連載中 長編

麦穂の乙女と三人の竜 ― Dragon kingdom ―

作者からの一言コメント

白竜との出会いが、愛憎の悲劇の幕を開く。

少女エフィミアは、村の近くで騎竜兵に追われる白い竜を目撃した。 その時から平穏な日常は一変、理由も分からないまま王国軍に追われる身となってしまう。 そんな彼女に助けの手を差し伸べた謎の青年。 少女を追う若き騎竜隊長。 白竜を求める美しき少年王。 竜にかかわる三人の男達が様々な思惑と感情を秘めて、国をも揺るがす事件へとエフィミアを巻き込んでいく。 竜の棲むドラディア王国を舞台にした、愛と憎しみが絡み合うダークファンタジー。 ※毎週 月・水・金 20時30分に更新 ※何年も前に他サイトにて別名義で掲載していたものを、修正・改題した作品です。 ※魔法のiらんどにも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 麦穂の乙女と三人の竜 ― Dragon kingdom ―
作者名 入鹿なつ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス 女主人公 西洋風 R15 ドラゴン 竜騎士 少年王 恋愛 愛憎劇
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年12月8日 7時10分
最終投稿日 2020年7月10日 20時30分
文字数 122,939文字
ブックマーク登録 34件
コメント/スタンプ 90件
応援ポイント 65,300pt
ノベラポイント 55pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ★7/8 外伝投稿★ 小説×漫画の挑戦 

    ♡212,550

    〇5,600

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話 degirock

    2020年7月8日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版についてはとうまのTwitterアカウントへどうぞ (https://www.pixiv.net/users/1125628)

  • 人の数だけ世界は違って見える

    ♡160,900

    〇6,283

    異世界ファンタジー・連載中・31話 シキバヤシコ

    2020年7月6日更新

    魔王復活の兆しを受け、再び始まるであろう闘いに、初代勇者は憂いていた。 魔王は何故この世界に生まれたのか、勇者は何故その度に異界から召喚しなければならないのか。 繰り返されるこの戦いは、何故終わらないのか。 救えなかった<あの人>への罪を背負ったまま、年老いて前線を退いた今も、何を持ってすればすべてを救うことが出来るのかを模索していた。 一方、この世界に生きる人々は、それぞれの悩みを抱えながらも日々を懸命に生きていた。 ある者は、世界を護る為に。 ある者は、真実を知る為に。 ある者は、傍らで見守る為に。 ある者は、罪を贖う為に。 複雑に絡み合う彼らの関係は、とある人物を廻り、やがて一つの事実へと繋がって行く。 ****** パズルピースのように、それぞれのキャラ視点で、現在・過去の物語が少しずつ明かされながら進んで行きます。 何の変哲もない日常的な話が点在し、全ての断片を拾い集めつなぎ合わせれば、少しずつ世界が見えて来ます。 基本一話完結の群像劇型、ほぼ繋がってます。 ※十年程前に書いたものを今風にリメイクしているので、拙い上に表現が古臭いかも知れません ※時々こっそり加筆修正していたり、気が向けば挿絵が入っていたりすることもあるかも知れません。 ※異世界に召喚された勇者の活躍はあまりありませんので悪しからず。むしろ元々いる住人の話が主体です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る