くじ引き婚はじめました。

読了目安時間:3分

エピソード:4 / 7

久しぶりな一人きりの時間に

 昼休み。他部署に一文字則宗が呼ばれて行ったので、すごく久しぶりに一人きりだ。  買ってきたサンドウィッチを自分の席で食べ始める。外で食べてもよかったのだけれど、一文字則宗が探すんじゃないかと思って移動を控えたのだ。  それにしても、みんな出払っているなんて珍しいような。 「お。ひとりでいるなんて珍しいな。ケンカでもしたか?」  ポツンと一人でサンドウィッチをかじっていると、鶴丸国永が出先から戻ってきた。私の左手の薬指を指差して声をかけてきたあたり、一文字則宗と喧嘩をしたと思っているのだろう。  彼のもう片方の手にはファストフードの紙袋があり、隣に来てもよいかとジェスチャーで尋ねてくる。  私は口の中がいっぱいになっていたので、片手で席を勧めた。 「――仕事で別々になっただけですよ。すぐ戻ってくるんじゃないですか?」 「おっと。ならここで俺が食ってたら、妬かれちまうか」 「仲のいい同僚と食事するくらいで妬くほど、私は愛されちゃいませんよ」  鶴丸国永がからかってくるので、私は特に表情を変えることなく指先のマヨネーズを舐めながら返す。 「そんなことはないだろう? あんなにきみに執着して手放そうとしない彼がきみを愛していないというなら、きみは相当恨まれていることになるぞ」  彼にしては珍しく驚きの表情を浮かべている。大きな口で頬張ろうとしていたハンバーガーにはまだ歯形がついていなかった。 「恨まれて……そのほうがまだ納得できるような」 「きみなあ……」  どうして彼があきれるのかわからない。  私は自分の左手の指輪を見せる。 「鶴丸さん。これって、くじ引きだったんですよね?」 「ああ、くじ引きだよ」  短く答えて、鶴丸国永はやっとハンバーガーを頬張った。口の端からケチャップがこぼれる。 「あ、落ちちゃう」  鶴丸国永の服はいつも真っ白だ。落ちたら染みになる――私は咄嗟に手を伸ばす。 「きみ――」 「お前さん」  ふた振りの声が被った。  ケチャップは服の上に垂れた。 「おお、こわ。言っておくが、俺からは彼女に触れちゃいないぜ?」  鶴丸国永は私の後方を苦笑しながら見つめている。 「ひとの女に手を出すような個体であれば、やりようがあったのになあ」 「それは御生憎様だったな」  いつものように返して、鶴丸国永は残りのハンバーガーを口に押し込んだ。  事務室に戻ってきた一文字則宗は大きな足音を響かせて近づいてくる。踏み出す一歩に殺気が込められていて、背筋が凍った。 「あの……則宗さん? どうして怒っていらっしゃるんです?」  おそるおそる振り向く。立てなかった。 「お前さんが僕以外の男に触れようとしたからだ」  顔がよく見えない。ただでさえ左側はもっさりした金髪で覆われているからわかりにくいのに。 「だって、ケチャップが服についたら落ちにくいじゃないですか」 「僕には触れようとしないのに」 「はい?」  話が噛み合わない。隣に来た一文字則宗は私を強引に立たせて、鶴丸国永との距離を作る。  鶴丸国永は一文字則宗を椅子に座ったまま見上げている。口の端がにゅっと持ち上がった。 「ふぅん。なんだまだ……そういうことか。意外だな。どおりで彼女からきみの気配を感じなかったわけだ」  フライドポテトを数本まとめて口に突っ込むと、鶴丸国永はゆっくり立ち上がる。  どういう意味かと問いただそうとすると、彼は自身の口に立てた人差し指を当てた。 「夫婦喧嘩は犬も食わないって言うくらいだし、俺はもう何も言わないさ」  邪魔したな、とウインクをひとつしてファストフードの紙袋を手に取る。反対の手がひらひらと揺れて数歩進み――けたたましいサイレンが鳴り響いた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • フリート集

    過去のTwitterで投稿したフリート集

    0


    2022年8月16日更新

    Twitterにあったフリート機能を使っていたときに作成した文章です。 個人の保存用なので、よくわからないと思います。 内容は、FGOのオリジナル設定小説の一部構想などなど。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 区隅憲の気まぐれなイラスト置き場

    イラスト初心者による不定期更新です。

    2,000


    2022年8月15日更新

    イラスト初心者です。 ツイッターに上げたイラストでノベプラに上げられそうなものを適当にあげます。 現在修行中で並絵師を目指してます。 (データ容量制限があるためあまり活動できないかもです)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 鬼喰いの浄鬼師〜令和・魍魎ハンターズ〜

    少年よ鬼を喰らい鬼を浄化せよ!

    251,800

    1,422


    2022年8月15日更新

    2021.10/15 現代ファンタジーランキング。 日間1位!! 総合ランキング 日間4位!! 皆様、いつも応援ありがとうございます!! ~近未来技術と陰陽道が融合した現代でのお話~ 怪異現れる時、スマートフォンが勝手に喋りだす。 ――『ヨッキーだよ。 妖気を感知したよ! 助けが必要かい?』 ――『怪伐隊(かいばつたい)に出動依頼を発信したよ。続いてアプリのインストールを開始するよ』 スマホバッテリーを消費し防御結界を展開。 危機回避までをナビゲート。 そして現れる『六壬神課 怪伐隊』 自分達の事を『陰陽師』と名乗る。 様々な怪異に遭遇した者が書き込む掲示板アプリ。 主人公である鬼束 桃眞(おにづか とおま)と愉快な仲間達が、人々のSOSに駆け付け『怪異』を討伐する怪伐隊となり、一人前の陰陽師へと成長してゆく。 不思議がいっぱいの陰陽師の世界で、ドタバタ寮生活を楽しんでみませんか? ジャンルは、ホラーバトルファンタジーです。 週一更新を目指して、執筆してまいります。 作品の雰囲気としては、本筋のストーリ―はありつつも、短編連作形式も混ぜて怪異事件を解決していきます。 イケメン比率が高いですが、その分美少女が多いです。(史実でも陰陽寮は女人禁制だった為) ミステリーサスペンス的な雰囲気もありますが、全体的にはコミカルで明るい雰囲気です。 ※陰陽寮と愉快な仲間達からタイトルを改名致しました。(2022.3.28) (掲載サイト:なろう・ノベプラ・カクヨム・アルファポリス)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間38分

    この作品を読む

  • 空色の告死天使<アズライール>

    空から降ってくるヒロインは王道ロマン!

    343,381

    11,081


    2022年8月3日更新

    空から降ってきた少女を守ると決めた――。 メビウスとウィルは魔獣退治の帰りに空から降ってきた少女を助ける。 目が覚めた少女には記憶がなく『ソラ』という名前でメビウスたちと共に自身の記憶を探し始めるが、そこへ襲い掛かってきたのは遥か昔に封印されたといわれる魔族につらなるものたちだった。 魔族とは切っても切れない因縁のあるメビウスは、少女を守ると心に誓う。 たとえ、少女がなにものだったとしても。 ソラもまた、少年のちからになりたいと願う。 自分の謎を知ったとき、なにが起こるのか知らぬまま――。 剣と魔法、滅びた王国、三つの種族。混沌の世界で繰り広げられる、王道ど真ん中正統派少年少女の冒険譚。 三章開幕。魔法と機械も大好きですを込めたウィルメイン話。 不定期更新。ちょいちょい修正してます。イラスト系は更新報告ページに置いてます。 最高ランク、ジャンル:日間2位 / 総合:日間7位!糧になります。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間38分

    この作品を読む