現代/青春ドラマ 長編 連載中

ブルーモーメント -ハイブリッド・グランツーリスモ-

作者からの一言コメント

女の子が自動車を運転するだけ()

読了目安時間:2時間25分

ブルーモーメント -ハイブリッド・グランツーリスモ-の表紙

GTとは市販の車種から派生したレース専用車両のこと、元は市販車を改造したツーリングカーだったが、それを発展させたレースのためだけに新造したシャーシに市販車風のガワをかぶせたものをグランツーリスモと呼ぶ。 唸るエンジン、回るタイヤ、空気を切り裂くボディ、青い空、白い雲、眩しい太陽、美人のねーちゃん、積み上がる残業、上がらない給料、速く走る事しか考えていないGTカーがサーキットを駆け抜ける。 これはとにかく速いけどスタミナがないF3上がりの"キリノ"と、そんな速くないけど延々と同じペースで走り続けられるS耐上がりの"リンカ"が日本のGTレースに参加する話。 表紙画像提供様 @DonomichiNarito

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ブルーモーメント -ハイブリッド・グランツーリスモ-
作者名 春ノ嶺
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ スーパーGT 自動車 モータースポーツ ハイブリッド 富士スピードウェイ レーシング レース 女主人公 現代日本 グランツーリスモ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月13日 21時18分
最終投稿日 2021年6月21日 20時54分
完結日 -
文字数 72,353文字
読了目安時間 2時間25分
ブックマーク登録 15件
コメント 53件
スタンプ 28件
ビビッと 14件
応援ポイント 63,700pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 2件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私。

    時に「私。」の言葉は刃となる

    22,000

    50


    2021年6月19日更新

    この話の中に出てくる人物は、全て同じ人間、成人女子である。 彼女に限らず、誰だって様々な局面で様々な立ち回りをするものだ。 無意識に。別人のように振る舞う。 人間は無意識に相手によって振る舞い方を変えている。 良くも悪くも。 誰もが持つ陰と陽。 最後に。 彼女はメンヘラ そして バイセクシャルである。 一話完結の短編集。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 雨にも負けず

    デコボコ三人組の織り成す、奇妙な日常。

    18,500

    10


    2021年6月22日更新

    「失っても失っても、希望はある。だから、前を向いて生きるしかないんだよ」 NYの満員電車から逃れる為、常盤霖雨は、同居人を募集していた同い年の青年、神木葵の家に転居した。快適な生活に安心した頃、ひょんなことから蜂谷和輝を拾い、三人での奇妙な生活が始まった。 理想と現実の間でヒーローを目指す和輝。異世界の妄想に取り憑かれて疑心暗鬼の霖雨。そして、家主である葵は凄惨な過去を抱え、ある事情から他人との交流を絶っていた。 過去の因縁や生きていく意味を問い掛ける、希望と救いのお話。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    30,450

    250


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    775,950

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む