異世界ファンタジー 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

かくして竜は空に謳う

作者からの一言コメント

竜と女と百合の血みどろバトルファンタジー

読了目安時間:2時間55分

総エピソード数:31話

女は死を覚悟して竜へ挑み、名を失って呪いを得た。 呪いは闘争を呼び、闘争はさらなる闘争を呼び、やがて世界をも巻き込むほどに広がりゆく。 名もなき彼女はそれでも謳う。 闘争の渦中で己を謡う――― これは竜に呪われた女が竜を殺すまでの物語、あるいは名を失った彼女が名を得るための軌跡である。 『竜と女と百合』で織りなす、『近世~近代くらいの文明+魔術による世界観』を舞台とした、『血みどろバトルファンタジー』作品となります。 行く先々で厄介ごとに巻き込まれては女性といい雰囲気になったり故郷で待つ恋人? に想いをはせたり少女に解剖されそうになるお話です。 ※基本的には一章書きあがるごとに更新となります。 ※章完結までは毎日更新ですが、次章までは結構な時間が空くと思います。 ※不死者による肉体を雑に扱うバトルが頻発するので、嫌いな方や読んでいて不快な気分になった方は申し訳ありません。 ※サブキャラとして異性愛描写はあり得ますが、メインキャラは主に女性同士の恋愛要素となっています。TSはないのでご所望の方はほかの作品をお求めください。

総エピソード数:31話

作品情報

作品名 かくして竜は空に謳う
作者名 くしやき
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 アクション/バトル 人外 西洋風 R15 百合 ハッピーエンド ロリ 吸血鬼 魔法 異世界 不死者 近世
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年1月8日 19時31分
最終投稿日 2022年2月7日 6時00分
完結日 -
文字数 87,453文字
読了目安時間 2時間55分
総エピソード数 31話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【第二部】『こちら転生者派遣センターです。ご希望の異世界をどうぞ♪』【悪役令嬢編】

    私なりの『異世界転生』です。

    36,300

    32


    2022年5月24日更新

    どこかにあるという、摩訶不思議な場所『転生者派遣センター』。その場所では簡単な面談を行い、自身の希望を伝えることによって、好みの異世界へ転生することが出来る。 今日も様々な思い(主に欲望)を抱いたものたちがその場所を訪れ、それぞれの希望にできるだけ沿った異世界へと旅立つ。あくまでもできるだけではあるが……。 これは転生者派遣センターを気軽な気持ちで利用し、様々な予期せぬ事態に見舞われ、翻弄されるものたちを描いたオムニバスストーリーである。 ※オムニバス形式です。ケース1、ケース2、どちらから読んで頂いても構いません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

  • ソード・オブ・ホワイト–魔術至上主義の世界で最強剣士を目指す

    想像を掻き立てる戦闘描写と情景描写

    200

    0


    2022年5月25日更新

    --その昔、現代に六龍と伝承される龍がいた。 英雄は龍を短刀へと封印し、計六本になったそれを『始祖の剣』と名ずけ、異なる特徴をもった6つの剣術『龍派』として、後世へと伝承した。 剣士達はしのぎを削り、いつしか剣術至上主義の世界が完成していたが、ある日世界に魔術が登場し、圧倒された剣士達の地位は転落していく……。 時は経ち、魔術至上主義へと完全に移り変わった現代に、 誰も才を持てず、架空の龍派とされていた6つ目の龍派『白鱗流』の才を持つ少年『アルバ』がいた。 アルバは魔術至上主義の世界で剣士差別を受けながらも、自らが最強剣士となり差別のない世界を作る野望をもつが、 世界の有権者は幾多の覇権に揺るがされていて……。 そんなある日、アルバは1人の剣士オベロンに進級審査を救われ、最強剣士への憧れをより一層募らせる。 1人の名も無き少年アルバが、剣術で世界を相手に戦うファンタジー作品です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 倍希釈のコーヒー

    銀縁眼鏡おっさん生物教師と生徒のアレコレ

    124,100

    1,950


    2022年5月5日更新

    バレンタインデー当日。今や時代は国際化(インターナショナル)時代。多様性(ダイバーシティ)を受け入れるのにやぶさかではない時代であれば、乗るしかないそのビッグウェーブに! ということで、コツコツ貯めた小遣いとバイト代で購入した真っ赤な薔薇の花束を持って、足掛け十五年恋した幼馴染へいざ告白! と隣のクラスを訪れた越後 櫂(えちご かい)高校三年生。 クラス一同衆人環視の中での告白はあえなく玉砕。地面に散らばった赤い花弁を半泣きで回収しながら馴染んだ生物の準備室に駆け込んで、しくしくと膝を抱えて丸くなっていた彼の前に現れたのは、銀縁眼鏡と無精髭がトレードマークの生物教師、和泉。 いつも通りに憎まれ口を叩きながらも、そっと差し出された味も香りもろくにしないコーヒーを受け取って、ふと眺めた棚に並んだインスタントコーヒーの空き瓶たち。その意味を悟って見上げた無精髭だらけの顔が、何やらいつもと違う風に見えてきて——? 見た目は美少年な極北国とのハーフ、その実、ボケとツッコミハイブリッド属性な男子高校生の幼馴染の女の子への当たって砕けろなバレンタインデーの告白と、そこから振り返る銀縁眼鏡無精髭な生物教師のおっさんと何かが始まるような始まらないような微妙な距離感のアレコレ。 恋は始まるのか始まらないのか? 天然小僧となんだかんだよろめきがちな大人げないオブ大人げない生物教師 VS こじれにこじれまくった恋する少女のややこしいテンション高めのラブコメディ。お楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • 小さい先輩と大きい後輩の何気ない非日常

    百合ときどき百合

    1,900

    200


    2022年4月29日更新

    先輩は(いろんな意味で)小さかった。 後輩は(いろんな意味で)大きかった。 あどけない少女二人は、日々ヘンテコな非日常に誘われて行く。 死にそうで死なない。安心安全な〝非日常〟は如何ですか? 押し寄せる不幸の連続。 溜め息に次ぐ溜め息。 果たして、少女二人の〝普通〟な明日はどっちだ。 これは、〝小さい先輩〟と〝大きい後輩〟が織り成す、〝何気ない非日常の日々〟を綴った物語である。 ※この作品は不定期連載です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む