完結済 長編

カペルマイスター ~宮廷楽長アントーニオ・サリエーリの苦悩~

作者からの一言コメント

サリエーリとモーツァルトのお話です。

※表紙はあっきコタロウさんから頂いたファンアートです。ご本人から表紙に使う許可を得ております。 サリエーリはモーツァルトの才能に嫉妬した。 サリエーリはモーツァルトの楽曲を盗作した。 サリエーリはモーツァルトを毒殺した。 どれも、何の証拠もない悪意ある風説でした。 サリエーリの没年前後、ヨーロッパ中で語られたこの噂は、後年発表される彼等を題材にした戯曲によって、あたかも真実であるかのように世界に広まってしまったのですが、近年ではサリエーリの再評価の流れも生まれております。 これはサリエーリとモーツァルトの関係を、いくらかの事実を基にして筆者が大いに脚色を加えた、完全なフィクションの物語です。決して史実ではないという事をどうかご了承下さい。 物語の都合上、モーツァルトとの交流がかなり多くなります。 モーツァルトの独白に始まり、 第一幕 若き宮廷室内作曲家の誕生 第二幕 かつて神童と呼ばれた男 第三幕 苦悩の日々と友の急死 第四幕 彼の後悔と突然囁かれる噂 という内容でお送りします。

前へ

次へ

作品情報

作品名 カペルマイスター ~宮廷楽長アントーニオ・サリエーリの苦悩~
作者名 寿甘(すあま)
ジャンル 歴史/時代
タグ シリアス 男主人公 西洋風 ノベプラオンリー 第1回歴史時代大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月18日 14時10分
最終投稿日 2020年5月23日 20時08分
文字数 103,121文字
ブックマーク登録 53件
コメント/スタンプ 445件
応援ポイント 156,900pt
ノベラポイント 3,965pt
応援レビュー 5件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ジャンプ系能力バトルをお楽しみください

    ♡54,500

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 一輝

    2020年4月17日更新

    とある街で、普通に学生生活を送っている唐揚げ好きの男子高校生 天月 空(16) 何事もなく平和な筈の日常‥ 空はいつものように行きつけの「からあげのエツハシ」でからあげを貪り食っていた しかし、ここ最近正体不明の動物?らしきものが世界中の至る所に現れ、それと行動を共にした人間が突然変異し、凶暴化し、暴れまわるといった事件が多発していた。 まるで他の国で起きてる事のようにそのニュースを観ていた空だったが、その事件はついには空の住む街や通う学校でまで起きてしまう。 友達や家族までもが犠牲になる中、空は何も出来ずにいた。 そんな時、空の下に、太陽と月が織り混ざった刺青の様な大きな模様を胸に持ち、カラスか或は悪魔のような禍々しい翼が生えた喋る猫??が現れる。 愛らしい姿と声とは裏腹に、生意気でツンツンとした口調でその猫はこう言う。 「おい人間!!こいつらを助けたいんだろ?だったらオイラにお前の血をよこせ!!そしてオイラに名前をつけろ!!」 「は?」 空の戦いはここから始まっていく… 様々な人間ドラマや、『火』や『水』や『雷』といった見た事のあるような異能力から『××』や『××』←(ネタバレ含むためほにゃらら扱い)といった見た事の無いような様々な異能力を屈指して繰り広げられる痛快なアクションを中心とした 〝異能力バトル〟× 〝学園青春ストーリー〟 × 〝ラブコメ〟のミクスチャー小説を是非ご堪能下さい\(//∇//)\

  • ひろ君へ恋焦がれる女性たちの恋物語です!

    ♡3,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話 北見遥

    2020年6月2日更新

    出会いは短く、想いは深く。。。ミステリアスで、ちょっと孤独で、でも愛くるしい、ひろ君。数々の女性がそれぞれの場面でひろ君と出会い、想いを寄せます。短編集を読み進めることで、『ひろ君』って、どういう人なのか、輪郭が見えてきます。振り回されて、でも離れられない、それぞれの女性のせつない想いを通じて、皆さんで『ひろ君』と『恋愛』について、いろいろと想い描いてみませんか? 男女問わず、作品全体、または各章(短編)について感想などいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします! ※『優菜は高3の塾生徒』は、「第5話 咲良姉との再会、そしてハグ...」が追加されました!(2020年6月2日更新)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 徳川最期の姫は、新たな世を創り上げる

    ♡8,044

    〇0

    歴史/時代・連載中・138話 浅葱るな

    2020年6月3日更新

    幕末を一度生きた女が居た。土方歳三に助けられ、新選組として生きた彼女は、土方歳三の懐刀。不思議な髪色をした彼女は、彼らの光であり、希望。仲間が死にいく姿を目の当たりにしながら、彼女自身は、死ぬ事すら許されなかった。平成まで生きた彼女は、再び幕末へとタイムスリップを果たした。再び仲間に出会うも、彼らは、彼女を覚えていなかった。 だが、彼女は、誓う。歴史をぶち壊し、彼らと共に、明治を生きると。 タイトルの★は、性的シーンや残虐シーンに使用させて戴いてます。 他サイト投稿作品「浅葱色を求めて…」を少し変えた作品です。 史実どおりではございません。若干ファンタジー入ります。逆ハー傾向かもしれないので嫌いな方はご注意下さいませ

  • 時代劇やりたかったからVRMMOにした

    ♡200

    〇未参加

    歴史/時代・連載中・2話 雨紫彩杜

    2020年6月3日更新

    中世の日本を思わせる世界で、人々はゆっくりと流れる時間のなかに憩いを求め、ここにやってきた。似代劇(にだいげき)というVRMMOが流行る近未来。そこであるものは侍となり、あるものはそば屋を経営し、あるものは農業に従事するなど現実では不可能な仕事に就くことを愉しんでいた。だがその世界はいま、危機にさらされていた。公儀(運営)はこの事実を隠蔽し、噂ばかりが人々の間に流れていた。そんなとき、とある少年剣士のもとに公儀より依頼が届く。 本作で使用している技のいくつかは実際に再現できる。それらの技は松聲館の甲野善紀氏と陽紀氏が発見されたものをお借りした。※印があるものがそれに当たる。それ以外にも黒田鉄山師範の著書からの引用も含まれている。 「暁」にも同時掲載中。