ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

そこそこのチカラ 2

 ミーティングルームには、マスターの他に三人の人物がいた。  一人は四十がらみの男。すらりとした体躯(たいく)に上等なスーツを身にまとい、どこか鋭さを秘めた目でこちらを見ている。  その両脇には黒のパンツスーツと、藤色の着物姿の女。どちらもかなりの美女で、男と一回りは年齢が違いそうだ。パンツスーツの女は背が高く、やや神経質そうに目を細める一方、小柄な着物の女は唇に艶やかな笑みを浮かべているのも対照的だった。 「急に呼び出してすまなかったね。こちらは三剣源二(みつるぎげんじ)異種技能審議官(いしゅぎのうしんぎかん)。それから……」 「秘書官の桜木(さくらぎ)と申します」 「同じく秘書官の、江上友里亜(えがみゆりあ)ですー」  パンツスーツの女は折り目正しく、着物姿の女はぴょこんと頭を下げる。 「彼だけが初対面ですね。こちらは伊村祥太郎(いむらしょうたろう)君」 「あの……伊村です。初めまして」 「噂は聞いているよ。転移能力者だったね」 「は、はい」  いつものミーティングルームへと突然やってきた大物に、祥太郎は緊張を隠せなかった。その姿を見て、源二は(ほが)らかに笑う。 「緊張せずとも良いよ。ところで、あいつはどうしたのかね?」  後半の言葉は、マスターへと向けられたものだった。曖昧(あいまい)な表情を浮かべる彼を見ながら、ふとあることに思い至る。 「あれ、『三剣』って、もしかして(さい)の……?」  その時、部屋のドアが大きな音を立てて開いた。 「ちゃーんと、俺もいますけど」 「才! お前、気がついたのか?」  才は薄ら笑いを浮かべながら、つかつかとこちらへやってくる。 「何言ってんの祥太郎ちゃん、俺はずっと元気ですけど? ちょっとばかし登場のタイミング考えてただけで」 「うわクサっ!」  顔を近づけ(すご)む才の口からは、覚えのある異臭が放たれている。鼻をおさえたままドアの方を見ると、遠子(とおこ)がピースサインをしていた。 「おやおや、いつもながら威勢(いせい)だけは良いようだ」 「俺のいないところで勝手なこと言われても困るんでね」 「図体(ずうたい)ばかりデカくなっても、中身は相変わらず小さいな。――伊村君、いつも不肖(ふしょう)の孫が迷惑をかけているだろう。すまないね」 「そうです――いやいや別に。ん? 孫? ――今、孫って言いました?」  審議官が才の身内だという驚きはどこかへ吹き飛んでしまった。せいぜい若い父親という風貌(ふうぼう)だが、冗談を言っているようには見えない。  慌てて周囲に視線を向けるが、やはり祥太郎以外はなんの反応も見せてはいなかった。 「ジジイのクセに若作りしてんの。笑えるだろ? 祥太郎」 「あふれ出る才能と魔力を何に使おうが勝手だろう。なあ伊村君」 「そうやって若い女引っかけてばっかで、何かありゃ有能な取り巻きに揉み消してもらってんだろ? いい年してみっともない。また秘書官も変えたのかよ」 「はぁ? お前にはそんな度胸も力もないだろうがこのヒヨッコが」 「まぁまぁ、二人とも」  二人に挟まれ、固まっている祥太郎の背後から、遠子がにゅっと顔を出す。 「似たもの同士で喧嘩しないの」 「どこが似た者同士なんだよ遠子さん!」 「そうだ、どこが似ているというんだね!」  ツバを飛ばしながら抗議する顔までそっくりだが、そう言いたい衝動(しょうどう)を祥太郎はぐっとこらえる。  そこへ、マスターの大きな咳払(せきばら)いが響いた。 「審議官、そろそろ本題に入りましょうか」 「……ああ、そうだったね。すまんすまん」  源二もひとつ咳払いをすると、桜木と名乗った秘書官へと目配(めくば)せをする。彼女は手早くバッグから、二つの筒を取り出した。 「はい、伊村君」  それを受け取ると源二は、すぐに祥太郎へと渡す。 「あ、はい。……何ですかこれ?」 「こちらが雷火御前(らいかごぜん)の分の賞状。こちらがマレーユ・ルディアスの分だ」 「はぁ」  中を見てみると、しっかりとした紙に、格調高いフォントが使われた賞状が入っていた。もっときちんとした表彰式のようなものがあるのを思い描いていただけに、祥太郎は拍子抜けしてしまう。 「お茶でもいかがですか? お客様」  そこへ遠子が盆を片手にやってくる。すると源二はあからさまに嫌そうな顔をした。 「私は結構」 「あら、毒なんて入っていないのに」 「もう賞状は渡しただろ? 用が済んだならさっさと帰れよ」 「私だって忙しい中来てるんだ。『アパート』の最高責任者として、時に視察もせねばならない」 「だからこのアパートだってちゃんとやってるだろ! 犯罪者だって二人も捕まえたんだぞ」 「それは良い。しかし雷火御前の発見は、シミュレーターの故障が原因と聞いておるぞ。お前の提案がもとで導入された」 「そ、それは……」 「しかもつながったのは異世界ではなく、過去世界だ。それによって歴史の一部も変わってしまった。今のところ大きな影響は観測されてはいないし、雷火御前をあのままにしておくよりはマシという判断にはなっているがね」  源二は一つ大きくため息をつく。 「それで? 今度はコンピューターとお前の能力の連携を強化し、アパート管轄地域(かんかつちいき)の警戒に役立てると。全く下らん」 「なんでだよ! もう『ゲート』に対しての実績はあるだろ? シミュレーターとは違うじゃんか!」 「お前が、自分の能力を(みが)く努力を(おこた)らなければ良いだけだろう。大体費用がかかりすぎる」 「俺の能力を、皆が活用できるようにすることのどこがいけねーんだよ!」 「重要度の低いこのアパートに、これ以上の予算を割くわけにはいかない」 「そんな、このアパートばっか目の敵にしなくても……!」 「別に目の敵になどしておらん。狭い了見(りょうけん)は捨てることだ」 「くそっ!」  才はこぶしを握って震わせる。そして再び源二を(にら)むと、早足で部屋から出て行った。 「騒がせたね、失礼。……さて、手洗いはどこだったかな?」 「前回いらした時も行ったはずだけれど、もう忘れちゃったのかしら?」  くすりと笑う遠子を、源二がぎろりと見る。落ち着きかけていた空気が、また張り詰めた。 「大体君は――」  ズバン。  その時、突然起こった大きな音に皆、驚いてそちらを見る。 「ああ、申し訳ない。ちょっと足をぶつけてしまって」  マスターは照れ笑いを浮かべるが、近くにあったテーブルは無残(むざん)にも変形していた。 「審議官、ご案内しましょう。こちらへ」 「……ああ、わかった」  硬い表情で様子を見守っていた秘書官たちにも声をかけ、四人は外へと出ていく。  ドアが閉められると、今度こそ部屋は静かになった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 前野結衣子には感謝している

    中学生の恋愛短編小説です。

    33,000

    2,620


    2021年5月26日更新

    ■はじめに 中学生の恋愛短編小説です。 男子中学生の会話と主人公の心情吐露をお楽しみください。 ■あらすじ 中学三年の修学旅行、最後の夜。 もっとワイワイ楽しみたい! まだ寝たくない! そんなクラスメイト全員(男子)の願いは、思わぬ形で叶うことになる。 先生の見回りが終わった消灯後、クラスイチの不良である盛岡から出た衝撃の提案。 それは「好きな子の名前を言い合う」暴露大会だった! 正直に好きな子の名前を言うのは恥ずかしい。そんな勇気が出ない。 そんなことを考える僕――秋元(アッキー)だったが、クラスメイトの気持ちを知るにつれて、少しずつ心境に変化が現れる。 □◇□◇□◇ 勇気が出なくて言いたいことが言えなかった。行動できなかった。 そんな経験をされた方にぜひ読んでいただきたいです。 写真はクラスメイト(男子)たちが集まっている様子をイメージして撮影しました。 公園で松ぼっくり拾いを頑張りました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む