完結済 長編

精神的S

作者からの一言コメント

居場所を見失い、存在意義を模索する物語。

 米倉なつみは、雅樹と結婚してからすれ違いの生活が続き、悩んでいた。  共働きで結婚をし、結婚後お互いに職を変え仕事に追われる毎日が続き、いつしか会話がなくなりセックスレスに陥る。  夫の両親と同居し、息子(雅樹)に溺愛する姑の存在が原因で自分の居場所を見失ったなつみは、心の拠所を探し始める。  ある夜、なつみは友人のミシオが勤める風俗店を訪ねる。  セックスレスによる欲求不満を、女同士ではあるがミシオに満たしてもらう。最初の内はそれで満足だったが、その行為に慣れてくると独占欲が生まれ、その独占欲はミシオ以外にも向けられていく。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 精神的S
作者名 示彩 豊
ジャンル 文芸/純文学
タグ サディスト セックスレス 恋愛 夫婦 悩み 居場所 女主人公 仕事 現代 純文学 ノベプラオンリー
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年5月4日 16時29分
最終投稿日 2020年6月4日 20時05分
文字数 95,150文字
ブックマーク登録 18件
コメント/スタンプ 187件
応援ポイント 92,300pt
ノベラポイント 590pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 熱帯魚を飼うJKたちの極彩色な日常譚

    ♡1,296,200

    〇18,155

    現代/青春ドラマ・連載中・117話 スガワラヒロ

    2020年7月3日更新

    行きつけの熱帯魚ショップを訪れた巳堂琴音は、同じ高校に通う小清水由那を発見する。 まったくの初心者だという小清水を見かねた琴音は、「師匠」として水槽のイロハを教えることに……。 琴音の幼馴染である千尋、清楚なクラス委員長の莉緒も加わって、JKアクアリストたちの学園生活はどんどん賑やかになってゆく!? 姿勢はエンジョイ、知識はガチガチ。 アクアリウムを通して交流を深めてゆく少女たちの、ちょっと百合風味な日常物語。 ※本作は「カクヨム」様にも掲載しています。が、付録はノベプラ限定です。 ※毎週金曜日17:05に本編更新します。 協力/キャラクターデザイン:卯月みそじ様 カバーイラスト:はるあや様 タイトルロゴ:黒井澪様 デフォルメアイコン:桑折様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三十路の女性が人生の旅路を辿る

    ♡4,700

    〇0

    文芸/純文学・連載中・6話 六月のjuly

    2020年7月3日更新

    『私の人生は、旅とと共にあったと、思う』 三十歳を迎えた遊乃(ユノ)は恩返しの旅に出る。 今まで出会った人、衝突した人、お世話になった人。私はこれから、二度と会えなくなるのだから。 だから、後悔の無いように全てを振り返る。親切にしてくれたコンビニ店員、農家のおかあさん、近所の麻雀好きのおじさん、通りすがりの学生、冷えた麦茶の氷とグラスがぶつかる音、家のドアの取っ手の触感、海の潮風、些細な事も含めて全てを振り返る旅。 これが、今の私の現状であり、三十歳を迎えた私の全てだ。 旅の途中、バイク乗りの青年龍朗(タツロウ)と遊乃は出会う。 縁がありバイクに乗せて貰う事になった遊乃は龍朗に誘拐すると宣言され、共に旅をする事となる。 互いに言えぬ秘密を抱えたまま、旅を続けた先で世界から忘れ去られていく遊乃。 彼女の秘密を知った龍朗は「消去」から遊乃を救う為に、思わぬ行動に出て――。 そして彼女が旅路の果てに見つけるモノとは――。 Illustr 六月のjuly

  • 【書籍発売中】夜、彼らは歌い出す

    ♡62,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・156話 朽木桜斎

    2020年7月3日更新

    【アメージング出版様より書籍が発売中です。アマゾンおよび三省堂本店(支店はお取り寄せ)にてオンデマンド形式で購入が可能です】 俳句・川柳・その他の作品を集めた小品集です。 解説をつけておきますので、退屈しのぎ程度にご覧ください。