現代/その他ファンタジー 長編 完結済

時追人

作者からの一言コメント

時×現代風ファンタジー、開幕。

時シリーズ3作目は陽下という国にある都市・堂響が舞台。 特殊な生い立ちをしている青年、美羽 一時は夜の仕事――ホストとして働く日々を送っていた。 ある日、居候先である時雨家の娘・時雨 姫美華と共にある物を受け取る。 送り主は1年前に行方不明となった姫美華の父史紀麻からのものだった。 開けるとそこには、小さな懐中時計が一つ。さらにその懐中時計は喋り始める。 『私の名は、時の巫女――トキネ』 彼女は史紀麻が時の破壊者によって囚われているということ、そして探し出したいということを二人に告げる。 二人は史紀麻の行方を追うと共に、少しずつ【時】に関する出来事へと巻き込まれていくのだった――。 キャラ一覧:https://www.uchinokomato.me/list/show/29105 時シリーズ3作目ですが、一応この作品からでも読めます。 ※他の時シリーズを読んでいると知識や状況等がスムーズだと思われます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 時追人
作者名 空鳥ひよの
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代風ファンタジー 時シリーズ 男主人公 長編
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月10日 1時00分
最終投稿日 2020年9月14日 17時00分
文字数 109,923文字
ブックマーク登録 12件
コメント 5件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメ

    ♡61,100

    〇410

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・19,555字 朱坂ノクチルカ

    2020年10月25日更新

    とある休日の黄昏どき、再就職を控えた青年・苗代沢は「真っ白な少女」をめぐる誘拐事件に巻き込まれた。窮地に陥る苗代沢だったが、とあるジンクスによりアウトローに生きる友人・ミソノに結果として助けられることに。とはいえ、困った「巻き込まれ体質」の苗代沢にとっては珍しいことではなかった。だから流してしまった。これにより、苗代沢は世界の裏側で暗躍する者たちの「化物探し」に呑みこまれたというのに。 気づけば真っ白な少女は幻のように消えていた。そうして、苗代沢の周囲で奇怪な事件が発生し始める。事件ではない。それは遠い過去から続く連続的な計画だった。たとえば、いたずらに消費された無垢な少女たち。とある化物を発端とする脆弱性と、十五年前の東京タワー爆発事故。国家権力の介入できない宗教組織の凶行を誘う、欠け落ちた神様のかけら。地下にうごめく秘密結社の統治者はとっくに狂っていて、世界はもはや取り返しがつかない。 緩慢に現実性を失いつつある世界で、変わらぬ日常を求め続けることは間違いらしかった。 であれば、いずれ来る世界の終わりに。 「君」を撃たねばならない。 —- 毎週日曜21時に更新します。 ローファンタジー作品ですが、そこに息づく人々のヒューマンドラマをしっかり書いていきたいです。

  • 新たな戦いの幕開け。現在第一部改稿ちう

    ♡9,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・16,922字 ぷりん頭

    2020年10月30日更新

    梓玉蓮を倒し、春海に、妖魔師たちに平和が訪れていた。 以前より充実した学校生活を送る秋だったが、怪魔界での謎の怪魔が頭から離れることは無く、それが心残りだった。 静まり返る春海の深夜。 白蓮とともに、怪魔の出現がないか春海を歩く秋たちは突然辺りから漏れ出した妖気の原因を探るべく小さな祠の場所に向かった。 他の妖魔師たちも集まったところで、夜空に光り輝く青色、朱色、白色、黒色の珠が現れ、祠から発せられる妖気を吸いあげた。 すると四つの珠の中心に、黄金に輝く珠が出現したかと思えば、四つの珠は四散し、黄金に輝く珠は錆びたように汚れ足元に落ちるのだった。 そして事態は急変していく。 各地に巡るこの世を支える霊脈が、昨晩突如として乱れ、世界は崩壊の危機に陥ったのだ。 霊脈の根源である、【王龍の魂】が何者かによって犯され、光を失ったことで均衡を保てなくなり、霊脈の守り主である四聖獣たちも居場所を失い、その魂が四散してしまったのだ。 一刻を争う事態に妖魔師たちは四聖獣を従えて、何者かによって犯された、王龍の魂の光を取り戻す使命を与えられた。 待ち構えるのは茶髪の少年と緑髪の少女。 そして不気味に笑うもの。 妖魔師たちの新たな戦いの火蓋がきって落とされた。 第二部 四聖獣の魂始まり始まり(10/13)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人間兵器として生まれた女の子のお話。

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話・30,687字 京ヒラク

    2020年10月24日更新

    「法石」と呼ばれる神秘なるエネルギー鉱石によって文明が成り立っている世界。しかし人類に多くの恩恵をもたらす「法石」は人類の脅威である〝ケモノ〟を倒すことで手に入れるしかなかった。人類はこの〝ケモノ〟に怯えながら、壁によって守られた都市を中心に限られた安全な場所で暮らしている。 これはそうした人類を〝ケモノ〟の脅威から守り資源を回収するために、異能を持った遺物「神器」を振るい戦う「聖女」と呼ばれた「神器兵」たちの物語。 ※「小説家になろう」、「カクヨム」にも投稿しています。 また、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 終末が舞台の物語です!

    ♡9,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・52,094字 クソクラエス

    2020年10月31日更新

    人類のほとんどが戦争によっていなくなった終末世界。 とある研究所の研究員だった南野シゲルは破壊されたビルの調査中、ボロボロになった機械の少女を発見する。彼の手によって修復された彼女は自らを「D-03」と名乗るもどうやら名前以外の記憶を失ってしまっているようで……