現代/青春ドラマ 長編 連載中

四季織のいろは

作者からの一言コメント

四季折々に揺蕩いて

四季織のいろはの表紙

その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 四季織のいろは
作者名 兎禾
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 折り紙 短歌 巫女 弓道 四季 由来 作法 所作 青春 成長 ノウハウ 雑学
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月1日 5時06分
最終投稿日 2021年1月28日 6時51分
完結日 -
文字数 335,256文字
ブックマーク登録 90件
コメント 503件
スタンプ 504件
ビビッと 176件
応援ポイント 822,014pt
ノベラポイント 20,507pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 誰よりも呪われ、愛された少女の物語

    ♡47,250

    〇2,105

    異世界ファンタジー・連載中・9話・26,948字 Thera

    2021年1月27日更新

    舞台は湖畔の学院都市、チチェリット。 異教徒狩りを行う宗教都市イスカリオンに唯一対抗しうる勢力であり、『怪しげな魔術』と貶められてきた技を『星沁術式』という科学に発展させた、知力を武器とする街である。 その街に、ひとりの少女が流れ着いた。金髪金眼、乞食のような身なり、その名は『イリス』。 社会的弱者にしかなり得ないはずの少女、その正体が明かされる時──イウロ帝国の歴史に、新たな一歩が記される。 宗教と科学。去り逝く者と奪う者。『呪い』と共に、残される者。 世界を覆いつくす不条理に翻弄されながら、少女は託されたモノの意味を求めて歩き出す。 完結作品ですが、リメイクして再投稿中です。

  • 怪異と戦う一人の少年の物語

    ♡55,900

    〇29,100

    ホラー・連載中・16話・65,718字 ネコカレー

    2021年1月24日更新

    ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り正体を突き止め戦う。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る