連載中 長編

海神の揺籃

作者からの一言コメント

大艦巨砲VS航空主兵VS超巨大機械生命体

Q:ぶっちゃけどんな小説? A:地球の記憶を夢を通して垣間見た主人公が、海洋型惑星で金属生命体相手に鋼鉄の咆哮ちっくに無双したり、自由すぎる精霊に振り回されたり、造船技師(技術チート)なヒロインとイチャコラしながらチート艦造るために四苦八苦したり、航空主兵主義者(龍)相手に大艦巨砲主義で立ち向かう浪漫の煮凝り小説 こんな人におすすめ 鋼鉄の咆哮の新作はよ(ガンギマリ)な。待て、しかして希望する皆様 不沈戦艦こそ皇国の防人にふさわしいとお考えの大艦巨砲主義者様 龍砦母艦、龍砦巡洋艦などという謎ワードに心躍る航空主兵主義者(異端)様 以下、まじめなあらすじ 地表の九割を海洋が占める、或る海洋型惑星。その水深数百kmを超える大洋は、全身を生体金属で覆いつくした海神と呼ばれる巨大な海洋機械生命体に支配されていた。全長は優に100mを超え、表皮と主要臓器は強固な生体金属に覆われ、背部には老廃物を利用した金属弾頭の射出器官――艦載砲を持つ異形の生命体であるそれらは、骨肉の争いを繰り広げつつも繁栄を謳歌している。 対して、元来この惑星の知的種族として島嶼部に文明を築きあげていた人型生命体は、約千年前のある”災厄”に より陸地を追われ、巨大な海神の躯を再利用した無数の方舟へと逃れることで文明の火をかろうじて守り続けていた。 そんな滅亡手前の方舟の防人たちは、海神の躯から獲得した資源をもとに建造された戦闘艦に宿る、勇猛果敢、自由気ままな船精霊とともに大海を征く。 或る時は海神を滅ぼし またある時は敵対した同族を蹴散らし そしてまたある時は、絶望の先の希望を目指し舵を切る これは、そんな海の魔王達の御伽噺だ

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 海神の揺籃
作者名 第三中隊情報幕僚
ジャンル SF
タグ 戦記 男主人公 ミリタリー チート 戦艦 単独ヒロイン 鋼鉄の咆哮 海洋型惑星 浪漫 大艦巨砲主義 航空主兵主義 技術チート 空想科学
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月10日 16時36分
最終投稿日 2020年7月4日 10時32分
文字数 151,534文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 3件
応援ポイント 1,400pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私達はこころがあればどこまでも強くなれる

    ♡26,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・59話 水野ぴえろ

    2020年7月9日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・紙の本のように地の文が読みたい人 ・金色のガッシュのように純粋でまっすぐな人に憧れている人 ・日常に疎外感を感じている人 ・わんこのラッキーすけべを見たい人 ・魅力的なキャラに会いたい人 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金・土曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

  • 1996年生まれの青春

    ♡10,800

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話 野神 真琴

    2020年7月8日更新

    僕が何処で生まれて、どれだけ粗末な幼少時代を過ごし、僕の生まれる前に両親が何をやっていたとか、いわゆるデイヴィッド・カパーフィールド風のつまらない話を聞きたくはないかも知れないが、実を言うと僕は、その手の話がしたいのだ。 ※この作品はフィクションです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 他人の不理解に憤りを覚えてはいないか?

    ♡27,500

    〇未参加

    SF・連載中・11話 セツナ

    2020年7月9日更新

    古堂光(こどうみつる)は中学3年間、ずっと喧嘩に明け暮れてきた筋金入りの不良だが、高校入学を機に更生することを決意する。 しかし、夏休み前になってもまだ不良気質は抜けきらず、クラスメイトからは畏怖され続けていた。焦りを募らせる古堂はある日、街でチンピラに絡まれていたクラスメイトの藤宮夏未と真島新八を助ける。それがきっかけで古堂は藤宮たちが結成したSUSなる組織の存在を知り、成り行きでメンバーに加わることになってしまう。 リーダーの藤宮、真島、仙武、そして古堂を迎えた新生SUSは未確認飛行物体が墜ちたという牛祀山の調査を開始する。そこで出会ったのは宇宙からやってきたと語るユゥという名の少女。ユゥの目的は地球に潜む危険因子“パラサイト・ベム”と呼ばれる怪獣らの殲滅であるという。 最初は子どもの戯言だと本気にしていなかった古堂たちだが、自分たちの目の前に巨大な芋虫の怪物が現れたことでようやく現状を把握する。いきなり非日常に突き落とされて戸惑う古堂たち。さらに、彼らの目の前に悪の宇宙人と結託した古堂の旧友・瀬鳥辰也が姿を現したことで事態は混迷を極めていく。 ※エブリスタ様にも掲載中。

  • 2020年7月9日更新

    CREATE IN THE NAME OF HUMAN ─ 我、人の名にてこれを創造す ─ FOR OUR CHILDREN ─ 我らが子らの為に ─ 遥か昔、白き神(デウス)と黒き神(ファデス)の戦いがあった。 神々の戦いから幾千の月日が流れ、白き神が変じた大樹(セフィロト)から得られるエネルギーと、神世の遺跡から得られる技術を糧に「エト族」は暮らしている。 戦いを制した白き神の血を引く彼らには眷能(ギフト)と呼ばれる能力が備わり、その力で黒き神の落とし子である怪物「ファンタズマ」を退けながらエト族は大きな繁栄を築いていた。 そんな世界に生まれながら眷能を持たず、無能(ウーディ)と呼ばれるエト族の少年がいた。 その少年、クロニカは遺跡から遺物を発掘して売り払う遺跡荒らし(スカベンジャー)として生計を立てていた。ある日、侵入した遺跡で人語を話す白い兜型の遺物「クロノス」を発見する。 久々の大当たりだと歓喜するクロニカだが、その時の彼は知る由もなかった…… 眷能が宿らず、無能や能無しと蔑まれてきた少年が、この世界を変える最強の力を手にしてしまった事に。 そして、それを手にしたことで……かつての自分に別れを告げる羽目になってしまう事に。 これは、無能の少年のクロニカが永き眠りから目覚めた遺物クロノスと共に世界を旅し、世界を救い、そして世界を変えていく物語────…… 無能(ウーディ)から英雄(アーサー)へ。 少年から少女へ。 神の子から人の子へ。 遠き夢を継ぎ、誓いを果たせ。 ※好きなものを好きなだけ詰め込んだお話です。妥協や躊躇は一切しません、好きなものを濃縮します。 ※アクション多め、浪漫多め、OPPAI多めの笑いアリ絶望アリの王道SF冒険活劇を目指して行きます。 ※大体、1話2000文字~3000文字。コーラと一緒にシュワッと読めるノリをキープしたいです。