異世界ファンタジー 長編 連載中

転生の設計士 ~科学と魔法が融合するとき、異世界の逆転劇が始まる~

作者からの一言コメント

ハイスピードハンティングアクション始動!

凶霧と呼ばれる瘴気が蔓延する異世界。 『モンスターイーター』というハンティングゲームが大好きな元エンジニア『加治柊吾』は、目覚めると少年になっていた。それも両腕両足を魔物に喰われた状態で。 柊吾は絶望の中でひたすら魔術や鍛冶を学び、前世の知識を以ってある設計図を完成させる。 名を魔術機動・強化装甲『隼(はやぶさ)』。 十年かけて素材を集め、それを完成させた柊吾は、凶霧によって凶暴化した魔物たちへ挑んでいく。 討伐と設計を繰り返し成長する、ハイスピードハンティングアクション始動! 今回は、ストーリー性よりもゲーム性を重視し、広大なフィールドを開拓していくワクワクを提供していきたいと思ってます! ※小説家になろう様、エブリスタ様、カクヨム様、セルバンテス様にも連載しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 転生の設計士 ~科学と魔法が融合するとき、異世界の逆転劇が始まる~
作者名 高美農四間(玉宮夜彦)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 戦記 ダーク シリアス 男主人公 最強主人公 魔王 人外 ダンジョン ハーレム モンハン ゲーム
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月17日 5時10分
最終投稿日 2020年11月25日 7時19分
文字数 330,065文字
ブックマーク登録 38件
コメント 1件
スタンプ 556件
ビビッと 11件
応援ポイント 177,400pt
ノベラポイント 2,288pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡190,600

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・78話・378,624字 普門院 ひかる

    2020年11月25日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 短編集です 

    ♡13,400

    〇0

    文芸/純文学・連載中・49話・142,204字 押利鰤鰤

    2020年11月24日更新

    いろいろなところに投稿した作品集 第49話 「ほろ苦く、甘酸っぱい」更新 第13回文藝マガジン文戯杯 「結晶」 第二位

    タグ:

    短編 文戯

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • オークとメイドとチンピラ冒険者が紡ぐ物語

    ♡36,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・98話・360,844字 菊池竹光

    2020年11月25日更新

    「ご主人様は、オチ〇チ〇立たないんだからっ!」 ボクっ子ハーフエルフメイドの悲痛な叫びが後宮に響く。 オークキングに転生した主人公は人類の憎悪を一身に背負いながらも、メイド三人(母性的な巨乳美人、堕ちた堅物系姫騎士、ボクっ子ハーフエルフ)からの一途で過剰な愛情を注がれる毎日を送っていた。 物語はオークキング討伐に三人の女冒険者、聖剣に選ばれし勇者(チンピラ気質のレンジャー)、人類最高の魔術師賢者(マッドウィザード)、奇跡の代行者聖女(宗教ヒス女)が訪れるところから幕を開ける。 ※「小説家になろう」で完結済みの同タイトルの改訂版です。お話自体はほぼ同じものですが、キャラクターの言動など違和感を覚える部分を修正しています。

  • 学園×スチームパンク×ダークファンタジー

    ♡5,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話・18,351字 バフォット

    2020年11月25日更新

    蒸気機関が発達し、魔術という力が広く認知されたどこかの場所、いつかの時代―― 『鴉の魔女』に呪われた家系であるダンウィール家。その末裔である少年・ヴォルドは自らの家系に残り続ける呪いを解くため、同じく四千年前に『永遠の魔女』に呪われた妖狐・クロナと共に、探し物をしていた。 その探し物――呪いを解く手がかりは、約二百年前に失われた禁書『マグナスの手稿』。そしてその行方を知る『永遠の魔女』、それを打ち倒す力である、魔女に砕かれた五十五の『黒い欠片』であった。 神聖リーヴァラ大帝国に座する帝立ウィザードロード学園に所属し、各地の魔女・魔術・魔物事件を捜査する中で浮き彫りになる魔女と人類の確執、魔女の思惑、人々の思想。 さらには大陸全土で広く信仰される一神教、暗き世界の吸血鬼、そしてさらには一振りの魔剣に伝承の生物、精霊――それらは複雑に絡み合い、ことは大陸全土に波及する事態へと発展していく。 ダンウィール家、そしてクロナを呪った『鴉の魔女』と『永遠の魔女』の目的、およそ百八十年前に起きた技術革命、そして年々増加する魔物被害。それらは全て、マグナスが遺した禁書『マグナスの手稿』が握っていた。 その禁書のページが捲られるとき、大陸の奥底に眠る恐るべき『古のもの』の胎動が、すぐそこへと迫っていた。 呪いと誓約、それらは、全て、ただ一つの思いに等号で結ばれるもの。 バトルアクション・スチームパンク・ダークファンタジー、ここに開幕。 全てが明かされるとき、人類はその原罪の本質と対面する。 それは救いか、それとも罪深きヒトへ下された罰か―― ◆ 一話平均800文字から2500文字です。五分もあれば読めるので暇潰しなどにどうぞ。 犯罪行為などの反社会的行為を賞賛・示唆・強要する意図は一切ありません。 本作はフィクションです。実在の人物・団体・事件・地名などとは一切関係ありません。