ミステリー 長編 連載中

現世堂の奇書鑑定

作者からの一言コメント

古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

現世堂の奇書鑑定の表紙

古書店店主×幼馴染大学生のBLサスペンスミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に、不気味な本を持った客が訪れ……。 ※表紙はヨシモト様に描いていただきました ※不定期更新

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 現世堂の奇書鑑定
作者名 長埜恵
ジャンル ミステリー
タグ BLフェア2020 BL ミステリー 年上×年下 歳の差
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月15日 18時41分
最終投稿日 2021年1月25日 13時08分
完結日 -
文字数 34,650文字
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 35件
ビビッと 2件
応援ポイント 28,800pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 主人公の過去を推理してみてください!

    ♡232,150

    〇300

    ミステリー・連載中・116話・276,940字 甘抹らあ

    2021年1月26日更新

    【あらすじ】 探偵局――それは、国家が優秀な頭脳を管理するために創設した機関。戦後の混乱のなか、ひそかに活動を開始した。 絶世の美女・明智那由(あけち なゆ)は、探偵局所属の名探偵である。「いくら事件を解決しても、世界は平和にならない」という無力感にさいなまれながら、惰性で日々を過ごしていた。 そんな彼女と出逢ったのが、大河内輪吾(おおこうち りんご)。一見すると普通の男子中学生だが、どうにも「優しすぎる」性格の持ち主。 ワケあって助手に任命された輪吾は、那由とともに様々な事件を捜査する。 那由はなぜ、輪吾を助手にしたのか? 輪吾が「優しすぎる」理由とは――? 次第に明らかになる謎に、ご注目下さい! ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません※ 【注意事項など】 ノベルデイズにて完結済みです。30万字弱。転載するにあたって、加筆修正した点があります。 ノベルアッププラスでは2021年1月27日に完結予定です(予約投稿済み)。

  • すぐ完結しますよ

    ♡6,700

    〇0

    ミステリー・連載中・30話・65,223字 釧路太郎

    2021年1月26日更新

    仲の良い家族だったはずなのに、姉はどうして家族を惨殺することになったのか 姉の口から語られる真実と 他人から聞こえてくる真実 どちらが正しく、どちらが間違っているのか その答えは誰もまだ知ることは無いのだった この作品は「カクヨム」「アルファポリス」「小説家になろう」にも掲載しています。