完結済 短編

星の海原を渡って

作者からの一言コメント

月の船に乗って、星の海を渡ろう

病弱なアメリアは、眠る前に夜空を眺めることを楽しみにしていた。 そんな生活が続いていたある夜、窓辺に一羽の梟が舞い降りる。 「月の船」への特別な乗船券を運んできた梟に導かれ、アメリアは家を飛び出した。 果たして、月の船に乗ったアメリアはどこへ連れて行かれるのだろうか?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 星の海原を渡って
作者名 黒江零
ジャンル 文芸/純文学
タグ メルヘン ファンタジー メリーバッドエンド 短編
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月2日 8時49分
最終投稿日 2019年12月2日 8時50分
文字数 3,719文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡1,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・3話 藤也

    2020年7月7日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

  • 力こそが正義。そのための異能力。

    ♡17,800

    〇300

    現代/その他ファンタジー・完結済・77話 智慧砂猫

    2020年7月12日更新

    異能。それは突如として人々の中に目覚め始めた。最初こそ数の少なかった異能者たちだが徐々に数は増え、彼らを脅威とした政府や異能を持たない人々は彼らを地下に隔離することを決めた。――それから数十年。地下は異能を用いた犯罪行為が横行し、徒党を組む者たちが現れる。しかしこれを止められず、政府が対応に追われる中で打ち出した策は、地下都市の更に地下に存在する施設に収容された最も危険とされる異能者〝百鬼 楓〟に頼ることだった。当然、百鬼は条件付きで仕事を請け負うが、自分の担当である男・佐々岡を始めとした政府側の人間が何か企んでいる、と密かに調べを進めながら地下都市を掌握していく。やがて彼女は自分さえも計画の一部であったことを知り――――。 ※『小説家になろう』様にも掲載されております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 本当に意味のないやつです

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・1話 Iwashi184

    2020年7月12日更新

    意味はよくわからないようなカッコイイ単語を並べるだけの文章です。 これを意味不明と思うならきっとあなたは正常だとおもいます。 進研ゼミのルールに従い四百字以下で書こうと思います。 ちなみにこちらの文章を定期的に進研ゼミに送りつけてやろうとおもいます。 主人公もいなければ何もない文章です ジャンルが本当にわかりません助けてください

    タグ:

  • 過去作トリビュート(Part2)。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話 christmas

    2020年7月12日更新

    自らの記憶を辿る旅を続けています。というワケで、敢えてリライト無し★ 原稿用紙10枚ほどの短編です。