Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

曲について語る。大体一曲200文字程度の短い文章で終わらせたいと思います。

読了目安時間:1分以内

Yesterday The Beatles

 「Yesterday 」この名曲を知らない音楽好きは居ないであろう。この曲はどこか懐かしさを覚える曲であると私は思う。ポップさを感じされながらも哀愁さも感じされられる曲風であると私は思う。この曲はとてもバランスが良いと考える。ポールの歌声と楽器の音色が絶妙なまでにマッチし、聴いていて本当に心地が良い。この曲自体短く、一度聴いてしまうと何回もリピートしたくなる欲望に囚われる。これを読んでいる読者も一度で良いので、聴いてほしいと思う。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • いとをかし

    なんとかなるべ(血の涙&反吐)

    1,800

    0


    2021年7月30日更新

    ここはる40歳、半ば自業自得つつも転職を決行! 天国か地獄か……はてさて。 小説家(書籍化)を目指して自堕落に、一人娘と自分の為に生きまっしょいw よろしくお願いしますw

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 絵と物語とつぶやきと

    ぽつぽつ書いて、描いてみます。

    256,060

    582


    2021年7月29日更新

    絵だけでは飽き足らず、文章もちょいちょい書こうかな…そんな感じで気軽に始めます。 らくがきは、とてもラフですが毎回あげていこうかと。 ※フリーイラストではありませんので、無断使用はご遠慮ください。 ※只今、らくがきを使用していただけます。使用希望の方は申し出て頂く必要がありますので、詳細についてはエピソード050をご覧下さい。

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の物語―妖魔師―(表紙あり)

    妖魔師誕生の物語/本編の妖魔師もどうぞ!

    3,700

    20


    2021年7月29日更新

    これは【伝説の妖魔師】と呼ばれる、始まりの妖魔師【東城 春玄】とその相棒の妖魔たちが、この世の平和の為に奮闘した、誰も知り得ない物語。 妖魔と人間が争う混沌とした世界。東城春玄は陰陽師として日々、悪霊と呼ばれる妖魔と戦い続けていた。 平和を乱し、暴れる妖魔たち。しかしその中でも平和を、人と共存することを強く望む白狐の幼い妖魔、【白蓮】と出会う。 陰陽師として妖魔は悪……しかしそれに強い違和感を覚えていた春玄は白狐の妖魔白蓮、化猫の妖魔風丸、幻狼の妖魔紫幻とともに、影から平和を導く者【妖魔師】としてこの世の混沌に立ち向かう。 妖魔と人間が為す奇跡。 妖魔師誕生の物語。 ご要望にお答えしまして、設定資料の中で眠っていた始まりの物語を執筆します! AN/杏様に表紙を描いて頂きました。ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む