎(しょうたろう)君の解釈は、半分正解ってところかな。魔女かどうかというのは、その者が『因子』を持つかどうかで決まる」  その問いには、マスターが答えを返す。 「因子……ですか」 「ああ。それがあることにより、魔力が非常に高まる。対魔女用の結界も、その『因子』に反応するものだからね。ただ……ある日突然、隠されていた超常の力が覚醒するように魔女となった人の話は数あれど、魔女でなくなった話というのは私も聞いたことがない」 「そうね。実際には、私は魔女のままなのだと思う」  先ほどの意見をあっさりと覆した遠子に、祥太郎の頭はさらに混乱した。 「えぇ……結局どっちなんすか」 「けれど、魔女としての要素――新ちゃんの言った『魔女因子』ね。それが外から隠された状態になってるのだと思うの。源ちゃんの組んだ、優秀な結界を騙せるくらい」 「なんでまた、そんなややこしいことに?」 「それはやっぱり……棒人間ちゃんの力の影響かしら」 「ええっ!? ボクのせいなんだっピ!?」  急に名前を呼ばれ、ぼんやりとしていた棒人間が大げさに驚く。 「私たちを実際に召喚したのは才くんよね? だったら才くんのせいもあるのかも。召喚術ってほら、術者の力量にも左右されるから。強大な存在の力を借りたくて召喚した結果、マスコットキャラにしかならなかった話はよく聞くもの」 「デュフフ、師匠と連帯責任なんだっピ。……でも、せっかく強かった遠子さんさんを弱っちくしちゃったのは、ごめんなさいなんだっピ」 「それは気にしないで欲しいわ。むしろ感謝してるくらい。だって魔女として認識されないってことは、今までみたいに、こそこそ生活しなくていいってことなのよ」 「それなら遠子さん、あたしたちと一緒に管轄区外にお出かけも出来ますね!」 「理沙ちゃんそうなの! ……それでね、早速なんだけど私、行ってみたいところがあって」  言って遠子は、どこからか一枚の紙を取り出した。そこには『新規OPEN!』という文字がでかでかと描かれている。 「えーと、新感覚の体験型ショッピングモール。ダンジョンをさまよいながら楽しくお買い物。……なんだこの不安しかないコンセプトは」 「わたしも予知能力者じゃないけれど、トラブルの予感しかしないというか……」 「えー、そうかなぁ。あたしは楽しそうだと思います! だって、ちゃんとしたお店ですよね?」 「ええ、あのジョルジュ・ディーも出店してるの」 「やっぱりわたしも楽しそうな気がしてきたわ。――というか、ここのところ忙しかったとはいえ、出店どころかショッピングモールの話も全く知らなかったんだけれど」 「サプライズで、オープン直前まで情報が伏せられてたみたいよ。ね、これからみんなで行ってみない?」 「ボクも行ってみたいっピ! お邪魔はしないで、おとなしくしてるっピよ!」 「私は仕事があるから行けないが、皆で楽しんできたらどうだね?」  ぬいぐるみ状態の才は一言も発しない。そこまでして断る理由も見いだせなかった祥太郎もうなずき、ショッピングモール行きは決まった。  ――その先で、不安が現実のものになるということを、彼らはまだ知らない。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

    一風変わった異世界ファンタジーになります

    300

    0


    2021年6月18日更新

    竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む