現代/青春ドラマ 短編 完結済

うちの妹は缶ジュースの開け方がおかしい

作者からの一言コメント

プラナリア企画のお題で短編を書きました。

読了目安時間:2分

咲蘭さんのプラナリア企画参加作品です。 お題「缶ジュースの開け方はそうじゃないと微笑む」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 うちの妹は缶ジュースの開け方がおかしい
作者名 寿甘(すあま)
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ プラナリア企画
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月2日 23時22分
最終投稿日 2021年5月2日 23時23分
完結日 2021年5月2日 18時49分
文字数 1,233文字
読了目安時間 2分
ブックマーク登録 8件
コメント 5件
スタンプ 22件
ビビッと 6件
応援ポイント 8,400pt
ノベラポイント 1pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    693,220

    3,668


    2021年5月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間44分

    この作品を読む

  • ふろむ・○○○○

    世界を救う、ちょっと下品なお話

    2,700

    15


    2019年7月27日更新

    学校のトイレから繋がる、十二の異世界。 それらの世界は全て、何らかの問題を抱えていた。 しかし、異世界から持ち帰るアイテムに世界たちを救うヒントが隠されていたのであった。 胃腸の弱い主人公は異世界でトイレを求めて彷徨いつつも、世界を救う手助けをすることになる。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    104,400

    188


    2021年5月12日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

  • 雨にも負けず

    デコボコ三人組の織り成す、奇妙な日常。

    13,700

    10


    2021年5月12日更新

    「失っても失っても、希望はある。だから、前を向いて生きるしかないんだよ」 NYの満員電車から逃れる為、常盤霖雨は、同居人を募集していた同い年の青年、神木葵の家に転居した。快適な生活に安心した頃、ひょんなことから蜂谷和輝を拾い、三人での奇妙な生活が始まった。 理想と現実の間でヒーローを目指す和輝。異世界の妄想に取り憑かれて疑心暗鬼の霖雨。そして、家主である葵は凄惨な過去を抱え、ある事情から他人との交流を絶っていた。 過去の因縁や生きていく意味を問い掛ける、希望と救いのお話。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間44分

    この作品を読む