ミステリー 長編 完結済

霊能探偵エトラの事件簿 

作者からの一言コメント

日常に潜む、心霊現象を解決せよ

読了目安時間:35分

どこにでもあるような、小さい個人経営の喫茶店〈ひとひら〉 その店にある裏の顔――それは心霊現象に悩める人々の問題を解決する、トラブルシューターとしてのものである。 今日も舞い込む心霊事件を、看板娘、賀茂エトラが立ち向かっていく。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 霊能探偵エトラの事件簿 
作者名 夢見隼(アレセイアの魔境)
ジャンル ミステリー
タグ 日常の謎コン シリアス 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー 日常 ミリタリー 心霊 霊能探偵 探偵 喫茶店
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月29日 19時00分
最終投稿日 2020年7月3日 19時00分
完結日 2020年7月3日 19時00分
文字数 17,556文字
読了目安時間 35分
ブックマーク登録 5件
コメント 1件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【もうすぐ非公開】

    誰が魔女か?人の死なないラブコメミステリ

    150,100

    698


    2021年6月20日更新

    【告知】 いつもご愛読いただき有難うございます。 この度「間宮宙のスランプ1」を電子書籍化することとしました。 つきましては、審査に通すために一定期間本作品を非公開にする必要があります。 急ではありますが、本作が完結する7月初旬頃に本作を「非公開」にしますので、まだ読み終えていない方は、早めに読了をおねがいします 大変心苦しい決断ではありますが、何卒ご理解くださいますようよろしくお願いします。池田クロエ 華麗なる変人 間宮宙×お人よしな高校生 橘慈雨=ゆるっとミステリィ&イラっとするラブストーリィ ★日常にイケメンとスリルともたらす作品です。 ★殺人は起きませんので、ご了承ください。 ★痴情沙汰は起きますので、ご堪能下さい。 ★扱いにくい人間が出てきますが、お付き合いください。 ●間宮宙(まみやさとる)26歳。 いま最も注目される若き現代美術家の一人で、セレブリティにして超のつくイケメン。 だが困ったことに恋愛不適格者。 スランプに陥っていて2年間絵を描いていない。 苦手なもの:乙女心 ●橘慈雨(たちばなじう)17歳。 地味に、目立たず、控えめに暮らす超平和主義者。 にもかかわらずお人よしなために、トラブルに巻き込まれやすい。 座右の銘は:君子危うきに近寄らず。 慈雨の平凡な日常は、イケメンセレブリティ間宮との出会いで一変する。 <あらすじ> 高校生の橘慈雨は母の頼みで夏休みの間、叔父の間宮と渋々暮らすことに。 そんな二人の前に「魔女のシンボル」を持った女性が現れ、慈雨は間宮とともに魔女の正体を探ることにした。 間宮のスランプの原因が元カノとの別れにあると知った慈雨は、間宮に元カノに連絡することを促す。 当初それを拒んでいた間宮だったが、慈雨と一緒にいるうちに考えを改め、ついに元カノに連絡して返事を待つことにし、いよいよ新作に着手し始めた。同じころ、間宮は魔女の正体を暴くが本当の魔女は、想像の及ばない力と目的を持っていた。 果たして本当の魔女とその狙いは何なのか。 新作は完成するのか。 間宮の恋の行方は? 【お知らせ】 ・6.1から1ページの文字数増やしています。 ・池田クロエは、作品がすべて完結してから連載しますので、毎日更新します。 ・全125,665文字

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • 「僕と靴紐女 人生ハードモードなんていうが僕のそれに比べたら虚構に過ぎない」

    正真正銘の処女作です!

    0

    0


    2021年6月19日更新

    ある日私はとある女性と奇妙な出会いをした。 彼女のせいで、私は社会不適合者のレッテルを貼られるのだが… そんな彼女との日常の中で出会う様々な刺激を是非とも楽しんでください! まずは、その彼女との出会いのお話を!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    26,850

    250


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    28,500

    70


    2021年6月13日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む