ミステリー 長編 完結済

勝者の陽炎

作者からの一言コメント

人間らしさとは何か。感情とは何か。

「敗者の街」、「夕暮れの陽」にも関係があるお話です。 ある名家の当主が語る、自身の半生について。 全てを語り終えた時、彼は知るだろう。 人間らしさとは何か、感情とは何か、自分が果たして、何者なのか…… ※この作品は、後半部分に「敗者の街」と「夕暮れの陽」のネタバレを含む可能性があります。お気をつけください。 敗者の街 https://novelup.plus/story/443041701 夕暮れの陽 https://novelup.plus/story/922496068

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 勝者の陽炎
作者名 淡月悠生
ジャンル ミステリー
タグ シリアス ダーク 西洋風 哲学 人外 敗者の街シリーズ 黄昏の日シリーズ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年9月19日 23時19分
最終投稿日 2020年4月8日 19時03分
文字数 23,845文字
ブックマーク登録 9件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,000pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 能力者も人外も踊れ

    ♡4,900

    〇25

    異世界ファンタジー・連載中・32話・161,060字 シエル・カプリス

    2020年11月23日更新

    ■注意書き■ 当作品に出てくる登場人物・組織・国家はフィクションであり、実在する人物・組織・国家とは関わりを持ちません。 一部グロ・エロ表現含むことがございます。 ■お知らせ■ 10/12 タイトルと章の表示の仕方を変更いたしました。 ■あらすじ■ 奇形種と呼ばれる生物の脅威に晒された世界。 そこで十年前に人類の敵として討伐された奇形腫は二人の子供を育てていた。 一切の抵抗をせず子供を逃がそうとしたが惨殺され、彼も命を散らした。 死んだ子供達に、 「お前達を愛している」 といい残して。 雨のプラットホーム、主人公のソルトは空を見上げる。 覆われた空の向こうに思いを馳せるように。 駅のホームで出会った巨漢の男は奇形腫討伐組織【紅の空】の第七部隊隊長イクシ・ブロードとの再開で彼の運命は大きく動き出す事になる。 これは強引に第七部隊副隊長に任命されたソルトの活躍を描く物語――ではなく、惨殺された二人の少年が行き着く一つの【空】のお話……に繋がる一つの軌跡。 【奇形種は人類の敵であり、能力者は奇形種に対抗する希望となるだろう。 だが人々はいずれその希望の灯すら、敵と罵り貶める時が来るだろう。 ならば人と奇形種と堺はどこにあるのか…… ――アルベド・ハルベル】 今ここに第一の空の物語が動き始める。 死に逝く空の向こうで奏でられる第一の物語。

  • 聖女と猫に転生してしまった俺との物語。

    ♡2,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・12,791字 太陽

    2020年11月26日更新

    #俺は目付きが鋭く人相が悪い、初対面では大概相手を怖がられてしまう。 だから、この外見は好きになれなかった。 そんな、コンプレックスをかかえながらも、何とか普通の高校生活を送っていた。 ある日、不良に廃墟へと無理矢理連れ込まれた女性を助けようとしたんだけど。 逆に俺が死んでしまった。 『次、もし転生とかするなら、怖がられない感じに慣れたら……』 『わかりました。とびっきりに可愛い感じにしてあげます!』 意識がぼける中で漠然と考えていたことに対して、どこか楽しげな声が返ってきて……。 次に目を開けるとモフモフな白銀の毛に覆われた手が? そして、俺の前に現れたのは聖女様だった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る