その花の名は

その花はとても遠くにあって その手前には花畑がある その花を摘むためには 他の花をたくさん踏まなきゃいけない 一番奥の 一番綺麗な花 それがどうしてもほしいけど 手前の花は踏みたくない それでも 勇気を持って一歩踏み出す 後戻りならいつでもできる 頑張って 頑張って 頑張って たくさんの花を踏みにじりながら 一番奥へと辿り着く ようやく摘めたその花は この世の何より美しく 他の花を踏みにじった甲斐があったとさえ思える 後悔がないわけじゃない 心の底から喜べたわけじゃない でもここで戻ったら 踏みにじった花を摘もうとしていた人達に 合わせる顔がなくなってしまう 私はこの花を大事に持って ひたすら前に進むだろう その花の名は「夢」という

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 青年は傍観する──異能者の妖退治を。

    ♡3,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話・59,080字 玉井明

    2021年3月2日更新

    舞台は、現代においてありえないとされる魑魅魍魎が跋扈する地──坂月市。異能者、魔術師、陰陽師、退魔師などが潜むこの地に、ごく平凡な高校三年生の瀬古政和は、幼馴染みの兎山桜花を筆頭に、個性溢れる仲間たちと妖退治に追われる。

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡6,000

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・28話・399,018字 蒼真空澄

    2021年3月2日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡70,946

    〇206

    詩/短歌・連載中・261話・64,998字 真朱マロ

    2021年3月2日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集

  • Twitterから。ひと言コメントを追加

    ♡28,600

    〇0

    詩/短歌・連載中・151話・20,198字 やまめ ひばな

    2021年3月2日更新

    8月からTwitterを開始。戻れるところまで戻って9月末から目に付いたものを拾い集めてみました。 自分に対してのメモ的な意味も含めて記載。 その時の心象が映し出されていることが多いので日記帳かも?