SF 短編 完結済

もし天国があるのなら

作者からの一言コメント

稼働停止まで、あと5分。

人型ロボットが普及した世界。 主が死んだ家で、一体のロボットが稼働を停止しようとしていた。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 もし天国があるのなら
作者名 水沢ながる
ジャンル SF
タグ シリアス ロボット 未来 AI
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月1日 19時00分
最終投稿日 2020年8月1日 19時01分
完結日 2020年8月1日 19時01分
文字数 3,361文字
ブックマーク登録 8件
コメント 4件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 11,200pt
ノベラポイント 165pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡299,900

    〇3,337

    歴史/時代・連載中・88話・109,791字 八島唯

    2021年1月19日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』様にも掲載しております。

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡92,200

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・54話・117,684字 べるえる

    2021年1月18日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 HJ大賞2020後期に応募しました!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人外要素多めの連作短編小説

    ♡14,510

    〇0

    SF・連載中・113話・600,179字 ズイ

    2021年1月19日更新

    人間は絶滅し伝承上の生物となった。今や文明を築くのは、自らを「人」と称する亜人達だった。 そんな世界で活動する宗教組織『三足教』。教団の主神である三足鳥は世界平和を目指し、虫に似た男ヒロ、死体に似た女アヤ、トカゲに似た男シノ、機械に似た女ヨモ、人に似た男イサを部下とし、世界へ介入していく。 それはそれとして、部下の五人は色々考えたり考えなかったりしながら日々を過ごす。三足鳥の啓示の内容は多種多様。果たして、世界を平和にすることはできるのか。

  • 挿絵マシマシ!ファンタジーロボット短編集

    ♡761,250

    〇1,725

    SF・連載中・46話・140,150字 聖華世界制作委員会

    2021年1月19日更新

    ------------ 「科学が魔法に成り代わったところで、人はちっとも変わらない。グズで愚かで煩わしくて、どこまでいっても人は人。 読めば分かるさ、世界の全てを記録した僕の魔導書【クロノファンタズマ】を、その指先で摘まんで開けば。」 科学は魔法へ、旧人類は新人類へ── 遥か未来の地球、人が作り出した魔力を駆使する異能の生命体「新人類」の反乱により、高い科学技術を極めた人類はその技術もろとも駆逐された。 その後も新人類同士の争乱が続く世界で生きる、人、亜人、魔族…そんな彼らを微睡みの合間に見下ろすのは、世界を司る三女神が一神【刻限の女神クロノス】。 その御手に収まる、世界の全てが記録された魔導書【クロノファンタズマ】には、遥かな時を重ねて尚「人」として生きる者々の物語が紡がれ続けていた。 魔導仕掛けの人型機械兵器・装兵を中心に広がるシェアワールド【聖華世界】による、記録者達のファンタジーオムニバス。 世界観wiki: https://w.atwiki.jp/souhei_world/ ※備考 ・こちらの作品は多人数参加形式の短編集になります。 ・作品ごとに作者が違います。 ・コメントへのリプライは企画代表者が行います。 ・基本的にどの作品から読んでも楽しめるようにできています。気になったタイトルをお手に取って頂ければ幸いです。 ------------