ホラー 短編 連載中

現代霊異記 ほらぁ百物語

作者からの一言コメント

スナック感覚で読める、スナックホラー!

センセと呼ばれる水乃井と、その友人の田所。 二人は今日もほらぁな話に花を咲かせる。 「センセ、今日も一席お願いします」 「僕は先生じゃないって。それに、僕の話はホラーで、法螺な、ほらぁ話だよ。そんなんでいいのかい?」 「もちろんです!」 怪談、ホラーで、本当かどうか分からない法螺話。 今日も一席ぶちましょか。 百話集まったらお慰み。 一話完結、スナック感覚で簡単に読める、スナックホラーの開幕です!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 現代霊異記 ほらぁ百物語
作者名 大鴉八咫
ジャンル ホラー
タグ ホラー 怪談 法螺 一話完結 ノベプラオンリー 第2回ノベプラ大賞 スナックホラー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月7日 18時35分
最終投稿日 2020年2月3日 18時09分
文字数 132,277文字
ブックマーク登録 10件
コメント/スタンプ 50件
応援ポイント 19,100pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡8,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・4,845字 茄子

    2020年9月24日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

  • 騎士となったハーフエルフの物語

    ♡81,600

    〇1,100

    異世界ファンタジー・連載中・24話・73,385字 祖夜

    2020年9月24日更新

    父の武勇に憧れたレオンハルトは国を守る騎士となる。 魔獣狩を専門とする王都第三騎士団に所属し、その実力を発揮するさなか、厄災と呼ばれる黒龍が姿を露わにした。 かつて誰も倒したことのない強敵を前に、レオンハルトは剣を握る。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ホラーミステリー開幕します。

    ♡1,200

    〇0

    ホラー・連載中・23話・73,409字 カンキリ

    2020年9月25日更新

    アレデスカ、コレデスカ、ソレハナンデスカ (ハムレットの誤訳) 綾子から双子の姉を探す依頼を受けた鬼追師の姫緒(キオ)。 童謡とうりゃんせに隠された秘密を暴き、あやかしの企てを阻止しようとするが……。

  • 人間が、1番怖い。

    ♡8,200

    〇105

    ホラー・連載中・115話・313,960字 楓川 翔麻

    2020年9月25日更新

    あの日から、20年____。 あの日見た凄惨な光景を、その真実を知る全ての人間の『終焉の日』が遂にそこまでやってきた。 20年の時を経て、あの未解決のままだったバニラビーンズ 殺人事件の犯人が再び動き出した。 犯人は芦屋セイジという青年であると思われていたが一変、犯人は別にいることが判明した。 しかしその犯人が目の前に居ながらも、この人間が一体どこの誰なのか、全く分からず仕舞いでいる。 鹿島シホ警部は、織島警部補と共に低層界へと潜入するも、バニラビーンズ に翻弄され捕獲されてしまう。 だが状況は予想外のものだった。敵方にいるはずの殺し屋・雨宮ヒグレが謀反を起こし共闘。 再びバニラビーンズ に立ち憚られたが、雨宮が囮になることで脱出成功したのである。 この日を境に、これまで裏世界を自由に謳歌していた下郎な人間たちが芋蔓式に逮捕。 遂にバニラビーンズ が孤立、そして逮捕目前へと駒を進めたのであった。