現代/青春ドラマ 長編 連載中

激情戦士シットマン

作者からの一言コメント

ゆえにこの物語は主役の物語ではない

読了目安時間:2時間44分

総エピソード数:23話

 田中正二は親友の南直哉と彼を好きな女の子たちと愉快な日常を過ごしていた。  体格の優れている以外は普通の学生である正二は直哉のハーレムの一人である朝倉奈緒のことが好きだったが、彼女は直哉に夢中だったため正二は彼女への想いを隠していた。  そんなある日、正二は帰り道に化け物に襲われてしまう。その中で正二は直哉への強烈な嫉妬に苛まれるが、正二を助けようとしてくれた人を化け物から助けるため、正二自身も化け物になりながらも立ち上がる。  その日から正二は町に潜む化け物の脅威に巻きこまれていく。そのなかで、はたして正二は仲間たちを守れるのか。そして正二の恋の行方はどうなっていくのか。  主役になれない男の戦いがいまはじまる。

総エピソード数:23話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 激情戦士シットマン
作者名 星数
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス アクション/バトル 男主人公 現代日本 コズミック・ホラー HJ大賞2020後期
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年8月19日 1時31分
最終更新日 2021年11月23日 20時58分
完結日 -
文字数 81,878文字
読了目安時間 2時間44分
総エピソード数 23話
ブックマーク登録 84件
コメント 11件
スタンプ 192件
ビビッと 7件
応援ポイント 84,750pt
ノベラポイント 476pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 宏樹君の休日

    休みの日には本屋へ行こう!

    3,600

    0


    2023年3月22日更新

    矢形宏樹。高校三年生。 受験勉強に疲れたある休日、たまたま立ち寄った本屋で出会った少女は、ぬいぐるみを抱えながら、なにもかもぐちゃぐちゃにして走り始めた。 「逃げるよ!」 不思議な少女の行動に巻き込まれ、次第に抜き差しならない状況になっていく宏樹。果たして、どんな運命が待ち受けているのか……? 某小説サイトのイベントで、次々に提示される7つのお題を使って、777文字×7話で書き上げた作品です。 某サイトに縁のない読者様は、それぞれどんなお題だったのか、想像しながらお読み下さい。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 【高校生Jリーガーがヨーロッパに飛び出し、サッカー界・世界年間最優秀選手賞・バロンドールに輝くまでの物語】 高校2年生の少年、向島大吾。 彼は小学生6年生の時点で168cmある、フィジカルを頼みにした大型フォワードであった。 だがそれから先、身長は全く伸びず、武器であったはずのアスリート能力が逆に足を引っ張ることとなり、よくある早熟の選手でサッカー人生を終えるかと思われた。 しかし、大吾はそのあと基礎技術を徹底的に磨き、テクニック特化の選手としてプロサッカー界を生き抜いていくこととなる。 すべては『サッカー界・世界最優秀選手賞』=『バロンドール』をその手中に収める日まで…… 【現代フットボーラーはまず、アスリートでなければならない】 『内なる炎・持続する熱』

    読了目安時間:9時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 当作品はイヤホン推奨です!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ (ヘッドホンでもいいかもしれない) (スピーカーでもry) ================= 「【なろうぜ系】って分かる?」 「分かりません」 「ラノベ読んだ事無い?」 「ありません」 「ラノベって分かる?」 「ライトノベルの略です」 「漫画は?」 「読みません」 「ゲーム」 「しません」 「テレビ」 「見ません」 「ざけんなおらあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 サブカル0知識の私が死んだ先で背負わされたのは、 異世界情報を詰め込んだ【異世界辞典】の編纂作業でした。 ======================== 利己的な人間に歪まされた自分の居場所を守る為に、私は私の正しさを貫く事で歪みを利己的な人間ごと排斥しようとした。 結果、利己的な人間により私の人生は幕を下ろした。 …違う。本当に利己的であったのは、紛まぎれも無く、私だ。間違えてしまったのだ。私は。その事実だけは間違えてはならない。 「……私は確かに、正しさという物を間違えました」 「そうだよなァ!? 綺麗事はやめようよ、ねェ! キミは正義の味方でも何でもないでしょォ!?」 我が意を得たり、と言わんばかりに醜くく歪んだ笑顔を見せる創造主。 そんな主に作られた、弄れるかわいそうな命。 違う…、違う!! その命達を憐れむ権利など私には無い! 「───だから?」 「……へっ?」 「だから、それがどうかしたんですか。私は今度こそ私の正しさを貫き通します。あなたが生み出したこの星の命へ、そしてあなたへ」 彼等のその手にそれぞれ強制的に渡されたとある本。それは目の前に浮かぶ地球によく似た星そのものであり、これから歩む人生でもある。二人の未熟なカミサマに与えられた使命、それはその本を完成させる事。 誰の思惑なのか、何故選ばれたのか、それすらも分からず。 一人は自らの正しさを証明する為に。 一人は自らの人生を否定し自由に生きる為に。 ───これは、意図せず『カミサマ』の役目を負わされてしまった不完全な者達が、自ら傷付きながらも気付き立ち上がり、繰り返しては進んでいく天地創造の軌跡である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 久遠の福音

    月夜に咲いた一輪の優曇華

    35,850

    730


    2023年3月21日更新

    頭が狂ってしまいそうな程に退屈な日常だった。 ただ学校と家を往復する毎日。勉強も遊びも恋愛も一通りはやってみた。それでも、やはりどうにも退屈に思えて仕方ない。 誰かが、何でもない普通の生活こそが本当の幸せだと言う。しかし、そんなのは刺激を味わい尽くした後だからこそ言えることだ。私はまだこの平穏無事な生活が幸せに思えるほど、刺激的な日常を送ったことはない。花の青春時代をこんな詰まらない日常で終わらせたくはなかった。だからずっと探していた。この退屈な日常を変えてくれる刺激を。 そして、私はようやく見つけた。 雨上がりの湿った夜。塀の上に胡坐をかいていた雪のように真っ白な長髪が特徴的な妙齢の女性。背中を丸めて膝に肘をつき、口には火の点いていない煙草を銜えている。出で立ちから一目見て風変りだと思わされるのに、それだけではなかった。彼女はなんと右手に竿を持ち、水溜りで釣りをしていた。 ———— 不定期更新(目標は毎日) ストックほぼゼロ 設定もプロットも何もない完全見切り発車作品 もう何かよくわかんないけどなるようになれぇー!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む