文芸/純文学 長編 完結済

ある伯爵と猫の話

作者からの一言コメント

伯爵と猫、あるいは魔女と悪魔の物語

伯爵に飼われている一匹の白猫は、ある日主人を殺そうと画策する男たちの声を聞く。その話を伯爵にしようにも、彼には言葉が通じない。襲われる彼を助けようにも、小さな猫の身体じゃ助けられない。拾われ慈しまれた恩を返すため、人間となり伯爵を守りたい猫は人間になる方法を探す。そして一匹の黒猫と、西の森に住む魔女と出会った。 人になりたい白猫と、愛を知らない伯爵、願う悪魔と虚ろの魔女の、魔法と呪いのファンタジー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ある伯爵と猫の話
作者名 秋澤えで
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス ほのぼの 人外 西洋風 伯爵 悪魔 魔女 復讐 魔法 呪い
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年8月15日 7時00分
最終投稿日 2019年8月25日 7時00分
文字数 68,716文字
ブックマーク登録 4件
コメント 3件
スタンプ 19件
ビビッと 0件
応援ポイント 13,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡217,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・82話・392,954字 普門院 ひかる

    2020年11月29日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 2020年11月28日更新

    いつか蘇る魔王に打倒するため、剣と魔法のスペシャリストを養成する『剣魔学院』。 主人公フリード・マイヴェッター(24)は、10度目の入学試験でようやく合格を果たし、これからの未来に希望を抱いていた。 しかし、剣にも魔法にも才能がないフリードは、入学早々劣等生の烙印を押されてしまい、お情けで入らせてもらっていたパーティを追放されることになってしまう。 周囲には優秀な少年少女ばかり、24歳のフリードは『10浪入学のおっさん劣等生』として、馬鹿にされ、誰からも相手にされなくなっていた。 そんな折、学院の式典に、世界宗教である『ノヴィオレント教』の聖女が賓席するという噂が流れ、学院中が騒然となる。 『ノヴィオレント教』の聖女は、人間の隠された才覚と潜在能力をスキルという形で見抜く力を持つとされていた。 ひょんなことから聖女の鑑定を受けることになったフリードは、ユニークスキル『ハードパンチャー』を見出され……? フリードの黄金の右が、いま覚醒する……!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る