歴史/時代 長編 連載中

花は桜!

作者からの一言コメント

昭和二〇年、戦争末期の東京の物語です

東京浅草に住む平凡な高校生の早水光。3学期の始業式の朝に、遅刻しそうになりながら走るいつもの道。言問橋近くの工事現場の脇を通りがかると、そこで太平洋戦争中に落とされた不発弾の爆発に巻き込まれて・・・。 一方、昭和20年1月9日早朝、その不発弾を落とすことになるB-29はクリストファー・リプトン中尉の操縦で東京に接近しつつあった。 鳴り響く空襲警報に慌てて避難する高等女学校5年生、菅野桜。 B-29を必死に追撃する日本軍戦闘機に乗り込むは若き陸軍航空士官、伊吹芳彦中尉。 それぞれの運命が、あの日に向かって交錯して行く。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 花は桜!
作者名 みかん犬
ジャンル 歴史/時代
タグ ほのぼの 戦記 男主人公 和風 ミリタリー 日常 転生/転移 第二次世界大戦 太平洋戦争 空襲
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月8日 23時12分
最終投稿日 2020年10月9日 22時12分
完結日 -
文字数 30,057文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人生をかけた勝負。共に挑むのは元死体!?

    ♡232,900

    〇1,253

    異世界ファンタジー・連載中・23話・59,189字 tmtm

    2020年12月4日更新

    「期限は一週間。それまでに第三階層に到達できなければここから去って頂きます」 幼き日に両親を亡くしたケイタは無免許の冒険者として貧しい暮らしを余儀なくされてきた。彼は両親の死の真相を探るため前人未到のダンジョン探索に参加することに。 最も重要とされる仲間選びだったが、登録所で大貴族の子息とトラブルを起こし冒険者たちから敬遠されてしまう。そんな彼とパーティーを組むことになったのは謎の少女とリザードマンの魔術師。 彼らは貴族たちからの蔑視や妨害を受けつつもダンジョンへ挑む。 三時間もたてば魔物の餌になると高をくくられていた一行だったが快進撃を続け…… 20201018 タイトルとストーリー変更しました。 20201027 プロローグ追加しました

  • 家出少年と怨霊幼馴染の暴走青春ジュブっ

    ♡46,300

    〇1,700

    現代/青春ドラマ・連載中・8話・17,644字 真坂

    2020年12月5日更新

    冨貴乃東寺は今困っていた。 生まれて生きて16歳高校男児。 両親は先日子を捨てて夜逃げした。しかし東寺は気付かずに四畳半の自室で一人畳で大富豪をしていた。 彼はその日、自宅のドアがバンバン叩かれてヤクザ者に借金の返済を迫られる。両親が残した借金は3000とんで20万。とても払えないと踏んだ東寺は家の隠し通路から逃げ出した。 幽霊と一緒に。 「ねえねえふっきー! お金も無いのにどこ逃げるの?」 「親探すしかねーだろ!」 「多分その親もお金ないよ」 「警察に保護……はさておき、いくぞ。レッツ都会! コンクリートジャングル!」 「東京バナナひゃっほー!おらワクワクしてきた!」 幼馴染の幽霊、福住小菜は10年前に一家無理心中で家族に殺されてから家に来てもう10年の付き合いになる東寺の相棒であり、怨霊であり、友達である。 冬のあるイベントの日、カボチャのマスクをして、全身黒タイツを着て、機関銃を持ってちびっこを脅しに回るイベントで、小菜はその時だけ生き返り、まるで生きているように外を駆け回っていた。 そんな彼らだけが知る特別な世界。 家出(夜逃げ?)少年と怨霊?幼馴染コナの涙あり笑いありな現代社会舐め舐め大冒険は始まった! イラストいただきました! イラスト キャラ 鷄飼 諒様 背景 フリーサイトGAHAG様 フォント 簡単ロゴ作成様 文 真坂

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 渋沢栄一も出る幕末の埼玉人の話です

    ♡77,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・16話・119,401字 海野 次朗

    2020年12月6日更新

    タイトルは『北武の寅』(ほくぶのとら)と読みます。 幕末の埼玉人にスポットをあてた作品です。主人公は熊谷北郊出身の吉田寅之助という青年です。他に渋沢栄一(尾高兄弟含む)、根岸友山、清水卯三郎、斎藤健次郎などが登場します。さらにベルギー系フランス人のモンブランやフランスお政、五代才助(友厚)、松木弘安(寺島宗則)、伊藤俊輔(博文)なども登場します。 根岸友山が出る関係から新選組や清河八郎の話もあります。また、渋沢栄一やモンブランが出る関係からパリ万博などパリを舞台とした場面が何回かあります。 前作の『伊藤とサトウ』と違って今作は史実重視というよりも、より「小説」に近い形になっているはずです。ただしキャラクターや時代背景はかなり重複しております。『伊藤とサトウ』でやれなかった事件を深掘りしているつもりですので、その点はご了承ください。 (※前回同様、NOVEL DAYSとカクヨムにも同じ内容のものを転載しています) 参考史料は埼玉県関連の史料のみ、ここで明示しておきます。それ以外は基本的に前回の『伊藤とサトウ』とほぼ同じですので、お手数ですがそちらをご参照ください。 『渋沢栄一』(吉川弘文館、土屋喬雄)、『歴史に隠れた大商人 清水卯三郎』(幻冬舎、今井博昭)、『根岸友山・武香の軌跡・幕末維新から明治へ』(さきたま出版会、監修・根岸友憲)、『埼玉の浪士たち「浪士組」始末記』(埼玉新聞社、小高旭之)、『幕末維新埼玉人物列伝』(さきたま出版会、小高旭之)、『埼玉武芸帳・江戸から明治へ』(さきたま出版会、山本邦夫)、『江戸時代 人づくり風土記 11巻 埼玉』(農山漁村文化協会)、『図説 埼玉県の歴史』(河出書房新社)、デジタル版『渋沢栄一伝記資料』(渋沢栄一記念財団)

  • 斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    ♡287,700

    〇9,508

    歴史/時代・連載中・168話・329,171字 華研えねこ

    2020年12月6日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 ※尚、あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※ ※※現在、HJ大賞2020後期応募のため原稿の順番などを調整中でございます。※※