SF 短編 完結済

降り続く雨の音

作者からの一言コメント

自分でも不思議な作品です

降り続く雨の音の表紙

止まない雨音だけが、今日も私の世界を守ってくれる 繰り返される日常も、止むことのない雨も、そのすべてが「正しい」世界。 私の中にある「記憶」や「意思」は、本当に私自身のものなのだろうか——?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 降り続く雨の音
作者名 hamapito
ジャンル SF
タグ SF 恋愛 大人の恋 短編 切ない 記憶 繰り返し
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月14日 17時46分
最終投稿日 2020年12月14日 18時41分
完結日 2020年12月14日 17時11分
文字数 18,345文字
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 高校生5人組で月を目指す近未来SF

    ♡21,000

    〇203

    SF・連載中・45話・102,718字 嶌田あき

    2021年3月6日更新

    時に、西暦2031年。 優柔不断の女子高生・證大寺《しょうだいじ》キョウカは、ある夜、クラスメイトの理系男子・水城《みずき》ユキと互いの秘密を共有してしまう。彼に誘われるまま打算で訪れた理科室で待っていたのは、夜に活動する妙な理科部員たち。 進路も部活も彼氏も、なんでも二股の親友〈カサネちゃん〉(本名です) キョウカ憧れの先輩、天文ドーム「瑛璃庵《えいりあん》」のイケメン当主〈星の王子さま〉 天文部の吸収合併を画策する理科部の部長は、頑固な芸術家〈岩子一徹《がんこいってつ》〉 理想と現実、友情と恋愛、抹茶ババロアとぜんざい、そして、出会いと別れ。決して両立することのない〈表〉と〈裏〉に翻弄されてゆく5人。 月面基地に残されたかぐや姫の記憶データを取り戻すため、皆既月食の夜、理科部の5人は地下洞窟の奥にあるサーバールームに月面ローバーで忍び込むことを決意する。 夜風が冷たい、いつもの理科室に、月も地球も、表も裏も、優柔不断にぜんぶ持ち込んで、理科部の理科部による理科部のための実験(たたかい)を始めよう。 少し未来の青春が詰まった全30夜。月夜のたびに公開します。 この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しています。

  • モグ……モグ……

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・3話・6,257字 藤和

    2021年3月6日更新

    これは遥か未来の話。物語を管理するAIと物語を読む者。 そのふたりが出会い、作り上げた最期の物語。