連載中 長編

巫山さんは、暇だから遊んでみた。

作者からの一言コメント

私は玄米好きです。

巫山実琴の戯言で、あだ名が玄米になった伏見玄三郎。 GTOのような教員になる夢は儚く散った。 しかし、その根元である巫山実琴はクラスで浮いた存在だった。 伏見玄三郎もぽっちの経験があり、恨みつらみを水に流し、実琴を助けようとするが…。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 巫山さんは、暇だから遊んでみた。
作者名 片桐ぎりす
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ ほのぼの 現代日本 日常 JK 教師 令嬢 学校 一話
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月3日 17時56分
最終投稿日 2020年4月5日 7時00分
文字数 7,263文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡219,700

    〇1,785

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • ジャンル別日間1位、総合3位の実績あり!

    ♡265,811

    〇2,081

    現代/その他ファンタジー・連載中・158話 半袖高太郎

    2020年7月14日更新

    【1話2000~3000文字の読みやすいボリューム! しかし綴られるは濃密なアクションストーリー! どうぞ御照覧あれ!】 異世界よりこの地球へ侵攻する「ヴィラン」 その数多の軍勢に対抗するため、たくさんのヒーローが日々世界を守る為に戦っている! ……だが、しかし。 「クソ長い変身口上」 「クッソ長い変身時間」 「クッッソ長い必殺技演出」 「クッッッソ長い敵に向けての説教」 心を打つ言葉でも、悪党は説教なんざ無視するし、ヒーローの変身シーンという隙だらけのチャンスを見逃さない! にもかかわらず、ヒーローが何故勝利しているかというと…… 無防備な彼らを陰から支える組織「護利隊(まもりたい)」の活躍があるからなのだ! ——その組織の仕事は、 『ヒーローが変身する間を守ること』 組織のエース、隠雅飛彩(かくれがひいろ)は今日も命懸けでヒーローの変身する時間を稼ぐ! 『超熱血』なアクションストーリー! 開幕!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • おバカな高校生たちの日常です

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話 高海曜

    2020年7月15日更新

    不良生徒の葉山、久遠寺、斎藤、田中。 意地悪教師の車をセメントで固めた四人は学園祭への参加を禁止される。 せめて、みんなを驚かせたいと思った四人は、後夜祭の時間を見計らい、学園の屋上から打ち上げ花火を打ち上げた。 だが、失敗し、打ち上げ花火は大砲のように生徒や校舎に直撃。 火事になり、校舎は炎上。 四人は、退学になるところ、温情をかけられ、とあるお寺へ修行に出される。 そこは、監獄寺。 冗談みたいな名前のそのお寺では、厳しい修行でどんな不良も更正するという。 当然、四人は脱走しようとするが、ある日、住職の一人娘に一目ぼれ。 四人はお寺に留まり、その美少女と恋仲になろうとする。 おバカ高校生達の青春が、今、始まる。

  • ショタ×JKの短編です

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話 高海曜

    2020年7月15日更新

    両親が、海外出張に行くことになった。 まだ小学生の早瀬圭太は、親戚の家に預けられることになる。 そこには、女子高生の早瀬まゆみという少女がいて、なにかと圭太の世話を焼いてくるのだが――。 ショタ×JKのほのぼの短編です。