最強勇者の夫~陰であなたを支えます。

読了目安時間:1分

トーレムグレイグ

LV5 プレゼント

もう少しで結婚してから1ヶ月を迎えようとしている。 フミヤは考え込んでいた。 ヴィオラに一か月記念のプレンゼントを考えてるのである。 「んーーん。」 ピーン! ヴィオラと一緒に暮らしてから 折れたフォークとスプーン その数 118本 「煩悩かよ。」 「ヴィオラの力に負けないフォークとスプーンを作ろう。」 ガジに鍛冶職を習ってからというもの 少し錬成にハマり 家の外に錬成台を設置し 鍛冶道具を一式揃えたのだ。 「この素材を使うか、じゃーん。」 それはヴィオラが倒した魔人から手に入れた 魔人の角である。 魔人の強さは角の多さで決まる。 今回は2本角の魔人であった。 魔人角はかなりの高級品で街で売れば 数百万イエンはくだらないないだろう。 「少し硬度があるが、細い道具を作るくらいなら 今の鍛冶スキルでもいけるだろう。」 さっそくフミヤは製作にかかる。 トンカントンカン。 「難しいな・・・。」 トンカントンカン、トンカントンカン。 トンカン・・・ さすが、レアアイテム。 一日で完成するような代物ではなく フミヤは毎日『モンペロ』で仕事をしては 家に帰り フォーク・スプーン作りに励んだ。 そして・・・ 「完成だぁ。」それができたのは記念日の一日前だった。 *フミヤは魔人のフォークを手に入れた *フミヤは魔人のスプーンを手に入れた *フミヤは魔細工LV1を習得した

イエン=通貨の単位(1イエン=約日本円で1円

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 真紅の果実と玉虫

    紅き果実が実る世界の異世界ファンタジー

    1,300

    0


    2021年6月25日更新

    ここはエデンの園。その夜、草むらに倒れていた子供がいた。 赤い瞳が綺麗な男の子。 私は彼に話をした、私の、この世界の"秘密"を。 それから約10年後、彼が帰ってきた。そこから音を立てて動き始めた歯車に振り回される日々。 これはそんな私達の日常と非日常が混じりあった物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 光を失った魔女の追憶

    魔女と悪魔の奇妙な関係

    6,700

    0


    2021年6月25日更新

    今作は魔女と悪魔による魔法アクションバトルとなっております! 中世ヨーロッパで発生した魔女狩り。その発端とされた魔女アレシアは、同胞からの呪いにより光を奪われ、三百年以上結界の中で眠りについていた。ふと目が覚めて外を眺めると、遠くから三百年前に殺された恋人に瓜二つな少年がやってくる。 それから毎週末になるとやってくる少年の相手をする生活が二年続いたある日、結界が急に反応して少年は閉じ込められてしまう。 そこに魔女狩りで同胞を大勢失った魔女の族長キテラが現れ、三〇〇年ぶりの復讐を始めると宣言する。アレシアは、四皇の魔女と呼ばれる魔女狩りを生き延びた強力な魔女達を退けながら、結界から少年を逃がすための戦いに身を投じていく。 そもそもの魔女狩りの原因は本当にアレシアなのか? 真の敵の正体とその目的とは?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間32分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    11,600

    90


    2021年6月25日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    137,300

    330


    2021年6月25日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む