もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら

読了目安時間:4分

塩谷米輔の場合

かくして彼は転生した

「ここは……?」  気づいたら真っ暗闇の中に居た。  いや、真っ暗闇なのは自分の周りだけで、俺の目の前では金髪のおねーさんが眩しく輝いていた。 『ようこそっ、1415兆5585億7823万6251番さん』 「……そのやたら桁数が多い数字は何?」 『貴方の識別用IDです。頭のおかしい老害が10進法で魂を区別する仕様にしちゃったせいで、桁数がバカなコトになってますけど、気にしないでくださいね』  うわーい、このおねーさんすっごく毒舌ぅ!! 『そんなコトはどうでも良くてね。おにーさん、キミなかなか素質あるよ』  なんか急に口調がラフになった。  すごくイヤな予感がする。 「いや、それよりもココどこ……?」 『あれ? この状況で大体わからない?』 『いや、全然。というか、俺、どうなっちゃったの?』 『そこからちゃんと説明しないといけないみたいね。えーっと、シオタニヨネスケさん、でいいのかな?』 「あ、いえ。塩谷米輔(シオヤメイスケ)と読みます」  こういう、いくらでも読み方のある名前は説明が面倒臭くて困る。  というか、おねーさんが間違えた読み方の方が色々と知名度的にも使い勝手が良さそうだし、正しい読み方を説明するだけで相手にガッカリされてしまうこともあるまい。  まあ米輔(ライスボール)みたいなDQNネームじゃないだけマシだけどさ。 『ったくフリガナも付いてないとかホントこのシステムクソだな……まあいいや。んで、メイスケさん。貴方は死にました』  システム開発者への罵詈雑言のついでみたいな感じで、すごいサクッと言われてしまった。 『意外と驚かないのですね?』 「いや、あまり実感なくて……。死んだ時のコトも全然思い出せないし」  俺がそう伝えると、おねーさんは目を(つむ)りながらゆっくりと話し始めた。 『貴方は亡くなり、そしてココは生きていた頃とは違う世界、察しの良い貴方なら私が何者であるかは、もうお気づきですね?』 「……死神ですかね?」 『ぶち殺すぞ人間(ヒューマン)!!』  俺の軽いジョークに対し、おねーさんから万力で締め上げるようなド級のアイアンクローが放たれる!! 「あだだだだだっ!! すっ、すみまっ! もうしわけございませんでした女神様ァッ!!!」  俺の心からの謝罪、もとい服従の意思表示に満足したのか手の力を緩め、そのまま俺は地面にヘナヘナとへたり込む。 『素直で宜しい』  コワイヨー!! 『さて、ヨネスケさん』 「メイスケです」 「『………』」  なにこの空気。 『メイスケさん!』  誤魔化したっ!? 『貴方は選ばれたのです』 「っ!?」  死んであの世で女神様に思わせぶりなセリフを言われる王道展開!  この後にはもちろん…… 『転生して再スタートしてみませんか?』 「キタワアアアアーーーーーーッ!!!」  思わずガッツポーズで立ち上がる俺を見て、女神様は優しく微笑む。 『うんうん、物分かりが良くて宜しい』 「それでそれで、俺はどうすれば良いの? 魔王を倒したりするのっ!?」  『いいえ。この世界に魔王は居ませんからそれは結構です』  ありゃ? 異世界転生じゃないのか。 「じゃあ、スーパーヒーローになって地球を救うとか?」 『その枠は常に埋まってますし、貴方には不適ですね』  確かに俺はヒーローって柄じゃないけど、ストレートに不適と言われるとちょっと傷つくわぁ。 『貴方の使命はただ一つ。御主人様となる女性を守り抜くことです』 「まさかのボディーガードとか執事モノっ!!?」 『えーっと……大体そんな感じですっ』  返事が妙に雑なのが気になるけど、おにゃのこを守るために転生とかロマンがあって良いね。  だが、転生モノといえばセオリーがもう1つあるだろう。 「その女性を守るための、何かスゴい力や装備とかそういったものは授けてもらったりは……?」 『特にこれといって無いですね』  えええ……。 「俺、ケンカとか超苦手なんだけど、それ大丈夫なの?」 『一応、特殊能力ではありませんが、転生前に比べると格段に身体能力が向上しますので、それを凄い力と言っても良いかもしれません』  まあ、それなら良い……のかなぁ?  一抹の不安は残るものの、ここで転生を断る理由も無いわけで。 「まあ、いっちょ頑張りますかねぇ」 『うんうん、偉い偉い♪』  女神様に頭をナデナデされてしまった。 『では早速……ゲートオープン!』 「えっ?」  俺の目の前に虹色のエフェクトがキラキラ輝く大きな輪っかが現れた。 「女神様、(おもむき)というか何というか、展開がスピーディ過ぎるような……。普通もうちょっとこの話題、引き延ばしません?」 『このくらいのペースで処理しないと仕事が滞っちゃうんで』 「処理とか仕事とか、少し配慮して言葉を選んでくれませんかねっ!?」  俺のツッコミに、ウインクして片手を上げながら『めんごめんご~』とか言う女神様。  なんだか釈然としない感じは否めないけど、ここで文句を言っていても話が進まない。  俺は渋々ゲートの前で立ち止まると、女神様の方へ振り返った。 「それじゃ、行ってくるよ」 『はい、行ってらっしゃいませ。ご多幸を』  女神様に見送られ、俺は不安な気持ちと共に、ゲートへ一歩踏み出した。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,800

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • とあるイタリア人の恋人に関する愛の話

    彼と彼女の同棲生活

    17,300

    0


    2021年5月14日更新

    「愛する人と過ごす日々は、いつだって素敵で素晴らしい日である」 これは、愛しい人とともに生活する人の話。 家事はできないが仕事はできるキャリアウーマン・絢瀬は、家事も仕事もできるイタリア人の恋人・ヴィンチェンツォと同棲している。そんな彼とのゆっくりと、そして優しく甘い日常の話。 連作短編形式なので、思いついたときに増えます。 どの話も世界観は共通ですが、基本的に時系列は繋がっていないので、どこからでも読めます。 気に入ったらスタンプなど感想をいただけると大変嬉しいです。 ※要素は限りなく薄いですが、性行為を匂わせる文面がないとは限らないので、セルフレイティングをつけております。 期待させるほどのものはありませんので、ご容赦ください。 個人サイト、カクヨム、小説家になろうでも同内容のものを連載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召喚士が陰キャで何が悪い

    底辺が異世界で成り上がり無双するまで

    4,112,998

    24,023


    2021年5月14日更新

    現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間16分

    この作品を読む

  • 呪いコントラクト

    ブックマーク登録と評価をお願いします!!

    300

    0


    2021年5月14日更新

    人生につまらなさを感じていた五島糾大(ごとうきゅうだい)は、ポニーテールが似合う舞原夏希(まいばらなつき)先輩と出会い、夏希先輩が講師の補習を受けるはめに。そこから、謎の少女と出会い、糾大は『呪い』を知る。その後も、次々と女の子と知り合い――。 果たして、糾大の心境は変化するのか。 ●少しでも面白いなと思われた方は、ブックマーク登録と評価をしていただけますと幸いです‼︎

    読了目安時間:32分

    この作品を読む