異世界ファンタジー 長編 連載中

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

作者からの一言コメント

追放×成り上がり小説 主人公大活躍です

読了目安時間:9時間38分

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様の表紙

【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位等獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様
作者名 静内燕
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス 最強主人公 男主人公 勇者 エルフ 西洋風 チート R15 ハッピーエンド ラブコメ ハーレム ざまぁ 追放 追放勇者 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年8月12日 19時47分
最終投稿日 2021年6月20日 19時40分
完結日 -
文字数 288,751文字
読了目安時間 9時間38分
ブックマーク登録 172件
コメント 48件
スタンプ 1,164件
ビビッと 54件
応援ポイント 479,650pt
ノベラポイント 3,565pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 大賢者シルヴィエの不本意なセカンドライフ~幼女だなんて聞いてない~

    悠々自適な余生が……幼女!?

    21,400

    110


    2021年6月23日更新

    かつては聖女として名を馳せ、退位後も研鑽を積み続け、膨大な魔力と知識を持つ賢者シルヴィエ。 彼女は魔王が復活し世界が震え上がった時も果敢に勇者パーティに参加しその力で彼らの手助けをしていた。 そして旅の最後の魔王封印の際、シルヴィエは仲間を逃がす為、己が犠牲となった。 「私はもう十分生きた! お前達は若いんだからまだこれからだろう」 最後の魔力を使い果たし、もはやこれまで……と思われたが……。 「……なんだこれ」 なぜかシルヴィエは『幼女』になっていた。 本人も仲間達も国も困惑する中で、シルヴィエの第二の人生がはじまるのだった。 家庭教師を務めるチビ王子達は言うことを聞かない、仲間の勇者は子供扱いをしてかまってくる、おまけにかつての教え子の第一王子がシルヴィエに一目惚れ!? これは悠々自適な余生を過ごすはずだったシルヴィエの不本意な日々の物語。

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 異世界に創作キャラと転生しました。

    少女2人が主人公!そしてリアルロボット!

    30,300

    105


    2021年6月23日更新

    学校からの帰宅中に事故で死んでしまったオタク少女の主人公、若桜昶(わかさあきら)。 天界での書類上の手続きのミスで事故に遭って死んでしまい現実世界での輪廻転生までの待ち時間が150年もかかるという。 昶は担当の女神シリカに猛クレームを付けた結果、異世界転生をする事に。 そして女神シリカはせめてものお詫びと「昶が誰よりも実力と人となりを知っている人物」をパートナーとしてその世界へと送り込んだのだが・・・・?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    285,400

    560


    2021年6月22日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間14分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    777,950

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む