現代/その他ファンタジー 長編 完結済

剣と恋と乙女の螺旋模様 ~持たざる者の成り上がり~

作者からの一言コメント

零加護、スキル無なゼン君の波乱万丈な冒険

読了目安時間:39時間55分

総エピソード数:191話

剣と恋と乙女の螺旋模様 ~持たざる者の成り上がり~の表紙

笑いあり涙あり感動ありロマンあり笑いありの、一大アクションファンタジー巨編ここで、第一部閉幕、完結となりました!お読み下さった皆様方、ありがとうございました! ★ノベプラでは、何度かジャンル別日刊上位に! 1章と2章の差に戸惑う方も多いみたいですが、生暖かい眼差しで見守ってやってください。最後の章はもっと凄いのでww 第1章 ポーター編 ネタバレ的あらすじ 多くの謎を抱えたスラムの少年ゼンは、そんな事はお構い無しに名付け親であるゴウセル商会長に気に入らると、冒険者になる事を勧められ、新米冒険者パーティー『西風旅団』にポーターとして参加する。そこでもゼンは特異な才能を発揮して旅団の4人(リュウ、ラルク、アリシア、サリサ)に仲間として認められ、冒険者見習いとなる。ゼンを養子にと望むゴウセル、その婚約者のギルマス・レフライアに、4人の仲間達との、今まで得られなかった幸福で暖かな日々。それはいつまでも続くかに……。 ●感想、意見、ご希望、なんでも歓迎中です。誤字報告は特に。 連載は、なろう、カクヨム、アルファポリス、ノベプラにて。 第2章 流水の弟子編 ネタバレ的あらすじ あれから2年半が過ぎ、厳しい修行の旅を終えて、強くなって帰って来たゼンを待つのは、義父と慕うゴウセルの商会の乗っ取り借金騒動に、西風旅団の迷宮での失敗により、解散寸前までに追い込まれた二人の実力の伸び悩み?それに対して、成長した『流水の弟子』は、その身に秘められし7人の従魔と共に、事態の収拾へと乗り出すのだった…。 第3章 従魔術編 老魔導士『東の隠者』パラケスは長年の研究の末に解明した、『従魔再生契約技術』略して従魔術を、パラケス翁の助手も勤め、自ら従魔を保持するゼンが、冒険者ギルドの研究棟に急遽新設された『従魔再生契約技術研究部』、略して従魔研にて専属講師として、その技術の細かな伝授を始める。 その為にゼンは1カ月、本来の冒険者活動が出来ないのだが致し方ない。 従魔研での新たな出会い。センはいつになったら平穏無事な冒険者生活を取り戻せるのか?!恋愛戦線にも意外な横やりが?!こうご期待! ※表紙イラストに、第2回ノベルアップ+イラストコンテストの、花紙現代様のイラストを使用させていただきました。ありがとうございます。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 剣と恋と乙女の螺旋模様 ~持たざる者の成り上がり~
作者名 千里塚志朗
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ シリアス ほのぼの アクション/バトル 男主人公 エルフ 戦記 ハーレム 日常 ダンジョン 西洋風 ギャグ ダーク R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年9月18日 6時00分
最終投稿日 2021年9月27日 12時45分
完結日 2020年12月4日 23時33分
文字数 1,197,463文字
読了目安時間 39時間55分
総エピソード数 191話
ブックマーク登録 37件
コメント 178件
スタンプ 799件
ビビッと 84件
応援ポイント 337,366pt
ノベラポイント 21,001pt
応援レビュー 3件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 凍京怪夷事変

    「英雄の息子なんて、碌なもんじゃな」

    52,200

    0


    2021年11月27日更新

    旧時代の異形の謎を巡る、大正浪漫活劇ここに開幕― かつて、日ノ本を含めた世界を未曾有の混乱に陥れた「大災厄」と呼ばれたある実験の失敗。 それにより生み出された『怪夷《かいい》』と呼ばれた異形により、蒸気革命に湧いていた世界は一夜にして混沌に包まれ、人類は怪夷の脅威に襲われた。 怪夷に蹂躙され、滅びるかに見えた人類だったが、そこに希望が現れる。 人類の危機を救ったのは、二人の巫女と彼女達を含めた五人の聖剣使い達。 彼等の活躍と助力により、人類は怪夷による脅威を退け、やがて怪夷は“旧時代の異形”と呼ばれるようになった。 東欧羅巴で行われた最後の大規模討伐戦線を最後に、人類は再び世界の利権を取り戻す。 怪夷討伐の功労者であり、英雄の祖国たる日ノ本は、世界に大頭する先進国となる。 日ノ本で怪夷が討伐がなされてから四十年。 列強諸国が覇権争いの火花を燻らせる1923年。大正36年。9月1日。 日ノ本共和国防衛の東の要、軍都・東京を大地震が襲う。 大地を揺るがし、甚大な被害を齎した大地震により、江戸城跡に封印されていた旧時代の異形が再び地上へ解き放たれてしまう。 怪夷の復活が世界に知られては国の沽券に関わると危惧した時の大統領により、政府内に密かに特務機関が設立される。 『大統領直属特務怪夷討伐小隊』。通称『特夷隊』 その部隊長として指揮を任されたのは、かつて世界を救った怪夷討伐の英雄の息子だった。 九頭竜真澄に率いられ、特夷隊の面々は、今宵も軍都の闇に蠢く怪夷討伐に刃を振るう。 特夷隊が怪夷討伐に明け暮れる日々が始まって五年後。 謎の少年・南天を真澄が拾った事から、彼等は怪夷に関わるある謎へと辿り着く。 これは、軍都・東京の闇に潜む旧時代の異形を巡る、ある軍人達の戦いの記録である。 本編更新日時:毎週土曜日。21時頃。 本編後の後書きにて、次回予告劇場『聖剣あにまる劇場』を掲載。 不定期の火曜日に『凍京怪夷事変』をより楽しめるコーナー『凍京小話』を掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

  • アオハル・イン・チェインズ 桜の朽木に虫の這うこと(二)

    俺の人生を、返せ

    2,800

    0


    2021年11月27日更新

    【桜の朽木に虫の這うこと シリーズ第二作】 父・似嵐鏡月(にがらし きょうげつ)と兄・アクタの壮絶な死から半年。 ウツロは佐伯悠亮(さえき ゆうすけ)と名乗り、高校生活を送っていた。 彼を救った真田龍子(さなだ りょうこ)との関係もよく、充実した毎日を過ごしていた。 しかしその背後で、謎の組織が暗躍する。 星川雅(ほしかわ みやび)を目の敵にする刀子朱利(かたなご しゅり)、南柾樹(みなみ まさき)のライバルである氷潟夕真(ひがた ゆうま)も、その組織と関係があるようだ。 また、似嵐鏡月に父親を殺害された少女・万城目日和(まきめ ひより)も動きだす。 ウツロは彼女に何を思い、どう動くのか。 宿命に翻弄される少年少女たちの、新たな戦いが、いま始まる―― ※本編の前に、第一作のあらすじを掲載しています。 ※「カクヨム」「NOVEL DAYS」「アルファポリス」にも投稿しています。 ※本作はフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る