連載中 長編

寒山またズレ草 ~エッセイとは名ばかりのむだ話

作者からの一言コメント

ぐっだぐだのよもやま話です。たまに真面目

昔つらつらと書き連ねていたものをエッセイと称してダダ漏れにしてみました。 古い話なのでネタが時代遅れだったり季節がズレまくったりしてますが、生ぬるーい目で見守ってやってくださると作者は喜びます(待)。 さあて御用とお急ぎでない方は寄った寄った! (でもくだらない話ばっかですすみません)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 寒山またズレ草 ~エッセイとは名ばかりのむだ話
作者名 北浦 寒山
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ノベプラオンリー 日常 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月14日 15時00分
最終投稿日 2020年7月3日 21時00分
文字数 230,973文字
ブックマーク登録 36件
コメント/スタンプ 819件
応援ポイント 211,569pt
ノベラポイント 609pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡182,300

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 有料感想ジャンキーが恩恵を全力で語り倒す

    ♡800

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・5話 五色ひいらぎ

    2020年7月4日更新

    2017年から現在までの3年間、表題の量の有料感想を買いまくった有料感想ジャンキーがその恩恵をひたすら語ります。 現在有料感想について炎上しているようなので、感想書き手の皆さんが萎縮していないかと心配しての投稿です。 日頃お世話になっている恩はここでお返しせねばならぬ……! 有料感想を誰にでも推奨するわけではありませんが、せめて「有料感想=悪」という最近の空気が少しでもましになればと思います。

  • 締め切りギリギリに駆け込みました。

    ♡20,500

    〇230

    エッセイ/評論/コラム・連載中・16話 緋桜流

    2020年7月4日更新

    二年前の六月。私は人生初めての手術に挑みました。 しかも、自分は全くの健康体。 健康でなければ受けられない手術。 本来、重く考えなければいけないこの手術に、実に軽い気持ちで立候補した私。 この日までの悪戦苦闘と遅きに失した迷いと情けないほどの後悔。 手術後の悲鳴を上げる日々など書き記しています。 全編、軽い仕上がりになっておりますので、よろしければご一読ください。