Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

小説、好きなところ、気になるところ。

読了目安時間:3分

創作論不要論(番外編)

 創作論不要論、  という言葉がふと頭に浮かんでしまったので、今回はタイトル先行ですこし文章を書いてみようかな、と思います。……で、書いているうちに結構話が逸れちゃったような気がしますが、とりとめのない話、ってそういうもんです。  私の読んだ作品に対するレビューなどのスタンスは、あくまでも面白かったものに面白かった、というだけ。講評的な読み方は一切しません。そもそも私なんぞに講評なんてことができるはずもありません。講評的な企画に自分の作品を提出することもめったにありませんが、作品の改善点を強く求めているひとは講評はどこでも割と盛んに行われていて、企画という形で行っている方も多いので、その中から自分の信頼できる方を見つけて、お願いしてみるのもいいんじゃないでしょうか。講評企画にほとんど参加しないからと言って否定的な感情を持っているわけではなく、私は大概のことはやりたいならやればいいじゃないか、という考えなので、ノベルアップ+では、自分の読みたい作品を探すためのガイドとして良いな、と思ったコラムをブックマークして参加はせずに応援する、という形が多いです。ごく稀に参加したりもしますが、それは本当にタイミングとその時の気持ちが噛み合った以外のなんでもないですね。  ただもしも参加するなら、〈信頼できる方〉ってのは大切な気がします。  例えば私は自身の創作論に、絶対、 を付ける(しかも気軽に)ひとを信頼しないと決めていて、ときおりこれが過ぎてもやもやとしてしまう評に出会うこともあって、読み方はひとそれぞれでもちろんそれもひとつの読み方とは思いますが、すくなくとも私にとっては好感が持てない評かな、と。創作の可能性を広げるために自由という言葉があるのに、なんで自分から狭めようとするんだろう、ってなっちゃうんです。あとこれと同じ線上にある考えになる、と思うのですが、客観的に読みます、という言葉も、うーん、と思ってしまうところがあって、創作の〈正しさ〉って、なんなのでしょうか、とまたそういうことで頭を悩ませてしまって講評どころじゃなくなってしまう気がします。小説の評価って主観から逃れられるのだろうか、と。困った性格です。他に、やたらと創作姿勢に踏み込んでくるひととかは苦手ですね。  突き詰めれば書きたいものを書いた先に、受け入れるひとと受け入れられないひとがいる。  それだけなのでは……?  せめて読んでもらうのならば〈信頼できる方〉に。〈信頼できる方〉と表現したのは、そのひとの評を丁寧に冷静に読めて、その中で取捨選択できるか、という面もあり、存在価値を否定してきたり罵詈雑言を浴びせてくるひとの言葉を素直に聞けますか? たまに厳しさこそが真実を突いている、とでも言うかのようなやり取りを見たりもします。ですが、厳しい、甘い、というのは副次的なものに過ぎなくて、あなたの一番望んでいることが、その作品をよりよくすることならば、違和感を持ったら疑ってみるのも大事なことなのでは、とそういうやり取りを見るたびに、そんなふうに思ったりしますし、これに違和感を持ったなら、この言葉も疑ってください。  ちなみに私の嫌いな某ミステリ作品は傑作と名高いですが、もし仮に私がこの作者と知り合いで作者が私が好きになれない部分をすべて直してくれたとしたら、それは私個人には刺さるかもしれませんが、きっと傑作とは呼ばれなくなるでしょう。それどころか、その瞬間、私以外の世界中の誰からも見向きもされなくなるかもしれません。ああしろ、こうしろ、っていう言葉は、こういう危うさも孕んでいる、と私は自分に言い聞かせたりしながら、楽しみつつのんびり読みながら、のほほんと小説を書いています。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 花とロボット

    トモユキ

    ♡500pt 2021年4月21日 20時40分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    トモユキ

    2021年4月21日 20時40分

    花とロボット
  • うどん

    サトウ・レン

    2021年4月21日 23時06分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    サトウ・レン

    2021年4月21日 23時06分

    うどん
  • 闇百合ちゃん

    ソメヂメス

    ♡500pt 2021年4月14日 9時30分

    創作論不要論という言葉にビビッときました。創作論ってマナーを守って語り合うと楽しいんですけど、どうしても排他的偏執的な物やマンウトの取り合いのような物が目立っちゃうんですよね。自分が好きならそれでいいし多くに受け入れられるならそれで良い。自分の好み以外は全否定の創作論は不要かも。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ソメヂメス

    2021年4月14日 9時30分

    闇百合ちゃん
  • うどん

    サトウ・レン

    2021年4月14日 11時28分

    お互いの信頼感がある中で言葉のやり取りをする分には良いとは思うのですが、特に講評とかになると相手を指導するみたいな意味も含まれてくるので、どうしても過激なものもあって、それもひとつの評ですが、好きにはなれないな、と……。ということで、私にとっての「創作論不要論」でした~。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    サトウ・レン

    2021年4月14日 11時28分

    うどん
  • アマビエペンギンさん

    真朱マロ

    ♡200pt 2021年4月14日 19時52分

    今朝は失礼しました。そして心遣いをありがとうございます(*´ω`*) 創作論、信頼関係があると受け入れ安いですが、基本的に個人個人の好みに左右されるものだと思ってます。へぇそんな考え方があるんだ、を知るのは楽しいですが、押しつけられると苦しくなる。楽しい時間を増やしたいですね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    真朱マロ

    2021年4月14日 19時52分

    アマビエペンギンさん
  • うどん

    サトウ・レン

    2021年4月14日 23時16分

    いえいえ~こうやって外に向けて書いている時に、私自身も誰かの言葉に引っかかりを覚えた経験から文章を書いているところがあるので、違和感を覚えたら肯定なんてしないでください~色々な考えがあるからいいんです。なので創作論でも、絶対、を濫りに作られてしまうと苦しくなってしまいます~。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    サトウ・レン

    2021年4月14日 23時16分

    うどん
  • ひよこ剣士

    はちごさん

    ♡100pt 2021年6月13日 15時38分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    グッジョブ!

    はちごさん

    2021年6月13日 15時38分

    ひよこ剣士
  • うどん

    サトウ・レン

    2021年6月13日 22時51分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    サトウ・レン

    2021年6月13日 22時51分

    うどん
  • クトゥルフ

    五色ひいらぎ

    ♡100pt 2021年4月14日 19時41分

    講評はお金を払ってでもほしい人間ですが(実際に長年お金を払っています)、相手が信頼できるかというのは本当に重要だと思います。幸いにも「絶対」を押し付けてくるような方に会ったことはないですね今のところ……あと、1作に対しては必ず2名以上に講評を依頼し取捨選択するようにはしています。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    五色ひいらぎ

    2021年4月14日 19時41分

    クトゥルフ
  • うどん

    サトウ・レン

    2021年4月14日 23時28分

    ノベルアップ+ではないですが、以前から何人か自身の文学観を限りなく押し付けに近い形で説いているひとを見たことがあって、それは自分の作品ではなかったのですが、自分の好きな作品がそう言われているのはもっと嫌なんですよね~。複数人にお願いすると確かに取捨選択の意味でもいいですね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    サトウ・レン

    2021年4月14日 23時28分

    うどん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る