もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら

読了目安時間:3分

にゃんだーらんど

<とある路地裏> 『んでよ、あそこのジジイはケチくせぇから野良猫の俺らには煮干しオンリーよ! マジで肉食わせろっつー話だぜ!』 『くれるだけマシマシ。三丁目のオニババ屋敷なんて、近づくだけでホウキ持って追い払おうとするんだから』  クロブチと茶トラの言葉に、他の猫たちもウンウンと肯く。 『新入り、お前んトコは?』  いきなり話を振られてアワアワするものの『か、カリカリを少々……』と無難に答えておく。 『にゃん太っちは家猫だもんにゃ~。それにアメショは毛並みと模様が良いよなぁ~』  そう言いながら、宅配業を営みそうな見た目のクロが俺の背中をポフポフと叩いてくる。 『男でアメショよりも、黒猫の方が何だかカッコイイ気がするんだけどなぁ』 『なあに、お互い隣の芝生は青く見えるもんさ~』  うーん、そういうもんかなぁ?  ……という、どうでも良い戯れ言は置いといて、俺がお邪魔させて頂いているココは、言うまでもなく猫の集会場である。  どうして俺がそこに顔を出しているのかというと、その発端は女神様の一言だった。 …… … 『一応言っておくと、この世界の猫って、みんな貴方と似たような境遇だよ』  桐子ちゃん一家が寝静まった後、俺と女神様は誰も居ないリビングで駄弁(だべ)っていた。 『似たような……って、猫ぜんぶ転生組なのっ!? マジでっ!!?』 『うん。人から人の方が比率としては多いのだけど、猫だけは例外的に記憶を保持したまま転生するテスト中なんだよ』  ひえぇ、何だか凄い話だなぁ。  ……って、あれ? 『猫って、やたらワガママだったり言うこと聞かなかったりするけど』 『自分より年下の若造の指示なんか聞いてられるかっ! みたいな老害のプライドだね』 『言い方ァァッ!!!』 … ……  というわけで、他の転生者の皆様にご意見を頂戴しにやって来たわけである。  猫同士の「派閥」はあるらしいけど、幸いにもここに集まってるにゃんこさんたちは皆フレンドリーな感じだ。 『しかしまあ、飼い主さんを守る事が使命とか、珍しい条件だな』  リーダーのシロが、まるで人間のように前脚で腕組み(脚組み?)しながらドラム缶に座って首を傾げている。  この姿を人に見られたら一発アウトだろうに、さすがリーダーだけあってその辺は抜かり……    ガタッ!  近くの家で物置のドアが開く音が聞こえるや否や、シロはバタバタしながらドラム缶から転がり落ちた。  あっ、これ通りすがりに野良猫とバッタリ会ったときに見たことある反応だわー。 『……珍しい条件だな』  大事なコトなので二度言いました。 『そもそも使命とか条件とか、私たちそういうの無かったからね~』 『あれ、そうなの?』  キョトンとする俺に対し、一同が肯く。 『ボクの時は人間か猫か好きな方を選べと言われたから、即答で猫を選んだね……』 『即答って』 『ふふっ、人間は怖いからさ……』  君のダークオーラの方がコワイヨー!! 『でも、女の子を守る使命だなんてロマンチックだねぇ~。憧れるなぁ~』  茶トラがうっとりしながら呟くと、他の皆がヤレヤレ……と呆れた顔になる。  なるほど、この子はそういうのが好きなんだなぁ。 『それはさておき、せっかく転生組同士知り合えたんだ。困ったときは頼って来いよ?』  再びシロがドラム缶の上で腕組み(もうこの表現でいいや)しながら俺を諭す。  うーん、さっきあんなにダイナミックに転がり落ちたのに、どうやらこの方のポリシーのようだ。 『うん、色々教えてくれてありがとう。これからも宜しくね』  心強い仲間たちに見送られ、俺は桐子ちゃんの通う幼稚園へ向かった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,100

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

  • 病印 忘却の姫

    怪異と戦う一人の少年の物語

    106,300

    45,080


    2021年5月1日更新

    ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夢憑依Ⅱ(次元夢旅行、初めての女体体験)

    今回はうふふな体験

    100

    0


    2021年5月14日更新

    なってみたいものの一つに絶世の美女がある、それは美しい女性のグラビアや大人になってから目にする悩ましい姿の映像を見る機会が増えてからだ。 まさか自分がそのようになれるとは夢にも思わなかったのだが。 そこにはもしかしたら今までに経験したことのない楽しみもあるかもしれない。 なったらなったで考えもしなかった苦労の数々がある事も思い知るだろう。 それは人生を2度経験するのと同じことだ。 今度の物語はそんなあこがれを具現化してみた。 あなたならどうしますか? 60歳おじさんが挑む、美女の体で未来を変える 心はおやじ体は超美女、正義を貫く変身(変態ではない)おじさんは今日も行く。 お仕置きの場面が多く出てきます、別にSではありません。 ああ・・・・あこがれの美女体験!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • お~い、助けとくれ~。異世界でプロ野球入りしてウハウハと思たら、あいつら滅茶苦茶でもう嫌になっちまったよ~異世界東京野球団

    お~い誰か~た~すけとくれ~

    3,800

    0


    2021年5月14日更新

    お~いみんな~聞いとくれ~。 俺はこの話の主人公、岡本未練ってもんだ~。 な~んか俺異世界に飛ばされちまってよ、そ~こでわ~るい大人にそそのかされちまってよ~。 プロ野球選手にな~ちまったよ~。 俺、只の元軟式野球部だってのによ~。 でもでもプロ野球選手ったらウハウハのモテモテよ。 周りはか~わいい娘ばっかだし、こりゃバラ色の人生と思った訳よ。 でもでもでもでもやっぱ人生は甘くね~んだな~。 向こうのプロ野球界よ~、無茶苦茶しやがんの。 温泉旅館で一塁ベース探し求めてさまよったり、試合中にテント張ってキャンプ始めたりよ~、ルールがおかしいんだよ~。 対戦相手も様子が変でよ~あいつら絶対なんかキメとると睨んどるよ~。 あまりに変だからよ野球の神とか言われとるおっさんに意見したら俺、反逆者のレッテル貼られちまった~。 で、今すんげえ嫌われとるよ~。 た~すけとくれ~。 因みに本編じゃこんな口調じゃないだよ~。 ごめ~んねえぇぇぇ~。

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む