異世界ファンタジー 短編 完結済

私の御主人様

作者からの一言コメント

勇者の飼い犬が語る、勇者の魔王討伐譚

読了目安時間:10分

 私は犬である。  私の御主人様は、人から『勇者』と呼ばれている偉大な存在らしい。  これは、そんな御主人とその飼い犬たる私の日々の暮らしを描いた物語である。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 私の御主人様
作者名 高柳神羅
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 勇者 R15 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月2日 16時14分
最終投稿日 2020年7月2日 16時15分
完結日 2020年7月2日 16時15分
文字数 4,887文字
読了目安時間 10分
ブックマーク登録 4件
コメント 2件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リア充爆ぜろ委員会

    女以外は虫けらだ

    113,100

    100


    2021年6月17日更新

    カップルを見たら、どんな手を使っても別れさせろ。 この春、最上級のお嬢様学校の私立慶蘭《けいらん》女子高等学校に入学した真面目な由宇と、自由人の理亞。 部活に入らなければならない校則で、軽音部に入りたかった由宇。しかし、理亞は、面白そうと言う理由だけで、由宇を無理矢理「リア充爆《は》ぜろ委員会」へ引きずり込む。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • ヒーローは1日にして成らず?

    ★6/15更新『漫画を読む様に小説を』

    627,800

    32,505


    2021年6月15日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む

  • 大賢者シルヴィエの不本意なセカンドライフ~幼女だなんて聞いてない~

    悠々自適な余生が……幼女!?

    9,300

    0


    2021年6月18日更新

    かつては聖女として名を馳せ、退位後も研鑽を積み続け、膨大な魔力と知識を持つ賢者シルヴィエ。 彼女は魔王が復活し世界が震え上がった時も果敢に勇者パーティに参加しその力で彼らの手助けをしていた。 そして旅の最後の魔王封印の際、シルヴィエは仲間を逃がす為、己が犠牲となった。 「私はもう十分生きた! お前達は若いんだからまだこれからだろう」 最後の魔力を使い果たし、もはやこれまで……と思われたが……。 「……なんだこれ」 なぜかシルヴィエは『幼女』になっていた。 本人も仲間達も国も困惑する中で、シルヴィエの第二の人生がはじまるのだった。 家庭教師を務めるチビ王子達は言うことを聞かない、仲間の勇者は子供扱いをしてかまってくる、おまけにかつての教え子の第一王子がシルヴィエに一目惚れ!? これは悠々自適な余生を過ごすはずだったシルヴィエの不本意な日々の物語。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む