文芸/純文学 短編集 完結済

800字の短編小説集

作者からの一言コメント

17の短編小説があります。

800字の短編小説集の表紙

2020.08.18 日間4位 閲覧ありがとうございます! 800字程度の作品を、できる限り書いてみます。 テーマも内容も統一しません。注意が必要な作品は、各作品タイトルとの前書きでお知らせします。 Twitterで見かけたものを、自分なりのやり方とペースでやってみます。 17作品で終了します。 自サイト「さくらの森 別館」へ転載するため、「ノベプラオンリー」タグを削除しました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 800字の短編小説集
作者名 櫻居 惠
ジャンル 文芸/純文学
タグ 800字
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月17日 16時23分
最終投稿日 2020年10月26日 20時08分
完結日 2020年12月24日 18時11分
文字数 13,484文字
ブックマーク登録 5件
コメント 2件
スタンプ 15件
ビビッと 0件
応援ポイント 9,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • いろんな作品があります。

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・7話・14,998字 吹田栞

    2021年3月2日更新

    こんにちは、吹田栞です。今後はこちらの方で活動したいと思っています。ですが、今までの作品を投稿しないのはもったいないので、短編集という形にしました。ごちゃまぜですし、一個のアイデアを伸ばしたものも多いですが、楽しんでいただけるなら幸いです。

    タグ:

  • 明けてほしくない夜もありますよね

    ♡7,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・9話・22,185字 幕(まく)

    2021年3月1日更新

    零時のイルカ。それは毎晩零時に開かれる、夢の世界への扉。 扉の向こうには管理AIのイルカさんや、昼間の世界で生きづらさを抱えた人達がいる。 現実では残せない生きた証を、ここに託していく人たちがいる。 そんな世界で「私」は今日も、息継ぎをする。 ※物語の都合上自殺などの表現が出てきますが、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。