異世界ファンタジー 長編 連載中

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

作者からの一言コメント

追放×成り上がり小説 主人公大活躍です

読了目安時間:13時間28分

総エピソード数:182話

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様の表紙

【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。 イラスト 卯月凪沙様より

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様
作者名 静内燕
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス 最強主人公 男主人公 勇者 エルフ 西洋風 チート R15 ハッピーエンド ラブコメ ハーレム ざまぁ 追放 追放勇者 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年8月12日 19時47分
最終投稿日 2021年10月24日 18時19分
完結日 -
文字数 404,133文字
読了目安時間 13時間28分
総エピソード数 182話
ブックマーク登録 227件
コメント 65件
スタンプ 1,674件
ビビッと 89件
応援ポイント 772,150pt
ノベラポイント 6,240pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 学園ミステリ 空き机の祥子さん

    日常系学園ミステリです。

    1,260,624

    22,558


    2021年9月21日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む

  • 星霜の御業(カルマ)

    本格創作SFファンタジーです。

    9,800

    2,550


    2021年10月24日更新

    遠い未来、はるか彼方の銀河系で… 星歴BZ341年、太陽系より遥か遠く離れた銀河系にある惑星ホープ。 この星に流れ着いた地球人はこの惑星の先住人類アリエスと不可侵条約を結び、友好な関係を築いた。 アリエスは魔法が使えることとある点を除いて地球人と殆ど遜色なく交配することすら可能であった。 そうして生まれた新人類がプライメである。 星歴AZ148年、世界人口の大半が混血のプライメとなり、 これに危機感を募らせた純血主義のアリエス至上主義国であったエイリアス聖教国はプライメを不当に弾圧し始める。 対するプライメ達もユート連合国を発足し、これに報復する。 やがてその戦火は各国に広がり多くの血が流れ、 世界の主要都市は滅亡し、魔科学によって支えられていた文明は衰退した。 これを第一次魔法大戦と呼ぶ。 星歴AZ1000年、大戦の記憶は人々の記憶から薄れ、 世界は復興し始め、再び平穏を取り戻したかのように見えた。 しかし、プライメとアリエスは未だに歪みあい、東のプライメと西のアリエスとに世界は分断され、 その中間には世界を二分する途方もなく長大な壁が作られ、東西の交流は完全に遮断された歪な平和だったのだ。 西側の新生エイリアス聖教国の百年に一度の祝祭ニーヴァルンゲ、 万能神ゼウラがホープに残した最後の遺産であり、 世界の王となり平和を導くと言われていた神託の剣オラクルが神殿に祀られていた。 祝祭の日に限り国中から剣の選定が行われるも オラクルは正史以来一度も台座から抜けたことがなく、 此度の儀礼も無駄かのように思えた。 人々が寝静まったその晩のこと、怪しげな人影がオラクルが祀られている神殿へと忍び込む、 少年は祝祭に紛れて金目になりそうなものを物色に来たのだ。 しかし、見張りの兵士に見つかり絶体絶命の危機に陥る。 その窮地を救ったのは優しくどこか懐かしい謎の声だった。 少年は声に導かれるまま台座の間の剣を抜いてしまう。 その直後、空から少女が降ってくるもオラクルの力で事なきを得る。 これは魔法も使えない奴隷の少年タークが 記憶喪失のプライメの少女フォルテと出会い、 歪な世界を正す物語である。 ------ 2021 9/30 総合日間2位、異世界ファンタジー日間1位頂きました、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む