ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:1分

プロローグ ~謎の求人広告~

物体転移(ぶったいてんい)が得意な人材急募。寮完備』  伊村祥太郎(いむらしょうたろう)がその広告を見つけたのは、ゲームにも飽き、何気なくネットを眺めていた時のことだった。 「なんだろ、これ。ジー・ケイ・エー……?」  思わずつぶやく。さっきまで健康食品のPRだったような気がする。  そこには会社の名前なのだろうか、『GKA』という文字と、住所が書かれているだけだった。電話番号もメールアドレスもない。 「うわー、怪しいなー」  しかし同時に、自らの中に湧き上がる思いを強く感じる。  祥太郎は、転移能力者だ。  だが今の世界では、異能者の力は政府から発行される『ミュート』と呼ばれる腕輪で制限されている。出来る事といえば、近くまで移動したり、荷物を少し先へと運んだり。走ったり手で運ぶのと大して変わりはしない。  それが異能力を持たない人たちとの共存の道だというのは理解できるのだが、やっぱり生まれ持った才能を思い切り発揮できないというのは、もどかしいものがあった。  そんなモヤモヤを抱えつつ、何となく大学を受験したが上手く行かず、これからどうしようと考えていたところだ。  迷いはすぐに吹っ切れた。  祥太郎は狭いアパートから、朝の街へと飛び出していく。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • 【もうエンディングは】三度目の勇者【見たくない】

    奇想天外! ドタバタ亜種ファンタジー!!

    3,600

    0


    2021年6月23日更新

    「やった! やったわ! これで世界は平和になるのね!」 「……お父さん、お母さん……。私、仇を討ったよ……」 「僕達の手で……ついに魔王を倒すことができた……!」 魔法使い、盗賊、僧侶が順々につぶやく。 共に旅した仲間たちだ。感極まって震えているヤツまでいた。 俺は改めて周囲を見渡してみる。 石造りの城はあまりにも無機質だった。ひんやりとした床には魔王が倒れている――俺たちが倒したんだ。最期はあっさりしたものだった。 俺は刀を鞘に納め、心の中でこう言った。 まあこれ二周目なんですけどねえええええ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む