現代/その他ファンタジー 長編 完結済

暗殺術の使い方

作者からの一言コメント

暗殺とは罪である

黒月木影はある日両親を殺される。 両親を殺された黒月は両親を殺したものを殺すため、暗殺者になる。 黒月木影は島市学園に通う高校生。 さあ、 暗殺ライフを始めよう

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 暗殺術の使い方
作者名 総督琉
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ダーク アクション/バトル 暗殺 学園 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年3月2日 11時00分
最終投稿日 2020年4月14日 19時29分
完結日 2020年4月14日 19時29分
文字数 32,044文字
ブックマーク登録 9件
コメント 15件
スタンプ 63件
ビビッと 0件
応援ポイント 30,900pt
ノベラポイント 1pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私は必ず、お前を幸せにしてみせる。

    ♡265,400

    〇620

    異世界ファンタジー・連載中・76話・278,577字 桜乱捕り

    2021年1月16日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

  • ちょっと特殊な奴らの恋慕事情

    ♡2,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・1話・4,206字 三ツ葉 きあ

    2021年1月16日更新

    ※GL要素がありますが、それがメインではありません。登場人物は殆ど男です。 ================= 後輩と付き合い始めて五日目。 そんな彼女は今、おれの目の前で机に突っ伏し、重く憂鬱な溜め息を吐いている――。 初デートは最悪で……、迫る二度目のデート。 そもそもの原因は、彼氏の趣味に合わない彼女の体質。 見守る外野ばかりが賑わう中、同僚以上恋人未満なふたりは、いざ、二度目のデートへ! 恋愛をしない、ラブコメ系群像劇! ……かもしれない! ※一話毎に視点が変わります。 ※『小説家になろう』にて2018年 10月03日 に完結した作品になります。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • パワーストーンにまつわるお話

    ♡1,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・884字 咲良

    2021年1月17日更新

    それは、パワーストーンを買った時から始まった。 石の1つ1つに物語がある。

  • 父はただ家族のために世界を惑わす

    ♡35,300

    〇282

    現代/その他ファンタジー・連載中・71話・195,664字 望月 幸

    2021年1月17日更新

    幼いころ父親を亡くした神木叶銘(かみきかなめ)。 辛い過去を抱えた彼も、今では十九歳の大学二回生になっていた。 今年もごくごく平凡な生活を迎えるはずだった彼の生活は、ある出来事により一変する。 それは魔王による地球侵略の声明。そしてその魔王こそ、叶銘の亡くなった父親、神木鏡治(かみききょうじ)であった。 半信半疑の叶銘だったが、コンパの帰りにこの世のものとは思えない生き物に遭遇して襲われる。 絶体絶命の叶銘は、偶然手にした一振りの銅剣の力で魔物を撃退する。 徐々に侵食される現実世界で、叶銘は一振りの銅剣を頼りに魔王との戦いに身を投じる。 タイムリミットは一年。叶銘は導かれるように勇者への道を踏み出した。 ※こちらの小説は「小説家になろう」「マグネットマクロリンク」でも掲載しています。 ※投稿する際に改稿しており、「ノベルアップ+」投稿分が最新の状態となっています。