葛城くんは遠くて近い

読了目安時間:3分

エピソード:1 / 6

そのいち

 葛城くんはあえて言うなら、三番目に名前の挙がる感じのモテ系男子だった。  学年トップのスポーツ万能というわけでもなく、学年一の成績優秀者というわけでもない。  けれど必ず三番目ぐらいに名前があって、クラス委員のようなまとめ役には絶対にならないのに、その横で当たり前にサポートしている人。  身長はそれなりに高くて、顔立ちも綺麗めで目を引くのに、人の良さが出ているせいかステレオの「格好良いタイプ」とは少し違う。  面倒見の良い印象が強くても、引き際が上手なせいかお人好しにはならない。  存在感はあって頼りになるのに、必要以上に目立たないし、いつも一番じゃない。  そんな不思議な人だった。  高校に通った三年間は、何の因果か私と葛城くんは同じクラスだった。  とはいえ、人見知りでおとなしいグループに所属していた私は、座敷童系女子なので関わりが薄い。  クラスの中心で活発に動くグループの葛城くんに関わることもなく、挨拶と連絡事項以外で名前を呼ばれたこともない。  教室の隅っこでキラキラのお星さまみたいな眩しいメンズを観察しながら、今日も格好良いねぇって語り合いながら、ちんまりと存在していた。    だから、クラスメイトとして三年間を過ごしたけれど、葛城くんと特別に仲が良いエピソードはない。  かといって、仲も悪くもない。  教室という空間を共有しただけで、友達って言えるほどのラインにも到達しない、その程度の関わりだ。  高校生の男子と女子なんて、普通の友達を飛び越える覚悟がないと深く付き合わないから、そんなモノだと思う。  葛城くんは青春の一ページの片隅に存在していながら、記憶から薄れて消えるだけの他人のはずだった。  つまり高校を卒業してから何年も経つと、再会する可能性すら排除していた相手なのだ。  だから、休日の午後。  訪問を知らせるピンポンで扉を開けて、心臓が止まるかと思った。 「隣に越してきた葛城です。よろしくお願いします」  郷里のお気に入りだと差し出された饅頭に、コレ私の実家で販売してるやつです、と思いながらも「ありがとうございます、藤村です」と答えた。  はじめましての顔でニッコリと笑っておいたけれど、葛城くんは余所行きの顔を変えなかったから、元同級生だとは気付かれてないと思う。  印象が薄い人間で良かった。  当たり障りのない挨拶をして、つつがなく他人のままでお別れする。  はずが、扉を閉める寸前に、葛城くんの声が追ってきた。 「藤村さん、チェーンをかけず扉を開けるのは危ないよ。気をつけて」  あ、はい。とか冴えない返事をして、扉を閉めた私はその場にうずくまる。  心配されてしまった。相変わらず気のまわる良い人だ。  社会人にもなっても、うかつなままの自分が恥ずかしい。  というか、高校時代の葛城くんを一気に思い出して、動けなくなる。  面倒見が良くて、押しつけがましくないところも変わってない。  記憶の扉が開くとか、本当にあるんだな。  高校時代に良い人だな、と思っていた彼の振る舞いが、大人になっても変わってないのが嬉しかった。  いや、むしろ美点が進化している気がする。   たぶん、元同級生だとは気づかれてないけど、相変わらず葛城くんはモテそうだ。  相変わらず目の保養になる人だった。  久しぶりに手にした実家のお饅頭の箱を抱えながら、私の心臓の鼓動は忙しく跳ねていた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ミノタウロス

    杜右腕【と・うわん】

    ビビッと ♡100pt 2021年8月20日 1時22分

    《教室の隅っこでキラキラのお星さまみたいな眩しいメンズを観察しながら、今日も格好良いねぇって語り合いながら、ちんまりと存在していた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    杜右腕【と・うわん】

    2021年8月20日 1時22分

    ミノタウロス
  • アマビエペンギンさん

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時17分

    ありがとうです♬ 集団に紛れてしまうけれど、教室の良心みたいに穏やかな、ほのぼのグループの一員でした( *´艸`)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時17分

    アマビエペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    シンカー・ワン

    ビビッと ♡100pt 2021年8月19日 22時57分

    《郷里のお気に入りだと差し出された饅頭に、コレ私の実家で販売してるやつです、と思いながらも「ありがとうございます、藤村です」と答えた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    シンカー・ワン

    2021年8月19日 22時57分

    アマビエペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時14分

    ありがとうです♬ 実家が老舗の和菓子屋さんで、看板商品のお饅頭でした。関わってなかったので気が付かなかったけれど、食べ物の好みやチョイスの嗜好が似通っている二人、という設定なのです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時14分

    アマビエペンギンさん
  • 賢者

    北浦 寒山

    ♡100pt 2021年8月19日 18時15分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    北浦 寒山

    2021年8月19日 18時15分

    賢者
  • アマビエペンギンさん

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時10分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    励みになります!

    真朱マロ

    2021年8月20日 22時10分

    アマビエペンギンさん
  • メタルひよこ

    伝書梟

    2021年9月17日 18時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    伝書梟

    2021年9月17日 18時09分

    メタルひよこ
  • アマビエペンギンさん

    真朱マロ

    2021年9月18日 16時42分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    真朱マロ

    2021年9月18日 16時42分

    アマビエペンギンさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 千駄ヶ谷の中心で愛を叫ぶ

    ガール・ミーツ・ガール???

    261,750

    171


    2022年10月6日更新

    BL漫画家・樫山詢子 (27)は悩んでいた。 というのも突然、結婚三年目の夫が家を出て行ってしまったからであるし、その夫の相手が男だったからである。 女としてというかBL漫画家としてなにかとっても大事な勝負に大負けした気分の詢子 ……そんな彼女の前に現れたのは、雨に濡れた美しい花嫁であった。 神の御業か?悪魔の所業か? はたまた作者の気まぐれか? BL要素?百合要素? 盛り込まなないままやってみます。 目指すは大人のガール・ミーツ・??? 愛が分からぬ作者が描く、恋愛ラブコメ珍道中 (?) まずは一場のはじまり、はじまり!!! *「小説家になろう」様との重複投稿作品です。

    読了目安時間:19時間53分

    この作品を読む

  • 真夜中のデスペラード

    君たち……おっぱいは、好きかい?

    937,316

    36,006


    2022年10月6日更新

    「おっぱいが……出るようになっちゃった……」 幼馴染の口から零れた言葉は、にわかには 信じがたいものだった。 小学校から、順調にカップを増やしに 増やして中学生となった今。 女性下着メーカーすらも匙を投げるK点 越えの偉業を成した上に――更には 有り得ない事に、おっぱいまで 出るようになったと言う。 これまでどおり、学校に通うためには制服をも 濡らす、おっぱいを……どうにか しなくてはならない。 けれども母乳パッドなんて方法は以ての外。 規格外の乳圧に悲鳴を上げ続けるブラに これ以上の無理はさせられない。 考えあぐねた末の結論が、母乳搾乳器なんて 電化製品のお世話になると言うもの。 行き着いた解答は、ショボかったけれども なんとか取り戻す学校生活。 しかし、次第に冷凍庫を圧迫し 始めていた、そのおっぱいは…… 著しく社会性を欠くアナーキストな主人公の ――斜め上過ぎる活用法のもと 波乱の序章を幕開かせる。 これは、第二次性徴期を迎えたばかりの 少年少女たちによる ほんの少しだけ、艶めかしい ちょっとおかしな ノワール・厨二ボイルド。 この主人公、わりと凶暴です。 ――――――――――――――――――――――― ※1話辺りの文字数は、およそ2000字前後。 ※書くだけ白々しくは御座いますが、本作に 犯罪を慫慂する意図は有りません。 ※小説家になろうの方でも以下のタイトルで投稿しています。 【処女搾乳】 https://ncode.syosetu.com/n0488gz/ 入力フォームがたまにバグって、 元使っていたタイトルに変わるんです(泣)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12時間24分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 汗と筋肉 眼鏡にそばかす

    コンビニの駐車場で出会う筋肉と眼鏡

    51,800

    189


    2022年8月31日更新

    羽柴冷凍運輸に勤めコンビニにアイスや冷食を納品する青年畠山泰明。ある日彼がコンビニで休憩し汗まみれの肌着を着替えていると自分を、見つめている視線に気付く。彼を見つめるのは近くの美大に通う女子大生、真田明梨。毎日汗水たらし労働する細マッチョの泰明と眼鏡にそばかす顔の明梨、二人は出会いやがてお互いかけがえの無い存在へとなっていく……のか? pickupコン参加作です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

  • JK巫女の遥ちゃん

    JKの巫女さんを主人公にしてしまった

    632,284

    2,203


    2022年10月2日更新

    ここは埼玉県所沢市のとある町。 この町では現役JKでありながら巫女さんを務めている遥ちゃんという美人で(見た目は)清楚で可愛い女の子がいた。 この物語はそんな遥ちゃんののんびりした日常だったりヒリつく日常の話である。 暴力描写はかなり多めで、思いつきで書いているので話がドンドンおかしくなってますw

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間31分

    この作品を読む