ミステリー 短編 完結済

リップスティックはローズダスト

作者からの一言コメント

花茨女子高で漂った異臭。真犯人は誰か?

読了目安時間:23分

総エピソード数:5話

花茨女子高で、とある生徒からした異臭。それは、高校生には似つかわしくないものだった。「探偵の君」こと躑躅森景の推理で見えるものは。 ◎ 女子高を舞台にした日常の謎です。真犯人より、犯行方法の方が謎かもしれません。 ミステリー短編小説コンテストに際して書いたものになります。

総エピソード数:5話

作品情報

作品名 リップスティックはローズダスト
作者名 朝野鳩
ジャンル ミステリー
タグ 日常の謎コン ミステリ 日常の謎 女子高
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月27日 23時30分
最終投稿日 2020年6月29日 17時00分
完結日 2020年6月29日 17時00分
文字数 11,552文字
読了目安時間 23分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 3件
コメント 3件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 美少女クレーマー探偵と夢殺し完全犯罪論信者

    女子高生クレーマーが紡ぐ青春推理ショー!

    18,950

    1


    2022年11月30日更新

    「美少女クレーマー」。近隣の店にクレームばかり付けていることから、そんなニックネームを付けられた怒りっぽい女子高生、菜野香(なのか)。 彼女がある時、不思議な相談を受ける。 「そのクレームで、あたし達の夢を再起不能になるまで砕いてはくれませんか」と。 依頼者はナノカとは違った学校に通う、女子高生作曲家。彼女は独断で「夢を追う会」を作って活動を始め、協力してくれる人を探していたらしい。 ナノカはそんな時、僕を誘った。 「ちょっと情真(じょうま)くん、手伝いなさいよ」 一人で協力するより二人でやった方が手伝いができると協力させるのが僕だった。ナノカといれる時間が作れる、なんて利点があった僕は「いいよ」と返答してしまう。 それが夢のない僕への拷問になろうとも知らず。 夢を追う人間達の中でとんでもないトラブルが起きていることも分からず。 夢を追う人達が明るく、素敵に一人の命を奪おうとしていることにも気付かずに。 日常の謎に挑みつつ、高校生達の心に焦点を当てた人の死なないラブコメ青春ミステリー、開幕! 「カクヨム」でも連載する予定でございます。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 殺せない殺し屋と死にたがりの少女

    演劇用台本を小説用に整えました

    0

    0


    2022年11月30日更新

    あらすじ 殺し屋が目覚めると、そこは扉を固く閉ざされたビジネスホテルの一室だった。 そこに現れたのは、お面をつけた謎の少女。 少女は殺し屋に告げる 「私を殺して」 ルール無用の心理戦の火ぶたが切って落とされる。 ※もともと別のサイトで同名義で公開していた声劇用台本を小説用に 調整したものになります。 別サイトで公開している方は完全移行後、削除いたします。 続きを書くかどうか、に関しては他の作品の進行具合に左右されます。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る