生徒による生徒のための生徒会

#2

 俺の都合も考えずに、しかも勝手に話を進めているなんて――――。  知らない状態だったなら、まだ何も感じずに過ごせたのに……。  すっぽかすなんてことは俺にとっては後味が悪すぎた。 「ひとまず顔合わせするか」  担任はノリノリな様子で俺の肩にポンっと手を置いた。  この男がノリノリな状態なのがまた一段と腹が立つ。  スキップでも始めたら脚を掛けてやるか、いやいっそのこと階段で蹴り飛ばして突き落とすかといったことを考えながら、担任の後ろについて教室を出た。  三階にある生徒会室へ向かうために階段へ向かった。 「ほんといつもいつも何なんですか。なんで俺なんですか?」 「適材適所」  軽やかな足取りのまま担任は答えた。 「それぞれの能力によって適切な場所、仕事に配置してその人物の能力を最大限に発揮させること」 「さすがに、古典の再テスト最後まで残った奴でも知ってるよな」 「再テストぐらい問題ないでしょ」 「最後までって言っても、学年で最後だ」  まじか。知らなかった。  小テストの再テストくらい報告しなくていいのに。てか、ちゃんと先生間で連絡取り合ってんだ。 「……連絡、取り合ってるん……ですね」  苦し紛れに出た一声。 「俺、東山の進路、相談したよ」  訂正。ちゃんと先生間でホウレンソウしてるんだ。  階段に差し掛かると、遠目で髪を後ろでくくった陸上部のジャージを着た女性が階段を上がってきた姿が見えた。  階段へ近づくに連れて行く、その女性が近づいてくるに連れて誰だか分かった。 「げっ」  思わず出た一声だった。 「あっ」  ほら、見ろ。面倒くさいやつに出会っちまったじゃないか。 「空桜音(あおと)」  俺の名前を呼ぶと隣にいた担任を怪訝そうに見て視線をこちらに戻した。 「また、先生の手伝いに付き合わされてるの?」 「まぁ……そんなところ」 「先生!いくら事情があって練習ができないからって空桜音(あおと)は暇じゃないんです。先生に付き合わされてるから部活に全然これてないんですよ!!」  と言って文句を言い出した。この他にもいくつか文句を長々と並べていた。  さすがにこの担任もこの女の気迫にたじろいでいた。  ざまあみろ! とまでは思わなかったが、そのおかげで少し心が軽くなった。しかし、癪だな。この担任もこの女には勝てない感じか。 「空桜音(あおと)!!」 「はっ……はい!」  急に標的がこっちに来た。 「待ってるよ」  てっきり文句の弾丸を浴びせられるかと思った。それこそオーバーキルさせられるかと思ったが優しい口調で易しい言葉を発した。  この優しい易しい言葉を言うと去って行った。  最後の言葉が気になった。  やはり知っていないとおかしいよな。同じ部活だし。  どこまで彼女は知っているのだろう。どこまで彼女は理解しているのだろうか。  もしかしたら、彼女は知らないのかもしれない。 「寺野はすごいな……」 「そうですね」 「強烈だな」 「そうですね」 「何ですか?」  俺のことを訝しげに横目で見る担任を俺は見逃さなかった。 「よく付き合ってたな」 「まあ、そうっすね」  予想もしなかったことを言われてたので適当にあしらってしまった。  寺野真白(てらのましろ)とは違う中学だった。中学三年生の夏に高校受験のために塾に通い出した。真白とは、その塾の夏期講習で知り合った。同じ陸上部で、同じ長距離を専門にしていたから話も合った。仲良くなるのに時間はかからなかった。  それからしばらくして俺たちは付き合った。ほんの少しの間だ。高校に入学して、少ししてから俺たちは別れた。  当時、入学したときから付き合っていたのは俺らくらいだったから多少なりとも知れ渡った。残念ながら。  ある日、真白から「友達に戻らない?」というLINEが来た。  俺はそれを受諾した。残念ながら俺は振られたわけだ。  俺は―――― 「想い出に浸るのもそのへんにしておけよ」  諭すような口調で担任は言った。  黙っていたことが気になったのか、生徒会長と会うときに少しでも印象よくしようと計らってくれたのか分からないが、その声かけはありがたかった。 「思い出なんてものじゃないですよ。あいつは――」 「その思い出じゃない、もう片方の想い出だ」  担任の背中を見た。 「その想い出も思い出も同じ意味ですよ」 「オモイデの意味合いは同じだけどな、’想い’と’思い’は違う意味なのは東山も知ってるだろ。その違いで使い分けた」  ああー、なるほどと納得した。 「そんなの文章ならまだしも会話で分かるわけないでしょ」 「それじゃ、言い直そう」 「感慨(かんがい)に浸るのもここまでにしておけよ」 「感慨に浸るってそんな言葉日常生活で使いませんよ」 「それもそうだな」 「国語の先生じゃないでしょ。数学が担当なのに言葉に対する使い分けすごいですね」  純水にすごいと思った。国語の先生でもこんなことさらっとしないだろう。 「言葉には敏感でいろよ」  急にどうしたのだろうか。少し考えた。  それを悟ったのか、担任は「教養ってこと」と分かりやすく言って会話を終わらせた。 「生徒会室はここだ。来たことあるか?」  そう言って担任は扉をスライドさせて開けた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    35,800

    50


    2021年4月20日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 たぶん毎日投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    65,100

    3,600


    2021年4月20日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 水神伴侶と最後の恋を

    最後の恋を願ったら夫婦になってた

    9,700

    0


    2021年4月21日更新

    最後に、素敵な恋がしたかった。 世を儚んで龍が淵の滝壺に身を投げた、 アラサー女子の深琴(みこと)。 飲み込まれる寸前に零した未練に応える声があった。 「──その願い、聞き届けた」 目覚めてみれば水底に佇む薄暗い日本家屋。 周りは水に囲まれて魚群が泳いで通り過ぎた。 どうやら身を投げた龍が淵川の川底らしい。 其処にいたのはおかっぱ頭の美少女、水希と、 色素の薄い髪をした美青年、雨竜。 目覚めた場所は水神さまの住まう宮。 身投げを人身御供と間違われ、未練は願いと捉えられ、 水神の雨竜と夫婦になったと言われて……!? 人とでさえ上手く関われないのに、 神様相手にどうして良いか判らない。 人の世には戻れなくても構わないし、 未練はないと思っていた。 だけど目的のためとはいえいっぱいに愛されて 温かさを知ってしまった。 零した想いが未練なら、 最後の恋をすればこの身はどうなるのだろう。 寂れ、社もない水神に供物はなく、 後はただ朽ちるに任せるだけの旧い命。 身勝手な振る舞いで其処に座す者を引きずりおろせば、 空席を許さぬ後継にその座を指され座り続けた。 いつか来る終焉を待ち望んでいたはずなのに、 最後の華と愛でる内に先を望むようになる。 永遠を望むなど赦されるはずもないのに。 願ったのは永く苛む苦渋と悔恨。 針のむしろに座らせ見張る。 その罪咎から目を背けさせないために。 向けられた情は深く、慈しまれ、 望んだものとは少しばかり形を変えたそれに 包まれたのが事実ならば。 己が罪の深さは測れるものか。 静かな水底でとりあえずの生活を始めるものの、 三者三様に想いを秘めて、巻いた渦の向かう先には何があるのか。 見守って頂ければこれ幸い ※カクヨム様でも公開中です

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • ヤンデレの皮をかぶった女の子。

    ……のように見える

    1,000

    0


    2021年4月21日更新

    高校二年生の春、僕は勇気を振り絞ってとある後輩に告白した。 返事はOK。これで僕にも華やかな高校生活が!……と思っていたけれど。 彼女の言動はちょっと重たくて、何故か身の危険を感じていた。 週1~7投稿となります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む