ミステリー 短編 完結済

レインボーカラーのわっかと筋肉

作者からの一言コメント

自主企画「毎月入る注文の謎」向け

自主企画「毎月入る注文の謎」向けの筋肉小説です。脳筋大「推理小説と筋肉部」の面々は、ハンドメイドの犬のおもちゃが毎月大量に買われるという謎に挑む。依頼主からの、転売されているのではないか? という疑問に対して、マッチョたちは脳みそという筋肉をフル活用して転売以外の利用法を考えていく。果たして、脳筋たちに、転売ではないという合理的な解釈はできるのか? 全身が筋肉である彼らが各々の推理を披露し終えた時、ただ一人、非マッチョな主人公の妹が、一番合理的な回答にたどり着く。 ※この作品の本質はミステリーではありません。この作品は筋肉小説です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 レインボーカラーのわっかと筋肉
作者名 佐藤・ナイスバルク・駆
ジャンル ミステリー
タグ 毎月入る注文の謎 マッチョ コメディ 筋肉 脳筋 ノベプラオンリー R15 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月17日 14時51分
最終投稿日 2020年10月17日 15時03分
文字数 6,725文字
ブックマーク登録 2件
コメント 9件
スタンプ 12件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 友人が神になって暴走してるのでシバきます

    ♡208,400

    〇859

    現代/その他ファンタジー・連載中・51話・112,488字 Maw

    2020年10月31日更新

    ※第1章 鬼ごっこ編 完結 奇怪な能力を持つ同級生たち。 僕はそんな彼らの力を“特質”と呼んでいる。 この学校には何故かそういう生徒が一定数、存在する。 「なんで君たちは変な特質しか持ってないんだ」 『それが現実だよ。見栄え良くて強いとかいう都合の良い能力なんて空想の世界だけだと思う』 「で、お前の特質は何だ」 『僕は何時間でも水中で泳いでいられる』 つ、使えねぇ! そんな異質な能力を持つ学生たちが送る非日常な物語。 ______________________ 中学校のとき、友達が身内がそのまま登場する学園物ファンタジーみたいな話を作っていて、身内同士ではかなり面白かったので内容を覚えてるうちにここに書いていこうと思います。 かなりカオスな身内ネタです笑 学園物で変な能力バトル系(まともな能力もある)でギャグもありみたいな内容です。 身内が登場すると言いましたが、ここでは本名ではなく、架空の名前を使います。 興味のある方は読んでみてください。 ちょっと変な能力の一部を紹介。 オナラで空を飛んだり、自分のよだれを足の裏に塗って滑走したり、地面に埋まって巨大なブロッコリーを大量に生やして敵の動きを封じたりとまぁまぁカオスな能力が出てきます。

  • 第二回一次審査突破二次審査落ち

    ♡46,810

    〇110

    恋愛/ラブコメ・連載中・25話・324,509字 しろん

    2020年10月31日更新

    箱入り娘の女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしはハードルが高い。 そんな柚葉の元に、かつて遠くに旅立った幼馴染みの少年が帰って来た。 大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 ……何だかちょっと噛み合わない二人が、仲良く二人暮らしなんて出来るのだろうか。 お嬢様と執事の恋愛譚、始まります。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る