連載中 長編

【京都物語】思い出の楽園

作者からの一言コメント

実話をもとにした小説

畳職人になる為に京都に修行に来た18歳の青年。何もわからない、何もできない、そんな男が畳を通して、職人を通して学んだ事とは?筆者自身の実体験をもとに修行の日々を綴る。 この物語は実話を基にしていますが、全てフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。ご理解のほど宜しく御願い致します。また、この作品は「カクヨム」「note」「ノベルアップ+」「小説家になろう」でも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【京都物語】思い出の楽園
作者名 十三
ジャンル 文芸/純文学
タグ 日常 スローライフ 和風 現代日本 男主人公 コメディ ほのぼの ギャグ 京都 私小説 恋愛 実話
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年8月28日 21時39分
最終投稿日 2020年4月11日 20時50分
文字数 86,363文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 16件
応援ポイント 19,050pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • これはただの悪夢ではない。予知夢だ。

    ♡376,400

    〇2,984

    ミステリー・連載中・51話 Guru

    2020年7月14日更新

    主人公の大学生、“知念 誠人”は、ある日を境に頻繁に悪夢を見ることになる。 しかし、その悪夢はただの悪夢ではない。 夢の中身が正夢となる──“予知夢”だったのだ。 散々悪夢に悩まされ続けた誠人は、その苦悩を友人に打ち明けるが、そこで信じられないことが起きる。 集まった友人の全員が、誠人と同じように悪夢──予知夢を見ていた。 この面子から考えられるのものは、もう“あれ”しかない。 昔みんなで見た、大きな流れ星…… その時に起こった不思議な現象……きっかけは、この“流れ星”に違いないはず。 あの星が墜ちた夜から──物語はすでに始まっていたんだ。 基本シリアス、時々ギャグ。 ヒューマンドラマに、青春あり。 あわゆる要素を兼ね備えた──SFミステリー(サスペンス)作品、ここに開幕。 悪夢を未然に防ぐために、誠人達が立ち上がる。 ※こちらの作品は、小説家になろう、ステキブンゲイにも掲載しております。 タイトルロゴは、紅蓮のたまり醤油様に作って頂きました。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡221,750

    〇1,785

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る