異世界ファンタジー 長編 完結済

【第一部完結】激闘!異世界警察24時最前線スペシャル!

作者からの一言コメント

異世界×リアルな警察24時(not転生)

【第一部完結】激闘!異世界警察24時最前線スペシャル!の表紙

《至急至急!自称勇者と名乗る男が暴れているとの申報》 【3月28日第一部完結しました!!!!】 ある日、I県とC県の県境に、異世界の大陸が地震と共に出現した。 現代日本と文化も種族も原生植物も違う大陸、【ガーランド王国】。 ゴブリンは畑を荒らし、ドラゴンは空を飛び、異種族が不法入国してくるわの大騒ぎでI県警は大パニック。 そんなこんなで県警だけでは対処しきれないと、政府が対応に乗り出した。 種族雇用均等法。正規の移民手続きを経て戸籍を獲得した者は種族問わず日本国で仕事ができる。 それは、警察官も例外ではない。 異種族相手に少ない人員で対応できないと、I県警は種族にかかわらず警察職員の採用を始めた。 今日も異世界との境にある境島警察署の警察官達は、不法就労の異世界人達を強制送還し、自称勇者や騎士を職質するのだ。 元リザード族戦士の 毒島(ぶすじま)巡査部長。 鑑識一筋ドワーフ族 土井頭(どいがしら)警部補。 オーガ族 会計課長 緒方(おがた)課長。 エルフ族 江田島(えだじま)主任。 亡きガーランド王の二男、新人巡査 ユリウス・フォン・ガーランド巡査 個性豊かな面々が、今日も地域の安全を守っている。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 【第一部完結】激闘!異世界警察24時最前線スペシャル!
作者名 片栗粉
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 警察 チートなし ハーレムなし コメディ シリアス 人外 エルフ 現代日本 オーガ 獣人 ファンタジー HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月26日 23時31分
最終投稿日 2021年3月28日 15時03分
完結日 2021年3月28日 15時04分
文字数 163,155文字
ブックマーク登録 45件
コメント 13件
スタンプ 109件
ビビッと 1件
応援ポイント 58,950pt
ノベラポイント 250pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法少女自殺〜エラープロセス

    魔法少女が自殺した。本当のゲームが始まる

    12,800

    100


    2021年4月17日更新

    総合ランキング瞬間的一位になりました(´∀`*) 魔法少女春風美兎が自殺した。 死ぬ直前に謎の数字を友人達に遺して。 以降世界にただならぬ空気が流れ始める。 偽物の魔法少女達が、真相の解明と解決に乗り出すが。 ニュースにも取り上げられる異常現象の真実は? 原因は何か? 何かを知るはずの少女、野倉野々は諦観したような眼差しで「偽善者乙〜」とほくそ笑み、何も知らない人達はただ困惑してパニックに。 知る者と知らない者達のファンタジックヒューマンドラマ

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • クリムゾンナイト~傀儡英雄と亡国の予言~

    これは作られた英雄譚

    120,500

    600


    2021年4月17日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 末裔勇者の冒険譚 ~魔王になった勇者は悪をぶっ潰す!~

    伝説の勇者が正義ではなかったとしたら?

    37,400

    0


    2021年4月18日更新

    この世界には人間族と魔族という種族が存在する。 人間族とは神と人の間に誕生した種族と言われ、自然の力を己の糧として行使する『魔法』という力を持っていた。 対して魔族とは人間族とは異なる姿をした種族。 翼や尾、角などの身体的特徴を持ち、その容姿を活かした様々な特殊能力を持っていた。 両者はシルヴェスタという地で顔を合わせることなく暮らしていたが、ふとしたきっかけで争いが起きる。 互いに相容れない両者の争いはシルヴェスタ全土へ一気に広がり、各々が王を立ててシルヴェスタを我が物にしようと戦争を始めたのだった。 魔法による遠距離攻撃によって争いは人間族が優勢を見せていたが、魔族は空からの攻撃や奇襲で人間族に対抗する。 お互いの消耗戦が続く戦争は100年に渡って繰り広げられ、両者の総数が3割にまで減少すると、拮抗状態のまま冷戦に突入する。 永久に続くかと思われたこの人間族と魔族の戦争は、人間族側に現れた一人の男によって終息を迎えることになる。 勇者エターニア 魔族に劣らない戦闘力を持ち、魔法をも使いこなすにエターニアは、魔族の軍勢を見事に掻い潜り直接魔族の王グリザイアを討ち倒したのだ。 王を失った魔族は浮足立ち、人間族に一気に押されてシルヴェスタ南西に位置するルーツ山脈へと追いつめられる。 全滅するかと思われた魔族だったが、人間族にはルーツ山脈へ逃げ込んだ魔族を掃討する力は残っていなかったのだった。 かくして 人間族はシルヴェスタ国のほぼ全土を、魔族は国の2割にも満たないルーツ山脈方面を生活圏とし、100年に渡って続いた人間族と魔族の戦争は、人間族側の勝利で幕を引いた。 これは、そのシルヴェスタという一つの国の500年後の物語である。 この物語はフィクションです。 実在する企業、団体、名称とは一切関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間38分

    この作品を読む

  • 銀月の狼 人獣の王たち

    動物を纏い戦う人獣騎士のハイファンタジー

    74,600

    550


    2021年4月18日更新

    ※毎日最新話アップ予定 我々の世界と東西が反転した、しかしよく似た別世界。 その世界で文化華やぐニフィルヘム大陸――。 かつて大陸全土を治めた古代ガリアン帝国が滅びて既に千年以上。 大陸はいくつもの国に分かれ、国々は人造の動物を生きた鎧としてまとう人獣の騎士〝鎧獣騎士(ガルーリッター)〟を兵器として互いに覇を競っていた。 錬獣術師(アルゴールン)を父に持つ16歳の少年イーリオは、山の中で銀髪の少女と銀狼の鎧獣(ガルー)と出会う。だが少女と銀狼には、北の大帝国を揺るがす、大いなる秘密があった……! 差し向けられる帝国からの刺客。異教の神を祀る敵。様々な仲間達との出会いと別れ……。そして訪れる決断の時。 イーリオ、少女、そして銀狼は、大陸全土を股にかけた陰謀と謎、戦乱と神秘に満ちた長い長い冒険の旅に繰り出していく。 これは、獣の力をその身にまとった騎士たちが織りなす、人外の戦語り。 一人の若者が導く、偉大なる獣の王たちの物語。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 本作は小説家になろうのノベプラ版です(掲載にあたりほんのちょっぴり改訂もしております)。 元々はある人に読んでもらいたくて書きはじめた物語ですが、書く事自体に喜びを見出し、壮大な物語になってしまいました。 是非楽しんでいただけたら幸いです! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 2020年11月5日 ジャンル別ランキングで1位!! 総合ランキングで6位にいただきました!! 応援、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間30分

    この作品を読む