恋愛/ラブコメ 長編 連載中

もしも砂糖が甘ければ

作者からの一言コメント

高校生部活もの!といっても文化部なのです

読了目安時間:3時間41分

「ブラックホールに吸い込まれる瞬間ってどうなるんですか?」 恵美は高校一年生。憧れの先輩を追いかけて摂津北山高校に入学した恵美は、先輩の所属する「理学部」に入部する。そこでは不思議な実験が行われようとしており…… 化学と物理学を中心に、現実の理論・実験をモチーフにした「摂津北山高校理学部」の活動を恵美の視点から描きます。 色が変わる実験、果物の香りがする実験、ブラックホールについての議論など、化学教室で繰り広げられる理論と実験の数々と、素直になれない恵美と不器用な先輩との距離にご注目ください。 ほぼ毎日連載中です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 もしも砂糖が甘ければ
作者名 時岡結絃
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの コメディ 女主人公 現代日本 学園 部活動 日常 物理学 化学 文化部 ハッピーエンド ノベプラオンリー 第1回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月29日 23時00分
最終投稿日 2019年8月21日 18時00分
完結日 -
文字数 110,715文字
読了目安時間 3時間41分
ブックマーク登録 17件
コメント 3件
スタンプ 49件
ビビッと 0件
応援ポイント 10,410pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 俺の物語には主人公だけがいない

    拙い文章ですが、読んで頂けたら嬉しいです

    1,200

    0


    2021年6月23日更新

    ただただ何もない日常を過ごす今どきの若者な主人公の拓哉。 何もないただの日常だったはずの一日に唐突な非日常が訪れる。 未来人の女、光との出会いが拓哉の何もない人生に物語を作り始めた。 すぐに惹かれた光の為に頑張りたいが、何の特徴もない何の特技もない拓哉の苦悩と葛藤。 主人公になりたい男の物語が始まる。 カクヨム様、小説家になろう様でも同時投稿中です。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • R18 はるかかなた〜催眠の愛〜

    R18な作品ですが見てもらえると嬉しいで

    0

    0


    2021年6月23日更新

    突然神様の悪戯で異世界に召喚された主人公。 そこで拾われた男性に催眠を掛けられて部下に調教をされる。 従順になった主人公の催眠生活。 ♡喘ぎ、モロ語、オノマトペ、催眠、調教、青姦、触手複数プレイ等が有りますのでご注意下さい。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。

    百合風味の僕っ娘ロボだお

    65,300

    0


    2021年6月22日更新

    魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 画:空想代理人達のアトリエ/松本烈〈わい〉様、嶋田美由様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間54分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    41,100

    360


    2021年6月4日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※あくまで、これは恋愛物語です ※画像は自作 あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間5分

    この作品を読む